フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブ・マクタン島の海辺は金儲けで浸食中 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブ・マクタン島の海辺は金儲けで浸食中
 

 日本で『セブに住んでいる』と紹介すると話題になり、毎日海を見ているような環境の中で暮らしていると思われて羨ましがられるが、小生も含めて多くの住民は海とは関係ない普通の都市部に住んでいて、東京より酷い大気汚染、交通渋滞の中で暮らしている。
 
 

【海も空も汚れる一方のセブのリゾート地帯】


 セブには『在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所』という長ったらしい日本の外務省の公館があって、セブに住む日本人は通称で『セブ領事館』と呼んでいる。設置されて20年くらいだが、それまでセブの日本人はマニラへ行って手続きするか、たまにマニラから領事が出張して簡単な手続きをしていた。

 駐在官事務所という名称は領事館になるには予算と法制上難しいが、在留邦人が下手な国の日本大使館の在留邦人数より多く地域の邦人保護のために置かれていて、フィリピンにはダヴァオにもある。出張となっているが領事が数人常駐していて実質的な領事館といって良い。

 ちなみに下手な国の大使館と書いたが、先年暮らしたラオスなど在留邦人数など500人足らずで、セブはその10倍近くの日本人が住むあるいは活動をしている。在留邦人数で言えばセブは立派な領事館規模であるが、大使館というのは国を代表する機関でもあり、在留邦人数の多数で置いているわけではないのは衆知の通り。

 話は長くなったが、そのセブの駐在官事務所に赴任する領事がいつも言うのは『女房を納得させるのに困る』で、冒頭の書き出しと共通していて、外交官の妻でも、セブに転勤となると毎日海を眺めながら生活を送れるとイメージするわけで、日本人のセブに対するイメージは『海のリゾート地』に尽きるようだ。

 それは結構だが、先日久し振りにそのセブのリゾートの中心マクタン島へ行ったら、だいぶ変わっていることに眼を奪われた。写真はある大衆的なビーチから撮ったものだが、彼方の海岸沿いに20階以上はあろうかと思える建物が建設中でその隣りにも少し低い棟を同じように建設中。

 この建設中の建物はどこかで見たデザインだなと思って、セブで出している日本の情報誌を見ると不動産のページが満載で、その始めの方に載っていて、完成がいつとは書いていないが、投資に最適などと宣伝文句の散りばめられたどちらもコンドミニアム。

 コンドミニアムなどと書くと、さも高級そうだがその多くはワンルーム・タイプが多く、ここの場合は500~600万ペソ、日本円にしたら1100万~1300万円程度で、これだけの場所なら安いのではと思うが、一ヶ月の手取りが3万円を超した程度でも良いといわれる普通のフィリピン人には手は出ない。

 写真の右の方に見える建物はマクタン島では草分けのようなコンドミニアムで低い方が最初に建てられ右端はその後に建てられた同じ系列のコンドミニアム。この建っている敷地自体が海辺の分譲住宅地で、かつては空き地ばかりで売れていたのかどうか分からなかったが、最近はそうでもないのであろう。

 写真の手前に桟橋が出ていて、船が停まっているがここはマクタン島の対岸にあるオランゴ島へ行く便船の出る桟橋で、以前はもっと貧弱な感じの桟橋であったが、結構な数の船が行き来、人の出入りも多かった。

 さて、写真の建設中のコンドミニアムの先には高級な部類に入る『クリムソン』という新しいリゾート・ホテルが先年出現し、そのまた先には『タンブリ』というマクタン島のリゾート商売の草分けのようなリゾートがあった。

 あったと書くのはそのリゾートは取り壊されて、目下コンドミニアムとホテルを建設中で、かつての『タンブリ・ビーチ』というリゾートは消滅した。元々、リゾート時代に借地であったため、その期限がきたための撤退らしく、確かにホテルの設備はほとんど手を加えていなかった。

 ここで強調したいのはこのリゾートは天然の砂浜を持っていたことで、マクタンのリゾートはプライベート・ビーチを持つのを売り物にしているが、高級なシャングリラにしてもかつてのヒルトン、今のモーベンピックも岩場を壊して作った人工の砂浜で、知らないのは観光客だけである。

 あと他に天然の砂浜を持っているリゾートなどマクタンにはいくつもなく、世界的なリゾートだと大威張りしている割にはセブは、ビーチに関しては結構お粗末なのが実態である。

 現在マクタン島は写真のようなコンドミニアム建設が盛んで、飛行場に近くてあんなに高くて大丈夫かと思わなくもないが、どれも海沿いに建てられている。しかも前述したコンドミニアムやリゾート・ホテルの敷地はかつては岩ばかりが広がっていた不毛の地であった。

 今、リゾートとして売っているマクタン島だが、30年近く前に見た時は水も満足にないずいぶん不便な場所に住んでいるなと思ったし、少し高い樹のある道路沿いに昔からの住民が住んでいるような所で、実際セブに住む人はあんな不便な所には住みたくないというのが多かった。

 ところが、時代が変わればかつての荒野は金の生る樹となったわけで、同時にかつての海辺の景観が浸食され放題となり、リゾート客が多く滞在するようになり生活排水が垂れ流しの現状から海の透明度は落ちるばかりで、晴天下で見た海の色も昔のような息を呑む色合いは失っていた。

 この先、この海と自然はどうなるのだろうかと気にはなるが、タケノコのように増え続ける儲けだけ追及のコンドミニアムは、投資案件と業者は甘い言葉で宣伝しているが、いずれ不動産バブルが弾けて泣きを見る人が続出するのではないかと思っている。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/08/07 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】     写真-1は幹線道路から遠望したラマノトック島方面の様子で、島は左手側にあるが、眼下は鬱蒼した樹林に覆われている。これはマングローブが海に向かっ..   | 2018-02-20
 ボラカイというのはフィリピン中部、パナイ島の北西端に浮かぶ島で、総面積は1000ヘクタールあり、東京ドームは広さ5ヘクタールあるので、200個分しかない小島である。 ところが島..   | 2018-02-19
 地球の温暖化から天候異変が騒がれて久しく、その中で北半球の今年の冬はかなりの厳寒に見舞われ、アフリカの砂漠に雪が降り、日本でも日本海側では大雪となった。  特に福井..   | 2018-02-17
【写真-1】     サブタン島へ渡る船が出る港の真ん前が写真-1の『San Jose de Ivana』教会。この町の現在の人口は1400人足らずなのに、前庭を備えた立派な教会でビックリする..   | 2018-02-15
 フィリピンのセブと比較されるタイのプーケットに古本屋があった。   プーケットは大きな島で、普通の観光客は空港からビーチへ直行するが、フィリピンの海を見慣れている..   | 2018-02-12
【写真-1】     2泊3日の短い旅の帰る日の早朝にまたアンダ海岸を歩く。写真-1は潮の引いた海岸の様子で泥質の海底と岩、海藻の付着した遠浅の海岸が露出している。この..   | 2018-02-09
【写真-1】     サブタン島へはバスコから海岸沿いに南下し、イヴァナ町から船で渡る。ジープニーで行けるはずだが、走っているのが不確かでトライシクルを捕まえて出発..   | 2018-02-06
 元号を持っている国は、世界の国の中でもう日本だけという。  かつては中国、韓国、それにヴェトナムにも元号があり、それらは歴史の流れの中で消えているから、日本の..   | 2018-02-01
【写真-1】   教会横から海岸へ向かうと写真-1の建物が海を背中に建っている。これはアンダ町庁舎で1万7千人ほどの人口規模ではこのくらいで良いようだ。この辺りに町の公共..   | 2018-01-29
 シンガポールからセブ行きの飛行便に乗った。シンガポールのチャンギ飛行場は拡張を続け、30年くらい前に初めてチャンギ飛行場に降りた時はターミナル・ビルは1つしかなかった記憶..   | 2018-01-26
12345678910,,,127
    
ニュース コラム ライフ
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【祭典】 参加してもフィリピ..
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
21【管理】 海外で働くフィリピ..
22セブからプーケットへ
23【避難】 マヨン火山に大噴火..
24セブで迎える2017年の大晦日
25【避難】 異例のクリスマス台..
26【企業】 ホテルオークラ 放..
27バタネス紀行 2017 その-(20..
28【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
29小さな旅 ボホール島篇 2017..
30【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
31気に食わない2017年の5人
32【被害】 台風『ウルドゥハ』..
33バタネス紀行 2017 その-(19..
34【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
35セブから消えるマリオット・ホ..
36【強権】 マルコス独裁に近づ..
37【多忙】 在比日本国大使館の..
38小さな旅 ボホール島篇 2017..
39【犯罪】 中国からの密輸続く..
40バタネス紀行 2017 その-(18..
41【開発】 国内空港関連事業 ..
42小さな旅 ボホール島篇 2017..
43【騒動】 デング熱ワクチン ..
44【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
45【司法】 違法薬物取締政策の..
46【調査】 日本の製造業の有望..
47【天国】 セブ港で コンテナ..
48【胡乱】 操作した疑いを持た..
49【統計】 GDP第3四半期成長率..
50【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3816
【天国】 セブ港で コン..+ 3755
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3739
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3500
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3439
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3343
【司法】 違法薬物取締政..+ 3207
【強権】 マルコス独裁に..+ 3187
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 3039
【多忙】 在比日本国大使..+ 2869
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2790
【調査】 日本の製造業の..+ 2773
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2659
【開発】 国内空港関連事..+ 2501
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2352
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2323
【企業】 ホテルオークラ..+ 2261
【避難】 異例のクリスマ..+ 1969
気に食わない2017年の5人+ 1849
小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1818
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1810
22【雇用】 日本で働くフィ..+ 1801
23セブから消えるマリオット..+ 1771
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1612
25個人崇拝と全体主義+ 1568
26【避難】 マヨン火山に大..+ 1557
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1552
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1537
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1503
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1473
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1361
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1253
33台風『ヨランダ』から4年経..+ 1252
34【管理】 海外で働くフィ..+ 1227
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1207
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1202
372017年の万聖節+ 1147
38【景気】 前年より減速 20..+ 988
39セブからプーケットへ+ 940
40軍事用飛行場であったマク..+ 812
41【労働】 企業に都合の良..+ 794
42平成は31年で終わる+ 615
43小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
44【市場】 フィリピンの2017..+ 591
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 402
46【司法】 最高裁 戒厳令..+ 378
47【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 356
48【税金】 マニラ首都圏地..+ 273
49【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 196
50【祭典】 参加してもフィ..+ 51
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:688,889 今日:22 昨日:221
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.