フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フィリピンの暑さと他の国では - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  フィリピンの暑さと他の国では
   

 『暑いと言うから暑くなる』と、『暑い時には暑いと言わない』などと暑さも気の持ちようで何とかなると言われ、それもそうかなと思いながらも、さすがに日本で観測史上最高の41.1度を記録したと聞くと、そんな精神論など何にもならない。


 41.1度を記録したのは埼玉の熊谷で、同地は暑さ日本一を売り物にするくらいだから驚かないが、東京の青梅で東京では史上初めて40度を超えた40.8度を記録したから尋常ではない。

 青梅は山間に開けた町で多摩川の渓谷の涼を求め何度もハイキングで訪れたこともあり、どう見ても暑くなりそうな土地と思えないし、実際、例年の平均最高気温では8月に30度を少々超えるだけで、あとの月の気温の動きは都内と変わらない。

 かつての日本は30度を超えたらニュースになり、『熱帯夜』の注意が流れたが、今は40度近くが当たり前になって熱帯夜など話題にもならないし、子どもの頃は『日射病』に注意と教えられたが、今は『熱中症』云々となった。

 写真はフィリピン最北の島々のある『バタネス』へ行った時、中心地のバスコにある気象観測所を訪ね、その構内で見た『百葉箱』で、小学生の頃校庭にあった百葉箱で温度と湿度を計っていたのを想い出し懐かった。

 コンピューター時代でも気温と湿度は百葉箱が基準になっていて、ここで計る気温は実際の街中の気温より510度は違い、ニュースで発表される気温にかなり下駄を履かせないと実感気温にならない。

 今年のこの異常な気温が今年に限ってなのか、このまま日本の夏は40度前後になるのか分からないが、どう見ても過ごし易い気温に落ち着くとは思えないし、確実に地球温暖化の波は進んでいる。

 フィリピンの場合は年中30度台前半だから、あまり暑いの寒いのという話題はなく、それでも年間を通すと4月は一番暑くなる時期で、この時期は暑さに慣れているフィリピン人でもさすがに暑いとボヤいている。しかし、陽が落ちれば昼間の暑さを忘れる気温になり、セブのように海辺の街はかなり涼しくなる。

 実際、拙宅では昼間はドアや窓は全開だが、就寝時には窓をかなり閉める。この気候から、夏休みに酷暑の日本を逃れてセブのリゾートへ遊びに来た観光客はあまりのセブの涼しさにビックリしているのではないか。

 アフリカには3年住んだが、住んだ国は内陸国の『ザンビア』で標高が1200メートル以上の高地にあるため、暑いアフリカの印象から外れるものの、年間を通じての寒暖差は大きい。

 この国は乾季と雨季が1年間をはっきり二分し、暑い時期は40度近くに気温は上昇するが、湿度が低いために日向に出る以外は気にならないし、寒い時期は炭で暖を取る必要があるくらい寒くなる。

 住んだ最初の年はあまりの冷え込みに日本から電気炬燵を送ってもらおうと本気に考えたが、アフリカで電気炬燵が必要など日本では誰も信じないだろうと思って止め、机の周りに毛布を張ってその中に炭火の入った缶を置いて炬燵の替わりにした。

 アフリカで体験した暑さの記憶では、ザンビア南部から西部に抜ける旅行をした時に、独立前のナミビアの国境近くでヒッチハイクをしたが、その辺りは疎らに低い木が生えているだけで木陰は全くなかった。

 その場所は国境の要路に当たり、やはりヒッチハイクをする現地の人は多く、朝早くから混じって車が来るのを待ったが、太陽が昇るとナミビアの方から熱風が吹き出してくる。

 これは砂漠を超えてくる風なのでその暑さはドライヤーの熱い風と同じで、背負っていたザックを地面に降ろしてそれを盾にして寝転がってただひたすら耐えた。

 半日以上待ってようやくトラックの荷台に乗れて旅を続けられたが、あのヒリヒリと肌を刺激するナミビア砂漠の熱風は今だ忘れられない。

 暑さといえば都度書いているが、ラオス・ヴィエンチャンに住んだ時に、タイ、ラオスのあの辺りの4月は相当暑いと知っていて、そのために『水かけ祭り』がこの時期にあると理解していたが、フィリピンの一番暑い時期の4月の比ではない暑さであった。

 このため、あまりクーラーの好きではない小生でも、朝からクーラーを回す事態になったが、こんなことは今までで初めてのことで、だいたいセブの拙宅ではクーラーなしで過ごせている。

 このように暑さでたまらないヴィエンチャンであったが、内陸部にあるため暮れ正月の前後はかなり寒くなり、厚手のジャンパーにマフラー姿の人も見かける。

 猛暑、暖冬と地球の気候サイクルが狂っているのではないかと指摘されているが、小生自身、年齢的にも暑さと寒さに適応して来なくなったのもあってか、年々辛くなっているのも事実である。

 それにしても夏は暑く、冬は寒く過ごす日本の気候はそれなりにメリハリがあって良いと思うが、そのメリハリも零度以下から40度を行き来するようになると振れが大き過ぎて住み良い国とはならなくなる。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/08/12 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    今年最後の台風がパラワンに近づいていて天気は不安定だが、今日は持ちそうなのでバイクを借りて他のビーチへ行くことにする。写真-1は潮の引いた湾の様子..   | 2019-05-02
 日本は人口減少、少子高齢化時代に入って政府、マスコミは騒いでいるが、こんなことは何十年も前から分かっていたことで、そういった長期的な視野、展望を持たないのが日本の特徴..   | 2019-04-29
【写真-1】    エル・ニドの最初の夜は外食をと夕闇の中、町の方へ海岸伝いに歩いて行く。写真-1は後日写したものだが、海岸沿いにレストランが並び、観光客がたむろして..   | 2019-04-26
 ここ5、6年くらいの間に、セブにオートバイが増えた。これはセブに限らず、フィリピン中にオートバイは増え続けていて、オートバイ販売店や関連部品を売る店はどんな小さな町に行..   | 2019-04-18
【写真-1】    あれほど土砂降りであった天気も、ホテルに着き荷物を降ろし休んでいる内に小止みになり外へ出られるようになった。写真-1はホテル前の前方海に浮かぶ島で..   | 2019-04-15
 元号など無縁のフィリピンに住んでいると、4月1日の新元号発表時の日本の馬鹿騒ぎ、特にマスコミと称する連中の態度など『翼賛』そのもので『何だこれは』と思うばかり。   ..   | 2019-04-12
【写真-1】    海岸に出たら道は途絶えていて、トライシクルは砂浜に車輪に取られながら走る。写真-1のように排水口が川のように流れていてトライシクルがそこを越せず、..   | 2019-04-04
 3月になり日本の桜の開花がニュースが流れると、この時期だけは日本へ行ってみようかという気は起きるが、日本へ行くよりほかの国へ行った方が良いという気持ちが勝っていて、具..   | 2019-04-02
【写真-1】    右へ行くとタイタイ町、左へ行くととエル・ニドへ行くロータリーの上で見かけたのが写真-1。これは地元の政治屋連中の看板で、2019年5月に選挙があるのでフィ..   | 2019-03-29
 フィリピンは日本同様、四方を海に囲まれているので魚介類を食べ、イワシやカツオといった日本でもお馴染の魚も獲れるが、水温が高いために脂の乗りは今いちで、少々物足りない味..   | 2019-03-27
12345678910,,,138
    
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【待遇】 アメリカを目指す ..
フィリピンの結婚適齢期と婚外..
【競争】 日本企業の好感度 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【報道】 一族の資産疑惑追及..
セブで激増するオートバイ
【発掘】 フィリピン北部で ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【鈍化】 2019年の成長率 世..
セブで聞く新元号
《成果》 2018年の犯罪件数は..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《弾圧》 セブ島隣の島で 軍..
セブで過ごす読書好日
《観光》 セブ・マクタン島に..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《選挙》 事前運動花盛りの中..
セブで食べるシー・フード
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
21《発車》 泥縄の日本への特定..
22セブ・マクタン島で起きた凄惨..
23《断水》 マニラ首都圏の水不..
24パラワン島/エル・ニド紀行 ..
25《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
26フィリピン選挙ラプソディー201..
27《統計》 人口爆発止まらず ..
28パラワン島/エル・ニド紀行 ..
29《富豪》 フィリピンから17人..
305月13日の選挙とマルコス一族
31《予測》 2019年経済成長率 ..
32パラワン島/エル・ニド紀行 ..
33《責任》 ワクチン接種を巡っ..
34ミンダナオ島の不安定要素
35《起工》 フィリピン最初の地..
36《頭打》 売れ行き不振続く ..
37セブから直行便で行く台湾
38【前進】 イスラム自治政府設..
39フィリピン現代史『エドサ政変..
40《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
41《強行》 農民切り捨てにつな..
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《起工》 フィリピン最初..+ 3146
《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 2877
《富豪》 フィリピンから17..+ 2830
《強行》 農民切り捨てに..+ 2823
《頭打》 売れ行き不振続..+ 2704
《責任》 ワクチン接種を..+ 2632
【前進】 イスラム自治政..+ 2630
《断水》 マニラ首都圏の..+ 2541
《統計》 人口爆発止まら..+ 2520
《予測》 2019年経済成長率..+ 2436
《発車》 泥縄の日本への..+ 2346
《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 2333
《弾圧》 セブ島隣の島で..+ 1997
《成果》 2018年の犯罪件数..+ 1772
《観光》 セブ・マクタン..+ 1766
《選挙》 事前運動花盛り..+ 1418
セブ・マクタン島で起きた..+ 1353
5月13日の選挙とマルコス一..+ 1315
【発掘】 フィリピン北部..+ 1282
パラワン島/エル・ニド紀..+ 1092
21フィリピン選挙ラプソディ..+ 1075
22【報道】 一族の資産疑惑..+ 1041
23パラワン島/エル・ニド紀..+ 964
24セブでヴァレンタイン+ 933
25パラワン島/エル・ニド紀..+ 929
26フィリピンの喫煙と禁煙+ 914
27セブから直行便で行く台湾+ 861
28セブで食べるシー・フード+ 859
29パラワン島/エル・ニド紀..+ 856
30ミンダナオ島の不安定要素+ 828
31【鈍化】 2019年の成長率 ..+ 821
32フィリピン現代史『エドサ..+ 814
33【競争】 日本企業の好感..+ 788
34パラワン島/エル・ニド紀..+ 761
35セブで過ごす読書好日+ 742
36パラワン島/エル・ニド紀..+ 729
37セブで激増するオートバイ+ 657
38セブで聞く新元号+ 578
39パラワン島/エル・ニド紀..+ 566
40【待遇】 アメリカを目指..+ 521
41フィリピンの結婚適齢期と..+ 500
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:775,888 今日:28 昨日:128
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.