フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで食べるファースト・フードと経済 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで食べるファースト・フードと経済
   

 メトロ・セブ(セブ都市圏)という東海岸側のセブ市を中心に近接する市と町の集まった連合組織があり、広域で何かをやっているのであろうが何をやっているのか分からず、タガログ族のマニラ首都圏に張り合ってヴィサヤ族が形だけ作ったような気もする。




 セブ都市圏の人口は300万人を超え、セブ島は一島が一つの州となっていて、その人口は400万人だから州内人口の4分の3が集中し、郊外に出れば結構な田舎の広がりが大部分のセブ島でも都市化が進み、格差も進んでいる。

 都市圏を形成するその一つに『コンソラシオン』という町がセブ市の北にあり、セブ市から車で普通に行けば15分もかからないはずだが、どこを通っても今は普通でない慢性的な渋滞だらけで3倍くらいの時間がかかる。

 フィリピンは町といっても日本の市を軽く凌ぐ人口を持ち、コンソラシオンは現在14万人を超える。この町にはセブで2番目になるショッピング・モール最大手のSMがなぜかあるが、まだ集客数は少なく駐車場は開業以来無料が続いている。

 この町には昔ながらの市場があって、時々墓参りの帰りなどに寄って魚や野菜を買うことがあり、市場の雑然とした感じは悪くはない。それが最近、市場の前にショッピング・モールが出現し、市場の買い物ついでに昼時でもあったので中に入った。

 モールが出来る前はこの敷地は何だったかなと思い出せなかったが、モールの名前は『City Mall』といって、最近耳にする名前だが、コンソラシオンのモールは運営会社が2015年に作ったものでこの会社はフィリピン全土に100のモールを開業する計画を持つ。

 その1号店はパナイ島のロハス市に2015年に作り、現在、全国で25店ほど開業していて、コンソラシオンのモールは2番目というから、かなり重要視された感じもあるが近くにSMのモールもあり、場所も市場前とはいえ少々幹線道路から中に入るため地の利も良くない。

 それにしても1号店がパナイ島のロハス市とはずいぶん田舎だなと思って調べたら、運営会社はダブルドラゴンという不動産開発を手掛ける会社で、モールも事業の一つになっていて、創業者がパナイ島の中心イロイロ出身と分かった。

 ちなみにロハス市というのはフィリピンの初代大統領であったロハスの出身地で、元の名前は州名と同じカピスであったが、1951年に町から市に昇格した時ロハスを称えるために改名した。

 こういう事例はたくさんあるが、あまり政治家の名前を自治体名に付けるのは感心しないし、反対派が政治を牛耳れば敵対する相手の名前など呼びたくなく泥試合になるのではないか。

 ついでに書いておくと、ロハスの孫も有名な人物で、2010年の正副大統領選にはアキノと組んで副大統領選に出たがロハスはまさかの次点で落選。2016年には大統領選に出たがこの時は健闘したものの次点であった。

 

そのため選挙には弱いと見られ勝ちだが、以前の上院選では大量得票でトップ当選した実績もあり人気は高い。妻は有名なテレビ・タレントで、しかもロハス自身はケソン市の商業地区に広い土地を持つ財閥の御曹司で、このように三拍子そろった人物でも落選するのは、あまりに毛並みが良過ぎて選挙民が嫉妬したためともいわれている。

 さて、ダブルドラゴン社の創業者はパナイ島出身だが、こういった事業をするのはほとんどが中国系で、創業者もやはり中国系の家系だが母親が日系のフィリピン人というのが他の中国系実業家とは毛色は少々違うが、商売の仕方は中国系と全く変わらない。

 と長々と書いているが、ダブルドラゴン社の株の3分の1ほどを所有しているのが、その(6)で書いたジョリビーの創業者で、いわばジョリビーの身内のような会社である。

 そのためか、昼を食べようと入ったモール内の入り口にジョリビーが傘下に収める店が軒を連ね、客席などもモールの大部分を占めるような有様だが、客の入りは昼時でもパラパラという感じであった。

 その一つに『チョーキン』があり、写真の向こうに写るカップに書かれているように漢字では『超群』と書き、ジョリビーはハンバーガー紛いで国内ファースト・フード業界を制圧しているが、チョーキンは中華専門部門になる。

 

この他、ピザの『グリーンウィッチ』、ケーキの『レッド・リボン』、他にバーベキュー専門店など上手に住み分けて商売をし、店舗数は合弁を含めると世界では3500店舗を超すから相当なものである。

 チョーキンには10年ぶりかそれ以上行っていないが、以前よりだいぶやり方が変わり、かつては中華専門店らしく単品の品物をメニューに載せていたが、今はそういった単品物は姿を消し、いくつかの品物を組み合わせたセット物ばかりになっていた。

 これは単品を入れるとその注文が面倒臭くその手間が省けるし、セットにしてしまえば自然と客単価が上がるということでメリットは大きく、実際セットメニューの値段は高いのでは思った。

 この手の店に入ると小生など何を選んで良いのか困るが、これはどこの店も鳥や豚の肉中心メニューであるし、必ず付いてくるコーラなどの甘い炭酸飲料など、あんなものが食事時に飲めるなと見たくもない物ばかり。

 

それでも写真の『パンシットカントン』を頼むが、このパンシットカントン、カントンと名前が付いているように中国の広東料理と関係があるのかどうかは分からないが、早くいえばフィリピン風焼きそばになる。

 

昔、ミンダナオ島で仕事をしていた時、日本から来た技術屋がフィリピンの食事は油濃くて食べられないと文句を言っていて、唯一このパンシットカントンを日本の焼きそばと同じだと食べていたのを想い出す。

 

ただし、焼きそばといっても日本のソース味ではなく醤油に近い味付けで、写真の皿の右端に見える緑色はカラマンシーといってライムより少々癖のある柑橘になり、これはフィリピンでは多くの料理に添えられていて、これをギュッと絞って料理にかけて食べる。

 

酸味を加えて味に変化を付けるのだろうが、小生など元々フィリピン料理は味付けが濃く、塩気がきつく酸味でその塩辛さを消しているのではないかと思うし、実際麺をそのまま食べると麺そのものにかなりの塩気が効いている。

 

 さて、頼んだパンシットカントンだが、どういう訳か出て来るまで時間がかかり、しかも冷たかった。どう見ても忙しいとは思えず、出来上がった料理をそのまま店員が出すのを忘れたためではないかと思うが、そういう仕事の無責任さというのが多いフィリピンだからこちらも慣れている。

 

 具に小エビがいくつかと魚肉ボールとキャベツと人参が入っていたが、これで熱かったら悪くなく、食事代わりにはもう少々量が欲しい所だが、この手のファースト・フード店のメニューで満足を求めるのが無理な話か。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/04/26 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 4月から5月にかけての日本の長い連休は『ゴールデン・ウィーク』と名付けられているが、これは和製英語で海外では全く通じないし、他の国はこの時期は連休などなっていない。 ..   | 2018-05-21
【写真-1】     昼食を海辺の素朴なレストランで取った後、サビドゥグの集落を抜けると写真-1のような割合平らな場所をトライシクルは進む。島の平地は畑地になりそう..   | 2018-05-19
 世界には満足に食べられない人が何億人もいるのが現実で、このフィリピンでもアセアン域内で経済成長率は高いものの、飢えている人が何百万人もある。  しかも、1日でも飢え..   | 2018-05-16
【写真-1】     サブタン島中心のシナカン集落に戻り、今度は反対側になる東海岸最奥の集落へ向かう。写真-1はシナカン集落の東側の外れで、左に見える島はバタン島。..   | 2018-05-14
 セブで『盆踊り』と称したイヴェントが行われるのは今年で5回目だという。そういう催しがあるのは知っていたが、あまり興味はなく1度も行ったことはない。しかし今年は拙宅から歩..   | 2018-05-11
【写真-1】     写真-1は前の写真に続く道の下の方から写していて、左に湾があり、右側は道一本残して崖が切り立つ。正面の家は椰子の木が植えられ眺望は良く、造り方..   | 2018-05-10
 写真-1は2013年4月14日に写した。撮影時期は今から5年前の同じ頃になるが、中央に白っぽい花を付けたこの樹は今はない。 【写真-1】  この通りは渋滞と日本食レストランの多い..   | 2018-05-08
【写真-1】     ナカムアンの先には『SUMNANGA(スムナガ)』集落があり、写真-1のイヴホス島を見ながらトライシクルは進む。江戸時代の日本の難破船乗り組み員は最初スム..   | 2018-05-03
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-04-30
【写真-1】     ナカムアン集落の人口は150人ほど。一世帯当たり4人と見て40世帯くらいの小さな集落だが、写真-1のように結構立派な小学校がある。人口も若干増えている..   | 2018-04-28
12345678910,,,130
    
ニュース コラム ライフ
セブの今年のゴールデン・ウィ..
《杜撰》 保守管理を怠ったMRT..
《流血》 バランガイ選挙終了..
バタネス紀行 2017 その-(36..
《拒否》 1521人がフィリピン..
セブで食べる或る日の夕食
《利権》 セブ市の大型リゾー..
《銃撃》 セブ島で 麻薬組織..
バタネス紀行 2017 その-(35..
《巧妙》 反ドゥテルテの最高..
セブで開かれた今年の盆踊り
《虐待》 日本人運営のフリー..
バタネス紀行 2017 その-(34..
《癒着》 身内に便宜を図った..
セブに咲く桜紛いの樹
《激突》 マニラ国際空港拡張..
《口先》 悪しき労働契約の改..
バタネス紀行 2017 その-(33..
セブで飲むフード・コートのコ..
【激減】 2017年度司法試験 ..
21バタネス紀行 2017 その-(32..
22【順位】 フィリピンの報道の..
23セブで食べるファースト・フー..
24【激増】 フィリピン国内も ..
25バタネス紀行 2017 その-(31..
26【実相】 国内最高クラスのホ..
27【犯罪】 保険金殺人か フィ..
28セブ島最北の 『ジョリビー』..
29【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
30バタネス紀行 2017 その-(30..
31【数字】 2018年度国内総生産..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【是正】 配車サービス『グラ..
34セブで読む『鬼平犯科帳』
35バタネス紀行 2017 その-(29..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
38セブで見かける古い車
39【予定】 マクタン・セブ国際..
40バタネス紀行 2017 その-(28..
41【投票】 2016年副大統領選の..
42【便乗】 フィリピン人が日本..
43【打撃】 環境汚染で ボラカ..
44【常連】 2016年のミス・ワー..
45【病巣】 フィリピンを食い物..
46【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
47【予測】 インフレ率急上昇 ..
48【色気】 独裁者マルコスの娘..
49【判決】 85歳のオーストラリ..
50【標的】 日系企業に対して労..
51【最多】 エイズ新規感染者 ..
52【現実】 汚職追放は掛け声だ..
53【投資】 都市部を中心に急増..
54【環境】 ボラカイもマクタン..
55【評価】 アメリカの情報機関..
56【祭典】 参加してもフィリピ..
57【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
58【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
59【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
60【時代】 劣悪なジプニーが消..
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【時代】 劣悪なジプニー..+ 3204
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 3064
【評価】 アメリカの情報..+ 2851
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2774
【環境】 ボラカイもマク..+ 2722
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 2583
【病巣】 フィリピンを食..+ 2462
【最多】 エイズ新規感染..+ 2385
【現実】 汚職追放は掛け..+ 2307
【祭典】 参加してもフィ..+ 2305
【色気】 独裁者マルコス..+ 2194
【判決】 85歳のオーストラ..+ 2118
【投資】 都市部を中心に..+ 1972
【標的】 日系企業に対し..+ 1919
【犯罪】 保険金殺人か ..+ 1783
【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1769
【予定】 マクタン・セブ..+ 1749
【予測】 インフレ率急上..+ 1691
【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1648
【便乗】 フィリピン人が..+ 1640
21【投票】 2016年副大統領選..+ 1458
22【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 1451
23【打撃】 環境汚染で ボ..+ 1398
24【激増】 フィリピン国内..+ 1356
25【是正】 配車サービス『..+ 1246
26【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 1127
27ボラカイの海は『汚水溜め..+ 1099
28【実相】 国内最高クラス..+ 986
29小さな旅 ボホール島篇 20..+ 899
30プーケットの古本屋+ 885
31小さな旅 ボホール島篇 20..+ 875
32セブは晴れ 日本は大雪+ 870
33セブの3月はいつも通り猛暑..+ 868
34バタネス紀行 2017 その-..+ 863
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 860
36フィリピンも参加した平昌..+ 843
37【数字】 2018年度国内総生..+ 836
38俳優の死と墓+ 818
39【順位】 フィリピンの報..+ 813
40バタネス紀行 2017 その-..+ 813
41バタネス紀行 2017 その-..+ 809
42《口先》 悪しき労働契約..+ 793
43《激突》 マニラ国際空港..+ 792
44バタネス紀行 2017 その-..+ 790
45セブの生命力ある樹+ 785
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 785
47【激減】 2017年度司法試験..+ 779
48バタネス紀行 2017 その-..+ 752
49小さな旅 ボホール島篇 20..+ 708
50《虐待》 日本人運営のフ..+ 663
51セブのフード・コートで飲..+ 656
52バタネス紀行 2017 その-..+ 632
53セブで食べるファースト・..+ 562
54《拒否》 1521人がフィリピ..+ 556
55《癒着》 身内に便宜を図..+ 522
56《巧妙》 反ドゥテルテの..+ 451
57《銃撃》 セブ島で 麻薬..+ 391
58《利権》 セブ市の大型リ..+ 310
59《流血》 バランガイ選挙..+ 87
60《杜撰》 保守管理を怠っ..+ 16
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:706,144 今日:128 昨日:147
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.