フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
台風『ヨランダ』から4年経って - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  台風『ヨランダ』から4年経って
 
 2013118日、100年に1度と形容される超大型台風『ヨランダ』がセブの隣りのレイテ島、サマール島を抜けてセブ島北部にも大災害をもたらしてから4年が経った。


【写真は被災者用に張られたテント その後このテントはどう処分されたか誰も知らない】

 この台風は日本では『台風30号』、中国が命名した『ハイエン』とそれぞれ呼称されているがフィリピンでは『ヨランダ』でないと通じず、台風観測に縁は薄いと見られる中国名『海燕(ハイエン)』が国際的に通じるのも不思議だが、気象観測部門にも中国の覇権主義が働いているのであろうか。

 4年も経てば、被害を受けた地域の復興、復旧はほとんど終わっていると考えるが、そこはフィリピン、どうも政府が行っているプロジェクトは遅れに遅れている。もっともこれは日本の福島原発が解決に向かっていないのと同じではあるが。

 例えばレイテ島を中心に被災者用に『再定住恒久住宅』プロジェクトというのがあって、その数205千戸というから数に限っていえば膨大といえば膨大。その内、現在までに完成できたのは3分の1程度で、しかも完成した家に入っているのは被災対象者の12%に満たないという。

 この住宅計画は被害の大きかった海岸沿いに住んでいた人々を安全な場所に家屋を作って移住させるのだが、せっかく完成しても作られた所は不便な所が多く、仕事で通うにしても何かと不便で人気がない。

 これはマニラ首都圏でも不法占拠家屋を撤去して、そこに住んでいた人々を再定住地に移すプロジェクトがあって、こちらもとんでもない遠方なので嫌がられ移らないという話である。

 住む所をいくら保証してもその前に仕事を持っていたら簡単には動けず、正に職住接近状態を引き剥がすものであるから、役人が机上で考えても上手く行かないのは必定で、その轍を被災地復興でもやっているからどうにもならない。

 セブは北部地域でかなりの被害を受け、被災当初は椰子の木の先や、木々の枝が吹き飛ばされ丸裸同然になったが、さすがに熱帯の植物の生命力は強く、4年経つと被害を受けた痕跡はほとんど消えている。

 被災を受けた家々も今では何事もなかったように存在し、中には被災前より屋根などしっかり作り直された家も多い。その多くは援助物資で直されたもので、経済成長が著しくセブ都市圏は第二のセブームなどといって浮かれていても、地方の実態はまだまだ貧しいことを物語っている。

 ヨランダでは学校も多く被害を受け、屋根を飛ばされたのは良い方で、土台を残して倒壊した学校もセブ島北部に多かった。

 セブの教育担当局がその学校の復旧状態を先頃発表しているが、それによると114の公立学校が被災し、その内50の学校が修復を終えたという。この数字で見ると4年で半分も至っていない。

 こちらも遅れているのが分かり、原因は予算が少ないことと、建設業者のせいにしているが、当局側の怠慢がこの遅れを助長しているのは確かである。

 また、被災当時各国からの援助がフィリピンにあり、義捐金も相当届けられているが、本来被災者に渡るべき義捐金が配られていないなどの話も未だ残っている。こちらの方は、行政や関係者の人間に途中で抜き取られているため、被災者に回らないなどと汚職天国のフィリピンは相変わらずと思わせる。

 この被災では日本のいくつものNGOが潤沢な資金を持って被災地で活動していたが、あれから4年その活動は生きているのかどうか怪しいものだし、NGOによっては大災害では金が回って来るので『災害待望』などというふざけたものがあって、被災地を食い物にする活動も見られる。

 食い物といえばフィリピンの赤十字はこういった災害などでは組織的に活動できるNGOだが、この総裁というのがかつて大統領選にも出たことのある人物で、現在2016年の上院議員選で当選して返り咲いている政治屋。

 選挙運動に日赤の組織と知名度を使っていることがあからさまに分かり、セブの赤十字の施設には選挙後にこの人物の当選御礼が堂々と張り出されたくらいだから、赤十字の政治的利用などフィリピンでは問題にならないようだ。

 政治的利用というより個人的野望、利用だからそれで良しとするのであろうか。それにしてもふざけた人物と取り巻きである。

 100年に1度の超大型台風と冒頭に書いたが、これは100年後にまた超大型台風がやって来るという意味ではなく、もしかすると今年、あるいは来年にもやって来るという可能性は否定できず、そのための備えはどうかというと心もとないのがフィリピンの姿である。

 校舎の復興が遅れていると書いたが、そういった新しい校舎が台風襲来時に住民の避難所になるかならないかで、その在り方も違う。一部では防災型の校舎も建設されたようだが、日本のように警戒警報が出たら学校や公共建築に事前避難する体制には至っていなくて、また台風が来たら同じ被害を受けるのではと指摘されている。

 その繰り返しがフィリピンだといってしまえば身も蓋もなく死者・行方不明者で8000名近くを記録してしまった被災を学び真摯に人命を守る姿勢を打ち出す必要がある。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/11/27 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 2017年最後の台風がフィリピン近海に近づいていて、年明けには台風が上陸するらしい。その影響かセブの昨日30日は朝から雲が厚く、今にも降りそうな天気で寒いくらいであった。 ..   | 2017-12-31
【写真-1】     灯台から日の沈む方角を見た様子が写真-1で、入り口の近くにある建物は、かつてアメリカ軍が通信隊を置いていた時の施設。戦前からあったような建物で..   | 2017-12-25
【写真-1】     洞窟遊びを終えて、知人家族はセブへ帰るのでホテルで荷物をまとめてから写真-1のフード・センターへ行って昼食を取る。小間割りの店がいくつもあって..   | 2017-12-22
 『気に食わない』というのは個人的に気に障るとか、何となく嫌という心の中の動きでその基準はかなり曖昧だが、それゆえ管理・監視社会真っただ中では、最も人間らしいものと思う..   | 2017-12-20
【写真-1】     灯台に入って中から入り口方面を撮ったのが写真-1。バスコ港を左に見る湾を望み、ここからでも右手彼方にはサブタン島の島影が見える。灯台の建つナイ..   | 2017-12-17
セブに名前の通った世界的なホテルは案外と少なく、隣の国際空港があるマクタン島にはシャングリラがあり、数年で撤退したヒルトンぐらいしかなかった。セブ市内にはラディソンやか..   | 2017-12-15
【写真-1】     洞窟に溜まった池の次は地上から飛び込める池にトライシクルで向かう。写真-1がその池のある場所で、変哲のない林を歩いた先にあった。人が池の周りに..   | 2017-12-12
【写真-1】     ホテルに戻り、一休みしてから灯台のある丘へ夕陽を見に行く。歩いても大した距離ではなく、写真-1は州庁舎を右に見て灯台へ行く道で、大きな樹が1本..   | 2017-12-10
【写真-1】   ホテルで朝食後にアンダにある地下洞窟巡りをする。写真-1は午前中一杯貸切ったトライシクルに乗って向かう車内の様子で、同乗するのは今回の小旅行で現地合流..   | 2017-12-06
 重体説が長らく伝えられていたタイの前国王『ラーマ9世』が亡くなったのは1年以上前の2016年10月13日で、1年の服喪後に遺体を火葬にする儀式が先日行われた。  この1年間、タイ政..   | 2017-12-04
12345678910,,,126
    
ニュース コラム ライフ
【避難】 マヨン火山に大噴火..
セブで迎える2017年の大晦日
【避難】 異例のクリスマス台..
【企業】 ホテルオークラ 放..
バタネス紀行 2017 その-(20..
【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
気に食わない2017年の5人
【被害】 台風『ウルドゥハ』..
バタネス紀行 2017 その-(19..
【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
セブから消えるマリオット・ホ..
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
【開発】 国内空港関連事業 ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【騒動】 デング熱ワクチン ..
22個人崇拝と全体主義
23【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
24バタネス紀行 2017 その-(17..
25【司法】 違法薬物取締政策の..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【調査】 日本の製造業の有望..
28台風『ヨランダ』から4年経っ..
29【天国】 セブ港で コンテナ..
30バタネス紀行 2017 その-(16..
31【胡乱】 操作した疑いを持た..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【統計】 GDP第3四半期成長率..
342017年の万聖節
35【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
36バタネス紀行 2017 その-(15..
37【激減】 ドゥテルテの選挙公..
38小さな旅 ボホール島篇 2017..
39【癒着】 フィリピン航空 巨..
40【薬物】 ドゥテルテの思い付..
41モールの客寄せ用に設置する政..
42【選出】 ミス・セブ2017は ..
43バタネス紀行 2017 その-(14..
44【順位】 フィリピンのパスポ..
45【労働】 住友商事傘下のミン..
46【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
47【恒例】 2017年度フィリピン..
48【契約】 セブのマリオット・..
49【世論】 ドゥテルテ大統領へ..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【世論】 ドゥテルテ大統..+ 4253
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 3535
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 3293
【契約】 セブのマリオッ..+ 3256
【順位】 フィリピンのパ..+ 3227
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 3004
【労働】 住友商事傘下の..+ 2989
【激減】 ドゥテルテの選..+ 2791
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 2559
【癒着】 フィリピン航空..+ 2510
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 2480
【胡乱】 操作した疑いを..+ 2461
【天国】 セブ港で コン..+ 2268
【犯罪】 中国からの密輸..+ 2170
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 2074
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 2059
【司法】 違法薬物取締政..+ 1967
【強権】 マルコス独裁に..+ 1790
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 1708
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 1674
21【調査】 日本の製造業の..+ 1662
22【多忙】 在比日本国大使..+ 1409
23【開発】 国内空港関連事..+ 1405
24セブの『東横イン』は大丈..+ 1363
25【被害】 台風『ウルドゥ..+ 1298
26ボホール島 2017年 その-4..+ 1243
27台風が日本を直撃しなかっ..+ 1223
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1212
29セブで日本の選挙の投票を..+ 1199
30【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 1180
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1180
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1180
33モールの客寄せ用に設置す..+ 1169
34ボホール島 2017年 その-5..+ 1166
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1164
36バタネス紀行 2017 その-..+ 1154
37【企業】 ホテルオークラ..+ 1144
38個人崇拝と全体主義+ 1113
39バタネス紀行 2017 その-..+ 1108
40ボホール島 2017年 その-3..+ 1074
41台風『ヨランダ』から4年経..+ 1062
42小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1049
43小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1031
44バタネス紀行 2017 その-..+ 1019
45【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 999
462017年の万聖節+ 989
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 957
48【避難】 異例のクリスマ..+ 947
49【避難】 マヨン火山に大..+ 119
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:682,347 今日:273 昨日:239
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.