フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
劉暁波とノーベル平和賞 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  劉暁波とノーベル平和賞
 

 613日、ノーベル平和賞受賞者の『劉暁波(リウシアオポー)』が、中国の病院で亡くなった。享年61だからまだ若い。

 

 劉暁波は2009年に『国家政権転覆扇動罪』という罪名で、裁判にかけられ懲役11年の判決を受け、収監中に肝臓癌となり、死ぬ間際に獄中から病院へ移送されたが、移送間もなく死亡。

 中国当局は『獄死』だけは不味いと思って形だけ病院に移送する形を整えたが、癌末期になるまで放置した緩やかな死刑であったとしか思えない。

 劉暁波の享年61から、ピンと来るのは青年期は『文化大革命』に当たり、劉暁波自身は1964年から1973年まで内モンゴルに下放されている。

 文化革命の評価というのは中国にとって鬼門のようで、『天安門事件』同様いまだ真相、実態は詳らかにされないが、人心、国土が荒廃した時代であったのは間違いない。

 中国で仕事をしていた時、『あの人は紅衛兵でワアーワアーやっていた人で、中味は空っぽ』という話をよく聞いた。真摯に取り組んだ人も居たかも知れないが、多くは付和雷同、時の中国指導部の権力闘争に利用されただけで何も残らなかった。

 そのワアーワアー組が要領良く出世した連中が今の中国指導部だから、中国の人間的お粗末さは当然といえば当然。

 さて、劉暁波はノーベル平和賞を2010年に受賞した。その前年はアメリカ大統領戦に当選したばかりのオバマがプラハにての『核なき世界』の演説一本で受賞し、極めて政治的な受賞として騒がれた年でもあり、結局、オバマは演説が巧かっただけで何らこの面での実績を作れず、8年の任期を去った。

 核廃絶を本当に考えているならば、最近国連で採決された核兵器禁止条項にアメリカは賛成するべきであるし、唯一の被爆国であるにも関わらずそれに追随、反対した安倍自民党など馬鹿としかいいようがない。

 核の問題といえば1971年に日本の『佐藤栄作』は『非核三原則』で沖縄の返還を成し遂げたとして受賞したが、後にアメリカの核持ち込みを認めた密約がバレてしまい問題になった。

 しかしノーベル賞は受賞後に辞退という例はあるが、授賞理由が嘘でバレて返還させるということはないようでどうにもならず、日本の恥は末代まで伝わる。

 この佐藤の受賞は日本側の金を使ったロビー活動が成功した訳で、平和賞に限らず各賞は毎回、自薦、他薦を募って選考委員会にかけるらしくロビー活動が強い所に賞が行くのが多い。

 ノーベル平和賞は1901年から始まり、昨年で105年の歴史を持つが、今までの受賞歴を見ると、個人は104人、団体は28となり、また受賞者なしの年は19ある。

 個人は政治家が多く、団体は赤十字国際委員会が3度受賞していて、その他国連関係が多く、国連の傘下組織が受賞するなど八百長臭いが、それはそれで良いだろう。

 受賞者なしの年というのは結構あって、第一次、第二次世界大戦と重なり確かに平和賞どころではない。

 先述した政府などが推薦した人物から選考されるから、スターリンやムッソリーニといったファシストも推薦されていて、逆説的にヒットラーも推薦されている。

 ただ、中国が目の敵にするように平和賞は政治的側面があるのは避けられず、それぞれの年の受賞者の顔ぶれを見ると確かに本人はともかく、所属国は怒るだろうなという人も多く、旧ソ連のサハロフ、中国のダライ・ラマ、劉暁波、ミャンマーのアウンサンスーチーと独裁国には嬉しくない聞きたくない受賞である。

 それにしても、劉暁波が判決を受けた『国家政権転覆扇動罪』など、言論で民主制を呼びかけただけで拘留、懲役だから『治安維持法』そのもので、最近日本で成立した『共謀罪』と全く根は同じで、右の安倍自民党と左の中国共産党が同じ考えを持っていることに皮肉を感じる。

 こういう時こそ、今も運動しているらしいが、日本国憲法の第9条(戦争放棄)をノーベル平和賞にという運動は貴重に思える。

 最後に、ノーベル平和賞は生存者に授与する決まりで、唯一例外は1961年受賞のハマーショルド国連事務総長で、ハマーショルドはアフリカのコンゴ動乱調停のために飛行機で移動中に北ローデシア(現在のザンビア)上空で乗機が墜落し殉職した。

 1980年代終わり頃、小生はその墜落地点へ行った事があった。場所はザンビア第2の都市『ンドラ』郊外で、もう記憶は薄れているが、ンドラからかなり離れたブッシュの中を入った所に碑があり、兵隊が警備していたから重要な場所になるのだろう。

 墜落の原因はミサイルで撃墜されたという説もあったが、被弾した痕跡はなく否定されている。当時はフライト・レコーダーのない時代で、真相は闇の中だが、操縦士が飛行場を間違えて激突したとの説が有力になっている。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/07/22 (土)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】     洞窟に溜まった池の次は地上から飛び込める池にトライシクルで向かう。写真-1がその池のある場所で、変哲のない林を歩いた先にあった。人が池の周りに..   | 2017-12-12
【写真-1】     ホテルに戻り、一休みしてから灯台のある丘へ夕陽を見に行く。歩いても大した距離ではなく、写真-1は州庁舎を右に見て灯台へ行く道で、大きな樹が1本..   | 2017-12-10
【写真-1】   ホテルで朝食後にアンダにある地下洞窟巡りをする。写真-1は午前中一杯貸切ったトライシクルに乗って向かう車内の様子で、同乗するのは今回の小旅行で現地合流..   | 2017-12-06
 重体説が長らく伝えられていたタイの前国王『ラーマ9世』が亡くなったのは1年以上前の2016年10月13日で、1年の服喪後に遺体を火葬にする儀式が先日行われた。  この1年間、タイ政..   | 2017-12-04
【写真-1】     バスコの町を通り過ぎて西海岸沿いに北へ向かう。写真-1はその山道で遠く左側にバスコの町が見える。バタン島の南部側は一周道路があり整っているが、..   | 2017-12-02
【写真-1】   陽の出には少し遅かったが、早起きしてアンダ海岸を歩く。早朝の海岸の空気はセブのような大気汚染の町から来ると行き返るようだ。写真-1は朝の潮の引いた海岸..   | 2017-11-29
 2013年11月8日、100年に1度と形容される超大型台風『ヨランダ』がセブの隣りのレイテ島、サマール島を抜けてセブ島北部にも大災害をもたらしてから4年が経った。 【写真は被災者用..   | 2017-11-27
【写真-1】     ジャパニーズ・トンネルから更に写真-1の道を海岸に向かって下る。前方に見える雲を被ったイラヤ山の右側麓側に、イラヤ山噴火で飛ばされた岩石が積み..   | 2017-11-23
【写真-1】     あれほど輝いていた太陽が没し始めると、吹いていた風も落ちて、写真-1のように海岸に立てられた旗も元気なく垂れ下がっている。この時間は夕方の干潮..   | 2017-11-18
 11月1日はカトリックの聖人と殉教者を祝福する日で、翌2日は死者を悼む日となり、この期間を『万聖節』と呼んでいる。ただし、あくまでもカトリックの行事であって、プロテストタ..   | 2017-11-16
12345678910,,,125
    
ニュース コラム ライフ
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
【開発】 国内空港関連事業 ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【騒動】 デング熱ワクチン ..
個人崇拝と全体主義
【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
バタネス紀行 2017 その-(17..
【司法】 違法薬物取締政策の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【調査】 日本の製造業の有望..
台風『ヨランダ』から4年経っ..
【天国】 セブ港で コンテナ..
バタネス紀行 2017 その-(16..
【胡乱】 操作した疑いを持た..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【統計】 GDP第3四半期成長率..
212017年の万聖節
22【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
23バタネス紀行 2017 その-(15..
24【激減】 ドゥテルテの選挙公..
25小さな旅 ボホール島篇 2017..
26【癒着】 フィリピン航空 巨..
27【薬物】 ドゥテルテの思い付..
28モールの客寄せ用に設置する政..
29【選出】 ミス・セブ2017は ..
30バタネス紀行 2017 その-(14..
31ボホール島 2017年 その-5 ..
32【順位】 フィリピンのパスポ..
33台風が日本を直撃しなかったら..
34バタネス紀行 2017 その-(13..
35【労働】 住友商事傘下のミン..
36セブで日本の選挙の投票をする..
37【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
38ボホール島 2017年 その-4 ..
39【恒例】 2017年度フィリピン..
40バタネス紀行 2017 その-(12..
41【契約】 セブのマリオット・..
42【世論】 ドゥテルテ大統領へ..
43【株価】 フィリピン史上初 ..
44【進展】 企業の横暴で10年止..
45【融資】 フィリピンへの有償..
46【最速】 フィリピンのエイズ..
47【下院】 批判勢力に見せしめ..
48【悪弊】 大統領の息子や一族..
49【変更】 フィリピン最初の地..
50【茨城】 フィリピン人が犯人..
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【悪弊】 大統領の息子や..+ 3507
【茨城】 フィリピン人が..+ 3399
【変更】 フィリピン最初..+ 3166
【最速】 フィリピンのエ..+ 3143
【下院】 批判勢力に見せ..+ 2916
【世論】 ドゥテルテ大統..+ 2770
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 2301
【融資】 フィリピンへの..+ 2228
【進展】 企業の横暴で10年..+ 2149
【契約】 セブのマリオッ..+ 2036
【順位】 フィリピンのパ..+ 1863
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 1846
【労働】 住友商事傘下の..+ 1833
【株価】 フィリピン史上..+ 1735
ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 1625
バタネス紀行 2017 その-..+ 1548
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 1523
【癒着】 フィリピン航空..+ 1414
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 1397
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 1368
21【激減】 ドゥテルテの選..+ 1341
22セブからボホール島への船..+ 1205
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1182
24セブの『東横イン』は大丈..+ 1118
25バタネス紀行 2017 その-..+ 1090
26ボホール島 2017年 その-4..+ 1032
27ボホール島 2017年 その-1..+ 1031
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1003
29セブで日本の選挙の投票を..+ 998
30バタネス紀行 2017 その-..+ 995
31台風が日本を直撃しなかっ..+ 990
32ボホール島篇 2017年 その..+ 977
33セブにおける在外選挙投票+ 972
34【犯罪】 中国からの密輸..+ 954
35バタネス紀行 2017 その-..+ 954
36バタネス紀行 2017 その-..+ 953
37バタネス紀行 2017 その-..+ 944
38【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 919
39モールの客寄せ用に設置す..+ 913
40ボホール島 2017年 その-5..+ 903
41【胡乱】 操作した疑いを..+ 889
42ボホール島 2017年 その-3..+ 883
43【天国】 セブ港で コン..+ 828
44【統計】 GDP第3四半期成長..+ 801
45【調査】 日本の製造業の..+ 671
46【司法】 違法薬物取締政..+ 572
47【騒動】 デング熱ワクチ..+ 501
48【開発】 国内空港関連事..+ 264
49【多忙】 在比日本国大使..+ 90
50【強権】 マルコス独裁に..+ 55
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:676,068 今日:145 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.