フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで迎える2017年の大晦日 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで迎える2017年の大晦日
 

 2017年最後の台風がフィリピン近海に近づいていて、年明けには台風が上陸するらしい。その影響かセブの昨日30日は朝から雲が厚く、今にも降りそうな天気で寒いくらいであった。



 これでは年末年始にセブのビーチ・リゾートを期待して来た観光客はガッカリしているのでは思うが、過去を思うと日本の長期連休時にはセブの天気は悪く、やはりジンクスはあるようだと思った。

 ところが、大晦日の今日は台風が近づいているにも関わらず朝から良い天気で、陽射しもかなり強く本来のセブの天気となった。これで、リゾートの観光客は楽しめるであろうが、何といってもホッとしているのはリゾートで商売をしている業者であろう。

 天気が悪いと観光客の財布はリゾートに落ちなく、セブなどはリゾートからセブ市内のショッピング・モールへ出かけて財布を開くようになる。しかしモールで買い物、食事といっても金太郎飴のようなモールではどうかと思うが、その個性のなさが観光客には受けるし、日本はともかく韓国、中国からの観光客は喜んでいる。

 観光客といえば、インドネシアのバリ島が噴火の影響を受けていて、観光客が激減という。噴火くらいなら新たなスポットとして売り出せるが、噴火によって出入りする国際空港閉鎖が現実に生じ、バリに滞在した観光客は大変な目に遭った。

 さすがに予定を組んでいる旅行客が大部分なので、予定通りに飛行機が飛ばないのは困るから、インドネシア当局は心配ないというが、前例があるから観光客は取り止めるるのが多い。

 

 そこでバリは観光業で成り立っている地域だから、既にその損失は数百億円に達しているなどあって、現地では死活問題になりつつある。そこで、書入れ時の年末年始に向けてホテルやレストランの料金半額だとか客を呼べるような大キャンペーンを張っているが、客足は伸びない。

 

 これで喜んだのが、バリと対抗する他の観光地で、セブもそうだし、タイのプーケットなども年末年始に客がかなり増加するのではと見込んでいて、他人の不幸が自分の幸福になる、えげつない現実となっている。

 

 えげつないという言葉から、最近はこのえげつなさが当たり前の世の中になっている。特に政治の世界は顕著で、アメリカのトランプ、日本の安倍、ロシアのプーチン、中国の習とやっていることが大胆にえげつなくなっている。

 政治家というのは嘘をシャアシャアといえることが資質の一つで、人間的には下位。安倍など単語を並べていかにも目新しく政策らしきキャッチ・フレーズを出すが、何にも進んでいず、それに騙される国民も馬鹿だと思うが、化かす方が上手の時代。

 

 それでも、駄目と分かると次々キャッチ・フレーズを連発して、前のはどうしたという疑問も起きずにマスコミは垂れ流し。そういえば現代は『分断の時代』ではないかとの指摘があり、確かに安倍のマスコミ対策など巧妙。

 

 自民党の広報紙と変わらない読売、産経を取り込んで、対して朝日、毎日を分けているが、反対する方は今や無視しても俺の固い支持者相手だけにこの国の政治をやれば良いと開き直っているのが現実。

 

 来年は平成30年になり、現天皇は退位を表明したが憲法上の制約もあって、それがスンナリと本人が思うようにならなかったが、2019年に退位と決まった。それも何とも切りの悪い5月になった。

 

 現天皇とは直接話したことがあって、あれはまだ皇太子の時で、同じく山の話をした今の皇太子も結婚相手もいない時期であったが、天皇に関していえば当時50代を過ぎた頃で、今の天皇の姿は痛々しささえ感じる。

 

 本人が辞めたいと言っているのに辞められず、先延ばしになっているが、あれで、2019年前に亡くなったらどうするつもりなのであろうか。そのくらいの恐れを内心関係者は思っているだろうが、決めたものは仕方がない、その時はその時と思っているのであろう。

 

 日本は少子高齢化、人口減少時代に入って騒いでいるが、こうなるのは早くから分かっていたのに全部問題は先送り。それでいて、リニアとか原発など大型インフラに金を注ぎ込んでいるが、もう必要ない時代と自覚するべきではないか。

 

 現在の日本の人口が8000万人台になるともいわれ、その人口に合う国造りを考えるべきではないか。人口過剰時代に造った社会インフラを見直し、真に必要な物を残してメンテナンスするべきではないか。

 

 人口減少してどれだけ電気を使うか計算できていて、どう考えても電気消費量は減少し、原発の電気など要らないのが本当で、今の原発政策は電力会社の経営の都合だけで動き、消費者は騙され無自覚となっている。

 

 それに『核のゴミ』処理は解決できず、どこの国でも捨てるだけで、こういったことしかできない技術は技術とはいえず、原子力利用は未熟で使ってはいけないものと思うものの北朝鮮の核開発は進むし、世界は破滅に向かうのか。

 

 例年、この時刻になるとあちらこちらで花火の音が聞こえてきて、年明けとともに花火の発てる狂騒音が街中に響き渡る。これはその前のクリスマス・イヴ、クリスマスも同じで何が面白いのか同様。

 

 ところが今年は、その花火の音が聞こえなくなった。これはドゥテルテ大統領が花火禁止を徹底させたもので、薬物関与容疑者を問答無用に殺しまくった大統領に恐れをなして、法律などなんのそののフィリピン人もかなり守っている。

 それでも、時々花火の音が聞こえるからやる奴はやるということだが、この花火の音で一番被害を受けているのは我が家の犬で、この日は身を縮めて隅に潜り込んでいる。この花火禁止令に関しては、ドゥテルテを支持したいが、近所のモールで花火を売っていたし、相変わらず花火による負傷者のニュースが流れる。

 

大晦日というのは、その昔の支払い方法が『盆暮れ』の時代には、ツケを取り立てる日の最終日で、その日を過ごせば借金は翌年になるので、大晦日は借金取りから逃げだした人で寄席はにぎわったという話が残る。

 

てなことを書いていて、今年もあと2時間を切った。午前中の良い天気も午後になって雲が出てきて日は陰ったが、マアマアの日和となって夕方を迎えた。来年はどういう年になるのであろうか。良いお年を。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/12/31 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3536
【避難】 マヨン火山に大..+ 3130
【管理】 海外で働くフィ..+ 2580
【景気】 前年より減速 20..+ 2469
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2348
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2207
【労働】 企業に都合の良..+ 2142
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2005
【市場】 フィリピンの2017..+ 1959
【評価】 アメリカの情報..+ 1949
【環境】 ボラカイもマク..+ 1901
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1842
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1814
【最多】 エイズ新規感染..+ 1632
【祭典】 参加してもフィ..+ 1621
セブからプーケットへ+ 1501
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1465
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1401
軍事用飛行場であったマク..+ 1396
【病巣】 フィリピンを食..+ 1391
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1355
22【投資】 都市部を中心に..+ 1346
23【標的】 日系企業に対し..+ 1308
24平成は31年で終わる+ 1165
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1154
26【予測】 インフレ率急上..+ 1120
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1032
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1008
29バタネス紀行 2017 その-..+ 921
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 919
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 891
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 873
33【便乗】 フィリピン人が..+ 850
34【予定】 マクタン・セブ..+ 844
35プーケットの古本屋+ 724
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 713
37セブは晴れ 日本は大雪+ 713
38バタネス紀行 2017 その-..+ 681
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 653
40フィリピンも参加した平昌..+ 643
41バタネス紀行 2017 その-..+ 613
42バタネス紀行 2017 その-..+ 612
43俳優の死と墓+ 610
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 588
46バタネス紀行 2017 その-..+ 573
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 568
48【投票】 2016年副大統領選..+ 549
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 351
50【犯罪】 保険金殺人か ..+ 317
51【是正】 配車サービス『..+ 267
52【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 243
53【数字】 2018年度国内総生..+ 91
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,569 今日:101 昨日:166
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.