フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
東北大震災のあの年のテント暮らし - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  東北大震災のあの年のテント暮らし
 

 東北大震災のあった2011年の8月半ばから11月半ばまで、約3ヶ月間東北の太平洋岸、青森、岩手、宮城、福島の4県を車で回った。これはフィリピン・セブから3人でチームを組み、その年311日に起きた地震、津波によって甚大な被害を受けた被災者、とりわけ国際結婚をしている人々を対象に支援活動を行った。

写真-1 

 その時、宿泊用に用意したのがテントで、これは出発直前にホームセンターで購入したが、コールマンという有名なブランド物がどういうわけか安かった。大きさは3m×3mあり、この広さは今時の安いビジネス・ホテルと同じくらいあり、しかも設置は傘を開くように簡単に出来た。

 写真-1は埼玉県を発って一路、東北道を北上、その日に着いた石巻の専修大学構内で、テント生活をしながら支援を続けるボランティアが思い思いにテントを張っていて、右手前に張ってある黄色いテントがこの活動で使ったテントで、8月半ば過ぎはテント暮らしで支援を続けるグループ、個人も多かった。

 手前左に頭を見せる車がこの時使った支援者提供の日産の車で、3人の座席以外の空間は支援物資で満載状態であった。

 各地から支援に駆け付けた人々用に大学側からこの地が提供されて、簡易トイレも備えられて水や、大学の学生食堂も自由に使えたが、唯一不便であったのは電源で、携帯電話用にソーラー・パネルから充電できるようにあったが、常に埋まっていた。

 ここを拠点に石巻市内、女川町、三陸町など近隣の被災した人々の支援を行ったが、この時期、ようやく瓦礫の片付けに目途が付きつつある頃で、雑草の生い茂る原が広がり、かつて人間がここに住んでいた痕跡は無残としか言いようがなかった。

 滞在中にボランティア同士は仲良くなり、情報交換や作った料理を分けたりし、時にはボランティア用に配布された余った弁当をもらった事も度々であった。しかし、岩手方面の活動を終えて10月の初めにこのテント地に戻ったら、テント張りは禁止されていて、知り合いのテントが一基のみが寂しく残っていた。

 

体良く追い払われた形で、結局その時は女川町にあったボランティアが造った宿泊所に滞在した。このようにかつてのボランティア基地からボランティアが追い出される形になったのは、当初の支援の熱気が薄れたことと関係があった。

 石巻でのテント暮らしで思い出すのは、大きな台風がこの地を通過して、その夜は風で何度もテントを潰されたが今のテントは結構強い構造と思った。また台風通過の後に地元のテレビ局が取材に来て、私達を撮影していったが、その日に被災者から『テレビに出てたね』といわれてビックリした。

 石巻の次は地方自治体が提供する元学校の講堂を利用したが、既に9月に入っていて東北の秋は早く、講堂の板張りの上に寝袋で寝るには少々冷えを感じた。ここで良かったのはシャワー付きの風呂が使えたことで、石巻の時はテント製の風呂場が街の中心で運営されていて、そこまで出て行くのが億劫であった。

写真-2 

 そうして沿岸沿いに北上して、一番北にテントを張ったのが写真-2の岩手県久慈市にある侍浜キャンプ場。この有料キャンプ場は我々がその年最後のキャンパーになり数日後には閉鎖されるが、テントを張る場所は板張りになっていて便利。

 炊事場近くに張るが、久慈は『風の町』といわれるように景色は最高だが海からの風は震え上がる寒さで、そのため松の枯れた枝を拾い焚き火で暖を取ったのも懐かしい。

 久慈では被災者の方から『寒いから家に泊まれ』といわれ、この支援活動中初めて民家にお世話になった。また、久慈を離れる時は用意していなかった冬物の衣料をいくつかいただき、逆に支援されたと感謝と共に印象深い。

 これ以降は1週間に1度くらいのペースでビジネス・ホテルへ泊まるようにしたが、東北地域は震災後に客足が減ってどこも閑古鳥が鳴いているような感じで安く、すぐに泊まれた。

 最後の県は福島県で、原発避難の仮設住宅を回るが、会津若松では背炙り山キャンプ場という、磐梯山の景色も見事な山の中にテントを張って市街地へ通った。その時期にテントを張るなど他には全くなく、昼間はテントをそのまま放置して出掛けるが、いたずらや盗難に会うことはなく、この点、日本人の倫理観の高さには感服した。

写真-3 

 そうして最後にテント暮らしをしたのが写真-3の福島県いわき市の山中にあるキャンプ場で、既に10月に入っていた。

 このキャンプ場はいわき市内から車で40分くらい深い山の道を行った所にあり、途中には詩人の草野心平の生家があった。しかも、当時福島原発爆発による放射能汚染のために全村避難を強いられた飯舘村は山を越えた向こうにあって、その当時は村へ通じる道路は閉鎖されていた。

 このキャンプ場、写真に写る山の下にいわき市から郡山市へ行く磐越東線が通っていて、江田駅がすぐそばにあり、日本で駅に最も近いキャンプ場と自慢して良いのでは。もっともこの時期、キャンプなどする者はいなくて、週末の深夜に車で乗り付けたグループが外で騒いでいるなということはあった。

 ここからいわき市内の被災者仮設住宅へ通うが、避難暮らしも最初の年は勢いで知らない土地に住めても何年も仮設暮らしが続くようでは気が滅入ると感じた。あれから6年、こういった仮設住宅暮らしの人々は故郷が汚染されていては帰るということは心情的にはあって、現実では諦めるしかないと思っているのではないだろうか。

 未曾有の爆発事故を起こした福島原発は6年経っても溶融した燃料がどうなっているかも分からず、ましてや取り出して廃炉にするなど実際は出来ないのではとまで言われている。

 原子力という名前は最先端であっても、その実態は分からないことも多いことが爆発で暴露されて、その廃炉費用も当初の見立ての何倍にも膨らみ、あるいは何十倍になるかも知れず、最終的に解決できるかどうかも見通せないのが本当なのではないか。

 時が解決するというが、原発爆発避難者は次々と世を去り、数十年後にはこれら生々しい証人も絶えるであろう。この震災の年に生まれた子どもは今年小学校に入るというから、時が経つのは本当に早い。

 

  Homepage: http://cebuahima.com
Updated: 2017/03/14 (火)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3516
【避難】 マヨン火山に大..+ 3125
【管理】 海外で働くフィ..+ 2573
【景気】 前年より減速 20..+ 2461
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2331
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2201
【労働】 企業に都合の良..+ 2129
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2000
【市場】 フィリピンの2017..+ 1950
【評価】 アメリカの情報..+ 1946
【環境】 ボラカイもマク..+ 1899
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1831
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1806
【最多】 エイズ新規感染..+ 1632
【祭典】 参加してもフィ..+ 1618
セブからプーケットへ+ 1501
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1464
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1399
軍事用飛行場であったマク..+ 1395
【病巣】 フィリピンを食..+ 1389
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1354
22【投資】 都市部を中心に..+ 1343
23【標的】 日系企業に対し..+ 1305
24平成は31年で終わる+ 1163
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1150
26【予測】 インフレ率急上..+ 1119
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1030
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1001
29バタネス紀行 2017 その-..+ 919
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 917
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 885
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 872
33【便乗】 フィリピン人が..+ 846
34【予定】 マクタン・セブ..+ 842
35プーケットの古本屋+ 723
36セブは晴れ 日本は大雪+ 712
37小さな旅 ボホール島篇 20..+ 711
38バタネス紀行 2017 その-..+ 681
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 652
40フィリピンも参加した平昌..+ 643
41バタネス紀行 2017 その-..+ 612
42バタネス紀行 2017 その-..+ 611
43俳優の死と墓+ 610
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 586
46バタネス紀行 2017 その-..+ 573
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 562
48【投票】 2016年副大統領選..+ 548
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 347
50【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 238
51【犯罪】 保険金殺人か ..+ 235
52【是正】 配車サービス『..+ 191
53【数字】 2018年度国内総生..+ 87
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,515 今日:47 昨日:166
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.