フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで見かける古い車 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで見かける古い車
 

 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。

【写真-1】 



 近くにセブ市内を並行に走る幹線道路を繋ぐ道路があって、数年前には信号のある交差点から100mも車は繋がらなかったが、今は500m以上も車が繋がり排気ガスは充満し、沿道は人間の住む所ではない様相になっている。


 これはフィリピンの所得が上がっていること、といっても海外で働いているフィリピン人労働者からの送金が主で、また自動車購入で銀行側がローンを組み易くしたことなどが挙げられる。

 フィリピンには車検などないし、自動車購入時に支払う税金や年間登録料など非常に安くて、車所持に経費が安いのも車の激増に拍車をかけている。また、車を買い替える時、前の車は下取りに出すかスクラップにすることも多いが、フィリピンはスクラップにされる車などほとんどなく、乗れる限りは直し直し乗るから車は減らない。

 そのため、フィリピンでは20年くらい古い年式など普通に走っていて、10年前くらいの前の型はまだ新車という国柄である。と書く拙宅には車が2台あって、1台は1997年に購入したトヨタの車が健在で、あまり動かさないが時々エンジンをかけて近くを走っている。

 もっと前には1969年式のフォルクスワーゲンをセブで10年以上使っていて、そういう古い車がフィリピンには現役で走り、時々、街中でそういった車を見かけることがある。

 写真-1は最近見かけた車で、車高のずいぶん低い車だなと思って前を見ると、『NISSAN』のエンブレムがフロントにあった。ワゴン車とも今流行のSUVともいえない変わったデザインで、珍しい車種と思って調べてみた。

 それで分かったのは1994年から発売された『日産・ラシーン』であり、当時としては進んだSUVの四輪駆動車で、2000年まで生産、販売された。わずか6年間の生産なので、デザインは途中変わらず、写真の車はドアの下部に錆が浮いているものの発売当時の原型を保っている。

【写真-2

 写真-2はラシーンの後部の様子で、上下に開くリア・ドアも珍しいが後部に積んだタイアなど、今の主流になっているSUVデザインの先駆的な採り入れ方である。このラシーンという車種は日本の中古市場でも人気があって、20万円から80万円の範囲で出回っている。

 しかし日本は車検の関係で古い車を持つのは大変で、やはり昔話になってしまうが、日本でフォルクスワーゲンに乗っていた時期があって、これは6ボルトのバッテリー、給油はボンネットを開けて給油する何とも旧式な車であったが、愛着は強かった。

 10数年維持したが、毎年車検とどこかしら故障が出てその修理費も大きくいつも持ち込む修理屋の『新車買った方が安いよ』の言葉でようやく廃車にした。

 写真のラシーンはまだ生産から20年足らずで、フィリピンではそう古い車とはいえず、セブで古い車の記憶といえば『ヨタハチ』と呼ばれた白い『トヨタスポーツ800』をガソリン・スタンドで見たことがあり、生産から半世紀以上経っている名車になるが、いつの間にかセブのヨタハチは見かけなくなった。

 いすずの『117クーペ』もセブで見たことがあり、この車はイタリアのジウジアーロが半世紀前にデザインした名車だがやはり見かけなくなった。


ホンダの最初のスポーツ・カーになる『S500』もセブ島の北の方で走っているのを見たことがあって、かなり改造されていたが、こちらも生産開始は半世紀前である。

 このように割合古い車が普通に走っていることが、フィリピンの良さともいえるが、かつて乗っていたフォルクスワーゲンにはクーラーは最初からなくて、今思えばこの暑いセブで良く乗っていたなと思う。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/04/03 (火)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    パラワン島は列島から離れているために開拓されていない所が多く、少し前には裸で暮らす少数民族が存在すると話題になった。しかし、エル・ニドへ向かう幹線..   | 2019-03-22
 3月11日、セブのリゾート施設が集中するラプラプ市で凄惨な事件が起き、地元は蜂の巣を突っついたように大騒ぎになっている。  【写真は事件のあったマクタン島を飛行場着陸直..   | 2019-03-19
【写真-1】    プエルト・プリンセサからエル・ニドまでは陸路で6時間前後かかる長丁場。ホテルを早く出て、写真-1のトライシクルでバス・ターミナルへ。朝早いので交通量..   | 2019-03-16
 犯罪を中心に何でも有りのフィリピンでは、昔から先にやった方が勝ちという世界で、今年の5月13日に投票される全国選挙に向けて、候補者連中とその取り巻きは選挙違反という言葉な..   | 2019-03-13
【写真-1】    ホテルからの出迎えの車が来ないのでトライシクルを捉まえるが、観光客と見るとボッタくり。少し離れた場所から通常値段で写真-1のホテルへ。空港から5分ほ..   | 2019-03-10
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは、正副大統領を除く上下院議員、自治体首長、自治体議員の選挙が行われ、全国区の上院議員と政党別比例選出下院議員は投票日3ヶ月前に入っ..   | 2019-03-07
【写真-1】    初めてパラワン島へ行ったのはもう20年以上前になるが、その時はパナイ島のイロイロ経由でセブからパラワン島のプエルト・プリンセサ空港には直行便は就航し..   | 2019-03-05
フィリピン南端にあるミンダナオ島は資源に恵まれ、台風の襲来も少なく農業に適し、日本へ輸出されるフィリピン産バナナやパインアップルの大農場に日本の資本が入り開発、運営され..   | 2019-03-01
 台湾へ今年2月下旬に一週間ほど家人と旅行へ行く計画を半年以上前に立て、飛行機のチケットを早々と購入していた。 今までセブから台湾へ行くにはマニラで乗り継がなければなら..   | 2019-02-27
 フィリピン現代史に特筆される『エドサ政変』は1986年2月にあり、この政変は『エドサ革命』と称する向きもあるが、革命とは体制が引っくり返ることを言い、旧体制は温存された結果..   | 2019-02-24
12345678910,,,137
    
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53《麻痺》 理由は何とでもつけ..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4850
《麻痺》 理由は何とでも..+ 4595
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 3992
《人口》 婚外子が半数以..+ 3947
《御用》 フィリピンに逃..+ 3351
【不振】 新車の売れ行き..+ 3322
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 2995
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2847
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2356
【影響】 韓国造船大手の..+ 2093
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2072
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2041
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2000
セブでパスポートを更新す..+ 1976
バタネス紀行 2017 その-..+ 1953
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1904
バタネス紀行 2017 その-..+ 1875
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1671
【資本】 全日空がフィリ..+ 1630
【選挙】 上院候補者支持..+ 1472
21【調査】 世界最長 フィ..+ 1451
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1451
23【解禁】 資金力と知名度..+ 1421
24【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1412
25バタネス紀行 2017 その-..+ 1309
26【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1253
27【苦境】 2018年新車販売台..+ 1216
28パラワンからセブに帰る飛..+ 1202
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1069
30バタネス紀行 2017 その-..+ 1047
31セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1018
32《強行》 農民切り捨てに..+ 964
33バタネス紀行 2017 その-..+ 888
34セブのシヌログとアメリカ..+ 832
35《起工》 フィリピン最初..+ 795
36【前進】 イスラム自治政..+ 763
37《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 747
38セブで打つテニスと大坂な..+ 697
39《頭打》 売れ行き不振続..+ 692
40バタネス紀行 2017 その-..+ 682
41《責任》 ワクチン接種を..+ 669
42バタネス紀行 2017 その-..+ 647
43《予測》 2019年経済成長率..+ 570
44セブで過ごす 『春節』+ 568
45フィリピンの今年は選挙年+ 476
46フィリピンの喫煙と禁煙+ 405
47《富豪》 フィリピンから17..+ 404
48セブでヴァレンタイン+ 374
49《統計》 人口爆発止まら..+ 327
50セブから直行便で行く台湾+ 275
51《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 183
52《断水》 マニラ首都圏の..+ 146
53《発車》 泥縄の日本への..+ 55
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,378 今日:31 昨日:175
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.