フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
気に食わない2017年の5人 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  気に食わない2017年の5人
 

 『気に食わない』というのは個人的に気に障るとか、何となく嫌という心の中の動きでその基準はかなり曖昧だが、それゆえ管理・監視社会真っただ中では、最も人間らしいものと思うが、そう難しく考えず標題の『気に食わない2017年の5人』を書き綴ることにする。


 5人となったのは他にもあるだろうが、考えずにたちどころに思い浮かべた顔と名前がちょうど5人であったのでそうしたし、数を区切らないとこの世界には気に食わない人間は無数出てきて際限なくなる。

 1番目はアメリカの『トランプ』。タイム誌の今年の顔として表紙を飾る話も流れ、世界の話題をさらっているというより呆れられている大統領だが、小生がアメリカの歴代大統領を報道などを通じて知っているのは、34代目のアイゼンハワー(在任1953年~1961年)からで、その後、トランプまでアイゼンハワーを含めて12人の大統領が生まれている。

 トランプはその中で最低の人物といって良く、ニクソンやブッシュ親子も酷かったが群を抜いて酷い。こういう人物を選んだアメリカの選挙民も選挙民だが、対抗馬が絶対当選すると見られていた手垢の付き過ぎたクリントンであったから、トランプは当選できたのでトランプはクリントンに感謝して良いだろう。

 トランプの特徴は正攻法で行ったらかなわないから博打でいえば逆張り戦法で、それが一定の力を維持できているのも強固な愚民に近い支持者のみを対象にしていれば良いと見切ったからで、他は雑音として相手にしない戦略が功を奏しているのであろう。

 そういう意味ではトランプは実業家というより根っからの博打打ちといって良く、政治的には馬鹿としか見えない身内で政府中枢を固め、能力或る人材が流出するなど、これはヤクザの一家と似通っている。

 2番目は北朝鮮の『金正恩』。トランプと核やミサイルを巡って舌戦を繰り広げているが、双方のやり取りは幼稚園の喧嘩と変わらないレベルで、言ってる方も聞いている方も恥ずかしくないのかと思う内容に終始している。

 正恩の恐怖政治の源は良く分からないが、『売家と唐様で書く三代目』の川柳があるように、正恩は北朝鮮に君臨する金王朝の三代目で、社会主義国を標榜する国で世襲というのもおかしなものだが、権力者というのは体制、名目に関係なく身内でやりたいのはトランプを見ても然り。

 北朝鮮を国家として見ているから不思議になるが、あそこは中世の封建時代の領主がいまだに治めている地域と思えば北朝鮮の人民の崇拝ぶりは分かり、あの異常性は異常でも何でもなくなる。

 そういう意味では中国はさすがに4000年の政治抗争歴を持つ国で、北朝鮮など田舎の領主が治めている場所としか見ていて属国にもならない地域で、本当は相手にしたくなく、制裁に腰が入らないのも当然である。

 北朝鮮は世界から爪弾きされていると日本人は思うが、実は外交関係を結んでいる国は160ヶ国以上あって、日本のように外交関係を持たない国は少数派で20数ヶ国しかなく、これという国では日本とアメリカくらいである。

 小生がかつてアフリカで仕事をしていた時、北朝鮮から派遣された目つきの鋭い連中を首都で多く見たが、そういう昔から北朝鮮はアフリカ諸国に根を張っていたし、中国も同じで、日本が盛んにアフリカに食い込もうとしても一朝一夕に友好関係など出来るものではない。

 そういった海外派遣組が今や国に帰って権力の中枢を担う地位についているわけだから、あの時、アフリカで嫌われていた北朝鮮の連中と友達になっておけば良かったと思わなくもない。

 3番目はその北朝鮮を政治的にしっかり利用している日本の『安倍晋三』。ちなみに今『あべしんぞう』と打って漢字変換したら『安倍信三』と出て来たから、安倍はともかく晋三の名はパソコンに知られていないようだ。

 安倍もトランプと似た性格なのか逆張り体質を持ち、しかも自慢したがるタイプで、両者の仲が良いのは頷けるが、先のトランプが来た時の対応は噴飯もので、日本を貶めた。

 元々、トランプはついでに日本に寄っただけで、横田基地に降り演説をし、したくもないゴルフに付き合ったような具合で、安倍は完全にトランプから見くびられているが本人が気が付かないのが一番の不幸。

 安倍は戦後の六三制教育を受けた人間とは思えぬ戦前回帰主義者で、これは祖父の岸信介の考えを踏襲しているだけで、本人は衣鉢を継いでいるつもりだろうが、本人自身の中味はなく、主義者と書くのもおこがましい。

 そういった無内容の安倍がこれだけ長期政権を担当できるのは周りに策士がいるためと、裏にある広告代理店で持っているという話もあるが、次々と乱発する政策のキャッチ・フレーズは三文コピー・ライターのコピーのようでいただけず、増々政権の無内容さを知らしめるだけである。

 この間の衆議院選挙にしても北朝鮮をだしにして『国難』などと大仰な科白をいって解散を敢行したが、こういう『ワン・フレーズ』は今のものを考えない、考えたくない愚民が増殖する時代に合っていて、自民党は現状を維持できた。

 この選挙で10代の自民党支持が非常に高く、若いから批判的な層という考えは覆っているが、政治におけるワン・フレーズ化はスマホに頭が犯された人々の蔓延するこの時代には心地良いし今後も主流になるであろう。

 4番目は中国の『習近平』。中国で『しゅう』といえば『周恩来』の名前を思い出すが、両者は人物の器も政治手法も全く違うし、周恩来も習近平などと較べられては迷惑であろう。

 習は先頃、2期目の実権を握ったが、2期後の後継者をはっきり示さなくて、2期で辞める慣例を破り、長期政権を目指しているのかと騒がれているが、中国の政治は4000年の間、権謀術策の繰り返しであり、社会主義国家を標榜してもその根は変わっていなくて、一寸先は闇で何がどうなるか予測は付かない。

 一説には習は中国建国の『毛沢東』の再来を狙っているというが、とてもとても毛沢東に近づけるような器でなく、似ているのはでっぷり太った様子で、習近平は毛沢東の真似をしているような動作を感じる。

 ただし、毛沢東の時代と違って神格化はインターネットを通じてはるかに速く、しかもインターネット情報を全面的に信じる中国人にはかなり有効と思えるから、『毛沢東の後継者』、あるいは『再来』とその内大っぴらに言い出すのではないか。

 

 最後の5番目はご当地のドゥテルテ【写真】。2016年のフィリピン大統領選で泡沫候補から当選した運の強い人物だが、中味とやっていることはやはりお粗末。

 

 立候補時の公約が『違法薬物撲滅』一本槍であったが、フィリピン人というのはそういう派手な事柄が好きで熱狂し当選へ導いたが、その撲滅が容疑者への容赦ない警官による殺害で、あまりの派手さに国際的に問題になっている。

 この容疑者殺害について、最近当事者の警察が違法薬物関連で殺害した人数は昨年7月から今年の10月半ばまでに3993人と発表している。こんな警察の数字など誰も信じていないが、この期間に違法薬物関連以外に殺された人数は10354人と認めた。

 合計するとドゥテルテが大統領に就任してから14000人以上が殺害されているわけで、この数字はこの警察による超法規的殺人を告発している側の数字にほぼ近く、フィリピンが『キリング・フィールド』といわれているのも無理はない。

 

 ところで肝心の政策だが、コロコロ言っていることが変わり信用できないが、国内経済は別に大統領など口を出さなくても前政権のアキノ時代からしっかり回っていて、これを自分の手柄にしている。

 それでも、中国や日本から金を引き出して、国内インフラを充実するとして、いくつもの大型プロジェクトを2022年の任期切れまでに形あるものにしようとはっぱをかけている。

 

 特に地元ミンダナオ島には鉄道やら道路などに巨額の金を落とすプロジェクトが目白押しだが、大統領選で選挙資金の面倒を見た中国系の財界のために仕事を回しているようなもので、後先を考えない利権プロジェクトが濃厚。

 

 話を巻き戻すが、確かにフィリピンは成人の10人に1人は違法薬物関与者などという話もあるが、この殺害政策で国内の違法薬物の蔓延が少なくなり、国内から減ったのかというと全くそういうデータは出て来ていない。

 確かに殺害政策が実施されてから恐れをなして警察に自首した違法薬物者は126万人になったと警察は数字を発表しているが、自首後にどうなったかの話はあまり聞かないし、矯正する受け入れ機関の不備が伝わるだけである。

 

 むしろ、この殺害政策によって関係者はより深く地下に潜り、違法薬物の高騰を招いただけで、ドゥテルテの殺害政策は貧乏人ばかりが殺されているという指摘もあながち嘘ではない。

 

 と書き出すときりはないが、以上の5人よりもっと気に食わないのは『マスコミ』で、特に日本のマスコミは政府の手の内で転がされていてどうなっているのだと言いたい。

もう少し『ジャーナリスト』の矜持を持って、不倫や芸能報道ばかりでは本当に気に食わない。

 

 もっとも国民のレベル以上の報道は出来ないというから、それも仕方がないかと思うしかない。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/12/20 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3651
【避難】 マヨン火山に大..+ 3219
【管理】 海外で働くフィ..+ 2661
【景気】 前年より減速 20..+ 2563
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2485
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2274
【労働】 企業に都合の良..+ 2202
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2068
【市場】 フィリピンの2017..+ 2042
【評価】 アメリカの情報..+ 1984
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1967
【環境】 ボラカイもマク..+ 1943
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1895
【最多】 エイズ新規感染..+ 1675
【祭典】 参加してもフィ..+ 1663
セブからプーケットへ+ 1525
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1487
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1450
【病巣】 フィリピンを食..+ 1429
軍事用飛行場であったマク..+ 1412
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1386
22【投資】 都市部を中心に..+ 1375
23【標的】 日系企業に対し..+ 1337
24【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1179
25平成は31年で終わる+ 1177
26【予測】 インフレ率急上..+ 1151
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1050
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1049
29バタネス紀行 2017 その-..+ 928
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 925
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 916
32【便乗】 フィリピン人が..+ 903
33ボラカイの海は『汚水溜め..+ 881
34【予定】 マクタン・セブ..+ 873
35プーケットの古本屋+ 735
36セブは晴れ 日本は大雪+ 726
37小さな旅 ボホール島篇 20..+ 719
38バタネス紀行 2017 その-..+ 698
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 665
40フィリピンも参加した平昌..+ 649
41バタネス紀行 2017 その-..+ 627
42バタネス紀行 2017 その-..+ 618
43俳優の死と墓+ 612
44【犯罪】 保険金殺人か ..+ 606
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 604
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 600
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 600
48バタネス紀行 2017 その-..+ 580
49【投票】 2016年副大統領選..+ 575
50【是正】 配車サービス『..+ 394
51【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 393
52【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 317
53【数字】 2018年度国内総生..+ 126
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:701,093 今日:67 昨日:210
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.