フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
個人崇拝と全体主義 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  個人崇拝と全体主義
 

 重体説が長らく伝えられていたタイの前国王『ラーマ9世』が亡くなったのは1年以上前の20161013日で、1年の服喪後に遺体を火葬にする儀式が先日行われた。


 この1年間、タイ政府は喪に服し、タイ国民は服喪を表すために黒い服を着ていたというから、あのバンコクも色を失った感じがすると思うが、猥雑さで知られる歓楽街はどうであったのか、いつも通りだったと思うがその辺りは分からない。

 それにしても1年も遺体を置いておくなどタイの王族のやり方なのだろうが、遺体を荼毘に付すためにわざわざその施設を、しかも一度きりしか使わないのに数十億円もかけて、造るなどどう見てもおかしい。

 もっとも、世界の王族の資産ランキングで第一位、推定350億ドルを持つタイ王室と囁かれているくらいだからそんな金など何でもない支出だろうが、国事行為として税金が使われたのではないか。

 とまあ、タイ国民が聞いたら眼を回しそうな書き方だが、別にタイ国民を貶める気など毛頭ない。むしろ私などは『タイ好き』の人間で、フィリピンでなかったらタイに住んでいたかも知れないと思うくらいである。

 実際、数年前にタイの隣国ラオス・ヴィエンチャンに仕事で滞在していて、週末にはラオスからメコン河を超えてタイのノンカイへ行き、また帰ってくることを何十回も繰り返した。

 この辺りは本HPで色々書いているので略すが、写真はラオスを離れる直前にタイの鉄道を利用してタイ北東部を旅行した時に撮ったもので、その旅行記も『
タイ鉄道 各駅停車の旅』の題で本HPに書いた。

 タイ鉄道の駅には必ずタイ国王の肖像が飾ってあって、この写真に写っている人物はタイ警察の人間と思うが、たまたまその傍に立っていただけで警察が国王の肖像を警戒、警備しているわけではない。

 

 この写真を撮った時期はタイ国王の重態が伝えられ、国内では国王の快癒を願う肖像を街の至る所で見かけたが、どの肖像も若かりし頃の映像で、実像は認知症ではないかと小生など思っていた。

 というのはタイでは映画館では上映前に愛国心と国王への忠誠心を養うために毎回2本の短いフィルムが上映されて、国王のフィルムが上映される時は必ず席から立つようになっている。

 これはタイ語の分からない外国人向けに席を立つようにとの英語の表記もあって、タイ語が分からないので知らなかったと言い訳できないようにもなっている。

 

 そのフィルムの中に国王の割合最近と思われる映像があって、その表情から私などは認知症ではないかと思ったのだが、こんなことはタイでは口が裂けてもいえないことで、外国人といえども王室を侮辱したという理由で逮捕、裁判に至る。

 

 タイでは『不敬罪』が厳然としてあり、王室への批判は不敬ととらえられ、タイ国民は勿論、外国人も批判をしただけで獄に繋がれる、恐ろしいといえば恐ろしい国で『微笑みの国』など国の構造は真っ赤な嘘。

 

 批判を許さない国といえば、やはり北朝鮮を筆頭に中国、あるいはロシアといくらでもあり、社会主義国だけではなく、アメリカもトランプなどやはり批判を忌避しているし、日本の安倍も批判されると早口になって、その動揺ぶりから未熟な人物と分かる。

 

 アフリカ諸国なども選挙のある民主主義制度を取っているとはいえ、形ばかりで実態は既得権力の独裁国家が多く、批判すれば命が危ない国などいくらでもある。

 

 このフィリピンにしても今の大統領は『力が政治』と思っていて、銃による政治を進めているが、昔からフィリピンは反対勢力を力で排除する思想が蔓延していて、その土台の上に立っているから、大統領個人の資質とだけとは言い切れない。

 

 人に優しいフィリピンと評価はあるが、犯罪事件などでは目撃者はあっても報復が怖くて名乗りを上げず、むしろ自己防衛の方が強い。これは上述の昔から目の上のたんこぶは力で殺されている背景があるからで、一概に責められないが『長い物に巻かれろ』は日本より露骨かも知れない。

 さて、タイの王室に戻るが、小さい時から王室は絶対、敬うべきものとして教育、刷り込まれていれば、王室に対して無批判、従順な人間は簡単に作られ、これは戦前の天皇に対する日本人の在り方を思えば簡単に分かる。

 

 北朝鮮なども日本の天皇制を学習していると思うような崇拝の仕方で、外部から見れば北朝鮮国民は貧しく大変な国と思われているが、その北朝鮮国民自身は今の体制は『幸せ』と思っているのではないか。

 

 こういった政治指導者が元首だろうが象徴だろうが、その言い方は違えども国民の上に君臨し、統治する政治形態は唾棄すべき代物で、今の日本が戦前回帰への道を歩んでいる動きに危惧を抱いている。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/12/04 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    パラワン島は列島から離れているために開拓されていない所が多く、少し前には裸で暮らす少数民族が存在すると話題になった。しかし、エル・ニドへ向かう幹線..   | 2019-03-22
 3月11日、セブのリゾート施設が集中するラプラプ市で凄惨な事件が起き、地元は蜂の巣を突っついたように大騒ぎになっている。  【写真は事件のあったマクタン島を飛行場着陸直..   | 2019-03-19
【写真-1】    プエルト・プリンセサからエル・ニドまでは陸路で6時間前後かかる長丁場。ホテルを早く出て、写真-1のトライシクルでバス・ターミナルへ。朝早いので交通量..   | 2019-03-16
 犯罪を中心に何でも有りのフィリピンでは、昔から先にやった方が勝ちという世界で、今年の5月13日に投票される全国選挙に向けて、候補者連中とその取り巻きは選挙違反という言葉な..   | 2019-03-13
【写真-1】    ホテルからの出迎えの車が来ないのでトライシクルを捉まえるが、観光客と見るとボッタくり。少し離れた場所から通常値段で写真-1のホテルへ。空港から5分ほ..   | 2019-03-10
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは、正副大統領を除く上下院議員、自治体首長、自治体議員の選挙が行われ、全国区の上院議員と政党別比例選出下院議員は投票日3ヶ月前に入っ..   | 2019-03-07
【写真-1】    初めてパラワン島へ行ったのはもう20年以上前になるが、その時はパナイ島のイロイロ経由でセブからパラワン島のプエルト・プリンセサ空港には直行便は就航し..   | 2019-03-05
フィリピン南端にあるミンダナオ島は資源に恵まれ、台風の襲来も少なく農業に適し、日本へ輸出されるフィリピン産バナナやパインアップルの大農場に日本の資本が入り開発、運営され..   | 2019-03-01
 台湾へ今年2月下旬に一週間ほど家人と旅行へ行く計画を半年以上前に立て、飛行機のチケットを早々と購入していた。 今までセブから台湾へ行くにはマニラで乗り継がなければなら..   | 2019-02-27
 フィリピン現代史に特筆される『エドサ政変』は1986年2月にあり、この政変は『エドサ革命』と称する向きもあるが、革命とは体制が引っくり返ることを言い、旧体制は温存された結果..   | 2019-02-24
12345678910,,,137
    
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4860
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 4027
《人口》 婚外子が半数以..+ 3956
《御用》 フィリピンに逃..+ 3395
【不振】 新車の売れ行き..+ 3330
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 3039
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2860
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2365
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2114
【影響】 韓国造船大手の..+ 2112
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2056
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2042
セブでパスポートを更新す..+ 1986
バタネス紀行 2017 その-..+ 1961
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1913
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1679
【資本】 全日空がフィリ..+ 1641
【調査】 世界最長 フィ..+ 1490
【選挙】 上院候補者支持..+ 1484
バタネス紀行 2017 その-..+ 1456
21【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1451
22【解禁】 資金力と知名度..+ 1431
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1316
24【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1294
25【苦境】 2018年新車販売台..+ 1228
26パラワンからセブに帰る飛..+ 1209
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1083
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1062
29セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1040
30《強行》 農民切り捨てに..+ 977
31バタネス紀行 2017 その-..+ 898
32セブのシヌログとアメリカ..+ 841
33《起工》 フィリピン最初..+ 840
34《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 784
35【前進】 イスラム自治政..+ 773
36セブで打つテニスと大坂な..+ 708
37《頭打》 売れ行き不振続..+ 707
38バタネス紀行 2017 その-..+ 690
39《責任》 ワクチン接種を..+ 683
40バタネス紀行 2017 その-..+ 657
41《予測》 2019年経済成長率..+ 588
42セブで過ごす 『春節』+ 579
43フィリピンの今年は選挙年+ 481
44《富豪》 フィリピンから17..+ 451
45フィリピンの喫煙と禁煙+ 407
46セブでヴァレンタイン+ 386
47《統計》 人口爆発止まら..+ 337
48セブから直行便で行く台湾+ 281
49フィリピン現代史『エドサ..+ 272
50《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 192
51《断水》 マニラ首都圏の..+ 160
52《発車》 泥縄の日本への..+ 95
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,541 今日:66 昨日:128
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.