フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
俳優の死と墓 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  俳優の死と墓
 

 大杉漣という日本の俳優が66歳で急死した。テレビ・ドラマの収録を千葉県の方でしていて、その夜の夕食後に急性心不全で倒れ、病院に運ばれて亡くなっているが、芸能人という特殊性ながら、これは『過労死』ではないかとも思う。



 芸能界というのは拘束時間があってないような世界で、いわゆる残業という観念もない。しかも、人気のある内にマネージメントをする方も本人も稼げるだけ稼ごうという世界だから、過労がどうのこうのという話など無縁の世界でもある。

 労働者としての立場も弱く、芸能マネージメント会社は慢性的な労働基準法違反、はてまた独禁法違反の旧態丸出しの経営とまで指摘されている。この世界も今でこそ近代的な装いをしているが、元々は興行を仕切るヤクザが一手に扱っていて、所属俳優に対して女衒的体質というのはなくならないようだ。

 今、国会では『働き方改革』などと、毎度空虚な広告コピーを繰り返す自民党の法案を巡って論議されているが、働く人間が少なくなる一方の日本においては絶望的な内容となっている。裁量労働制などと訳の分からない単語を並べるのが安倍自民党と日本の官僚の得意技だが、これなど、自分で労働時間を決められない日本の会社では、根本には安く労働者をこき使う内容でしかない。

 芸能人の多くは契約上個人事業主になるらしいが、昨日までは全く食えなかった芸人が一夜で仕事が殺到するというのは多くあるものの、本業では食えないのが大多数である。大杉漣も今では誰でも知っている名前になっているが、若い時は全く食えず、どうにかピンク映画に細々と出演して食い繋いでいた過去を持つ。

 それが、ビートたけしの映画に出てから世に出て認められるようになったが、その映画に出られなかったら、俳優を辞めて故郷に帰る気があったらしい。俳優は死しても映像でその姿を残すから、最後の出演作品を観て故人を偲ぶことにしよう。

 そこで、写真だが、これは千葉県松戸市にある『八柱霊園』の一画で、撮影日を調べたら20101223日となっている。この日は父親の命日で、母親と墓参りをした記憶がある。

 年末の寒い時期にわざわざ日本へセブから行くことはまずないから、何か他の用で日本へ行く必要があり、そのついでに命日が重なって墓参りしたのではと思う。

 八柱霊園は都営の墓地で、父親が生前用意していたが、あまり将来に計画的ではなかったと思えない父親が自分の入る墓をあらかじめ用意するとは考え難いから、これも母親の意向ではなかったと思われる。

 その墓だが、写真は様式のずらりと並んだいかにも窮屈な墓地になっているが、我が家の墓の方はこの写真を撮った右の区画にあり、3メートル四方くらいの面積があって今では贅沢な墓を持っていることになる。

 以前は我が家の墓がある地域が霊園の端になっていたが、いつの間にか写真のタイプの墓地が拡げられていて、この様子を最初に見た時は正直ゾッとした。

 この八柱霊園、1935年(昭和10年)に当時は八柱村に造られたが、その頃は墓地に相応しい鬱蒼とした平地であったと思うが、近年には武蔵野線が開通して便利になり今では墓地の周りは家に囲まれている。

 八柱霊園へ行くと入り口から10メートル四方以上ある規模の大きい墓が並び、奥へ行くに従って墓の規模は小さくなり、最後は写真の様な墓の団地の様な規模になって行く。

 これは開園当時は不便な場所で墓を造る人も少なく、墓地面積はかなり大きく得られたのだと思うが、交通の便が良くなり、都内の墓地事情が逼迫するに連れて、八柱に墓を持つ人が多くなり、区画が小さくなったようだ。

 写真の墓地、これでもあるだけでもマシなようで、日本の都市部においては墓地不足という。死んでまでそんな心配までしなければならないのかと思うが、日本のように『遺骨』に拘る国は仕方がない。

 それでも昔は土葬であったから、火葬というのは宗教的な意味もあるが、日本の様な狭い国では土葬に回せる土地もなくなり必然取られた方法のようだ。といっても、墓地不足というのは都会地だけの話で、地方の従来の墓地は無縁仏が増えているらしい。

 これは地方の過疎化に伴って墓を守ることができなくなるためらしいが、人口が減少し地方の集落が消滅すると見通されている現状では解決の仕様がない。また、『墓終い』といって、先祖代々の墓を閉鎖して、現在住んでいる都市部の新規の墓に移す例も増えているという。

 そういう墓事情もあって、従来の独立した墓石を建てた墓ではなく、専用のビルのロッカーに墓を造るとか、その手の商売も盛んになっている。また、『就活』ならぬ『終活』といって、死ぬまでの道筋を本人が計画、実行する妙な物が流行っている。

 これなど、何もかも情報過多の時代に生じた現象だと思うが、大杉漣の急死に分かるように、死んだ後は残された者が万端行えば良く、死んだ後など小賢しく当人が考える必要がないのではと思う。

 そうやって、連綿と葬式は続いているもので、亡くなった小生の両親にしても、残された身内が滞りなく済ませている。『終活』などというものは一見優しく聞こえるが、人と人との関係が分断された今の時代に出て来たもので、その先は荒涼とした精神世界を感じさせる。

 

 と偉そうに書いてはいるものの、自分の葬式代くらいは残しておきたいというのは誰しも共通の偽らぬ思いで、小生もそろそろ考えねばいけないだろうし、大杉漣の急死のように予測できないことを考えると考えても考え切れない。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/03/04 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 マニラ首都圏のビジネス街というと今はマカティ市を挙げられるが、そのビジネス街はかつて飛行場があった場所を開発したもので、この飛行場はフィリピンで指揮を執った山下奉文大..   | 2018-11-08
【写真-1】     自家製の写真-1のアイスクリームを売っている店があった。この通りはバスコの中央通といって良い『アバド通り』。アバドというのはバタネスの昔からの..   | 2018-11-06
 マニラのチャイナ・タウン地域は『ビノンド』と呼ばれていて、その中心を貫き通る道が『オンピン通り』で、写真-1は『王彬北橋』と金文字で印されている門。 【写真-1】  ..   | 2018-11-04
【写真-1】     バタネスの総人口は1万8千人ほどしかないが、独立した州で教育機関がたくさんある。州庁舎前の道路沿いに写真-1の州立『Batanes State College』があり、同じ並..   | 2018-10-29
 グラブの車はマニラのチャイナ・タウンを雨の中を走るが、珍しくロハス通りなどはスイスイ通過し、あまり渋滞に当らない。  【写真-1】  しかし、パッシグ川を渡ってキア..   | 2018-10-25
【写真-1】     バスコ滞在中、山頂に雲がかかって姿を見せなかったイラヤ山の山頂が、この日ようやく姿を現した。バスコの町のあちらこちらから山頂の姿を写すが、写真..   | 2018-10-22
 マニラ滞在中には配車サービスの『グラブ』を空港到着時から利用し、他日の市内移動でも何度も利用したが、白タクと変わらない業種が大っぴらに営業できる仕組みは分からないし、..   | 2018-10-20
【写真-1】     バタン島の南部方面をぐるりと回ってバスコの町へ戻る。残すところこの日を入れてあと3日。風が収まったためか、バスコの公園前から写真-1のようにイラ..   | 2018-10-15
 4時間半も遅れたセブ発マニラ行きの便は薄曇りの中を飛び発ち、やがて雲の多い中を北上。着陸のアナウンスがあってからは厚い雨雲に包まれ、マニラ国際空港着陸時には写真-1のよ..   | 2018-10-10
【写真-1】     マハタオ町の外れに写真-1の港が道路下に見える。これは『避難港』を兼ねた港で、岩山向こう側に入り口がある。その入り口にある海岸には灯台が写り、..   | 2018-10-08
12345678910,,,134
    
ニュース コラム ライフ
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
【深謀】 政府要職に軍と警察..
バタネス紀行 2017 その-(54..
【行事】 2018年ミス・セブは..
マニラ逍遥 2018年 その(5)..
【老害】 2019年選挙の候補者..
バタネス紀行 2017 その-(53..
《雇用》 ミンダナオ島の日系..
マニラ逍遥 2018年 その(4)..
【観光】 遅きに失す ようや..
バタネス紀行 2017 その-(52..
【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
マニラ逍遥 2018年 その(3)..
《過密》 セブの『ジンベイザ..
バタネス紀行 2017 その-(51..
21【不慮】 フィリピンで演習参..
22マニラ逍遥 2018年 その(2)..
23バタネス紀行 2017 その-(50..
24【黒幕】 セブの日本人女性射..
25《評判》 次期上院選候補支持..
26マニラ逍遥 2018年 その(1)..
27《災害》 セブ州中部ナガ市で..
28《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
29バタネス紀行 2017 その-(49..
30【自前】 商船三井 船員養成..
31バタネス紀行 2017 その-(48..
32《批判》 ドゥテルテに媚を売..
33バタネス紀行 2017 その-(47..
34《失政》 物価上昇止まらず ..
35セブで使うデジタル・カメラ
36《拙速》 ボラカイ島の環境整..
37バタネス紀行 2017 その-(46..
38《定年》 新最高裁長官決まる..
39《銃撃》 セブで日本人と韓国..
40ニノイ・アキノの日と日本の完..
41《芸能》 日本映画『愛しのア..
42バタネス紀行 2017 その-(45..
43【経営】 セブの旧マリオット..
44《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが..
45【事件】 セブ・マクタン島の..
46【肥大】 小売業最大手のSMの..
47【管理】 在住外国人にも登録..
48【警戒】 ミンダナオの島で爆..
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《銃撃》 セブで日本人と..+ 3286
【警戒】 ミンダナオの島..+ 2886
【事件】 セブ・マクタン..+ 2855
【管理】 在住外国人にも..+ 2520
《隠蔽》 日本の厚労省とNP..+ 2318
《失政》 物価上昇止まら..+ 2229
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2219
【肥大】 小売業最大手のSM..+ 2157
《芸能》 日本映画『愛し..+ 2120
《拙速》 ボラカイ島の環..+ 2050
【経営】 セブの旧マリオ..+ 2025
《定年》 新最高裁長官決..+ 2013
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 1986
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 1780
【自前】 商船三井 船員..+ 1640
【黒幕】 セブの日本人女..+ 1633
《評判》 次期上院選候補..+ 1470
【不慮】 フィリピンで演..+ 1116
《過密》 セブの『ジンベ..+ 965
バタネス紀行 2017 その-..+ 911
21フィリピンの暑さと他の国..+ 892
22ニノイ・アキノの日と日本..+ 887
23セブで使うデジタル・カメ..+ 870
24《雇用》 ミンダナオ島の..+ 858
25バタネス紀行 2017 その-..+ 857
26セブで日本軍が降伏した場..+ 851
27バタネス紀行 2017 その-..+ 830
28【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 734
29バタネス紀行 2017 その-..+ 725
30バタネス紀行 2017 その-..+ 720
31バタネス紀行 2017 その-..+ 710
32【老害】 2019年選挙の候補..+ 673
33【行事】 2018年ミス・セブ..+ 659
34マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 652
35【観光】 遅きに失す よ..+ 642
36マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 614
37バタネス紀行 2017 その-..+ 614
38マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 513
39バタネス紀行 2017 その-..+ 467
40【深謀】 政府要職に軍と..+ 411
41【不満】 進まぬ復興事業..+ 384
42《微増》 1日当たり25ペソ..+ 325
43【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 283
44バタネス紀行 2017 その-..+ 279
45バタネス紀行 2017 その-..+ 250
46マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 231
47マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 217
48バタネス紀行 2017 その-..+ 201
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:737,906 今日:54 昨日:285
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.