フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ニノイ・アキノの日と日本の完全試合の日 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  ニノイ・アキノの日と日本の完全試合の日
   

 35年前の1983821日、マニラ国際空港に到着した中華航空機から降りた、当時の独裁者マルコスの政敵『ベニグノ・アキノ元上院議員』が暗殺された日で、これより1986年のマルコス政権崩壊への『エドサ政変』に繋がった。


 【写真はエドサ政変の舞台にもなったフィリピン空軍基地】



 その後、この日はフィリピンの記念日となり、特別休日となっている。フィリピンは祝日で休み、祝日だが休みではない日と、大統領が特別に定める特別休日というのがあって、特に特別休日は大統領の気分で決めることが多く、突然ある日が休日になってしまい、数日前に発表などという例も珍しくない。

 しかし、先日2019年の祝祭日、休日が発表され、このように事前に発表することで混乱を回避しようとしつつも当たり前のことで、まだ大統領の気分次第で特別休日が追加される余地は残されている。

 その821日について、日本では1957年のこの日に野球で大記録が生まれている。大記録とは金田正一投手が中日相手に『完全試合』を成し遂げたことで、完全試合とは今更説明するまでもないが、9回を打者27人で投手が1人もベースを踏ませることなく、長い日本のプロ野球の歴史の中で今までに15度しか達成されていない。

 金田は背番号34番を背負い、今はなくなってしまった『国鉄スワローズ』のエースとして活躍した。国鉄とあるように今のJRの前身の『日本国有鉄道』がプロ球団を持っていたというのも時代ではある。

 しかし実際は国鉄が持っていた球団ではなく、国鉄関係の私企業などが出資して作った『株式会社国鉄球団』がオーナーとなり1950年に発足。その後、オーナーは1965年に産経新聞とフジテレビに、1970年にヤクルトに変わり、スワローズの名前は一時消えたが、1973年に復活し現在に至る。

 金田が入団したのは1950年の球団発足時で、それから1964年まで在籍し、スワローズというセリーグの万年最下位球団の中で数々の大記録を打ち立てている。

 今の投手は投球回数とか投球数とかかなり管理されていて、ひとシーズンに20勝以上を上げるのは難しいが、かつては『鉄腕』という言葉が当たり前で20勝投手になって投手はエースと呼ばれたように酷使され、また酷使されても当たり前の時代であった。

 金田は14年間連続20勝以上を弱小球団で成し遂げ、30勝以上の年も2度あり、通算勝利数は400勝と驚異的で、今は200勝を上げれば名投手といわれる時代だからこの数字は凄い。また奪三振でも一時は世界記録として残る4490を記録している。

 さて、完全試合の話しに戻るが、日本で最初に完全時代を成し遂げたのは19506月、巨人の藤本英雄で相手は西日本40という記録になっている。この年は金田がスワローズに入団した年で、この記録に触れて『いつかは俺も』と思ったのではないか。

 完全試合は過去15度あったと書いたが、その最後は19945月、巨人の槙原寛己が広島相手で達成60であった。1994年というのは平成6年になり、来年の平成31年で平成の元号は終わるから、このまま行けば槙原の記録は平成唯一の完全試合として記憶されそうだ。

 そのくらい難しい記録の完全試合だが、金田は4番目の達成者になり、相手は中日で10だが、この試合、9回に40分以上中断する事態もあったが、金田は動じることなく記録を作った。なお、金田は左腕であり、左腕で完全試合を成し遂げたのは金田だけという記録もある。

 金田の完全試合のあった時は夏休みであり、この時小生は父親に連れられて山梨県の大菩薩峠登山をしていて、大菩薩のランプの山小屋に泊まり、霧の中を歩いたりして、子どもなりに登山体験を楽しんだ。

 登山を終えたその帰りの中央線の車内でスポーツ紙1面に大きく、金田の完全試合が報じられていたのを見たことで、野球少年であった小生は興奮したことを覚えている。

 野球少年と書いたが、当時、少年のするスポーツは野球一色で、放課後や休みの日はチームを組んで荒川放水路のグラウンドに行き、対戦チームを見つけては試合をやって、勝った負けたと騒いでいた。

 当時の金田は憧れの存在で、母親に縫ってもらったユニホームの背中には『34』を付け、ピッチャーをやっていた。そういった憧れの金田であったが、1965年にスワローズを退団して、巨人に移籍した時はガッカリし、金田への憧れは全く消えてしまった。

 金田は弱小のスワローズで投げてこそエースであり鉄腕であったが、巨人という自惚れたチームでは何の面白味はなく、ちょうど年齢的なものもあって野球自体に興味を失ってしまった。

 その金田、もう亡くなっていると思っていたら、まだ存命で今年85歳という。好き嫌いはともかく、プロ野球の歴史を作った人物に間違いなくその健在ぶりを良しとしよう。

 


Updated: 2018/08/27 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 日本独特の元号はその時代の日本を知るには良いが、西暦という統一されたものを使用した方が簡単、便利で、最近は役所提出の書類でも元号でも西暦でもどちらでも良いのが増えてい..   | 2019-01-18
【写真-1 湖の周りは自然保護区らしいが開発は進んでいる】  ルソン島の山岳部を抜けると飛行機は高度を落とすが、写真-1では眼下に複雑な形のする湖が見える。これは『ラ・..   | 2019-01-15
【写真-1 人の手の入っていない海岸線が伸びる】   バタネス諸島と書いているが、ルソン島までにはバリンタン諸島、バブヤン諸島があり、写真-1はバリンタン諸島最大のバ..   | 2019-01-13
 パラワン島へ旅行をした。パラワン島というのは南シナ海の真っただ中、フィリピンの最西端に位置する細長い島で、長さで比較するとセブ島の2倍以上あり、言語的には中央タガログ..   | 2019-01-09
【写真-1 管制維持も大変】   今日はマニラへ帰る日。写真-1はバスコ飛行場の管制塔で、3階建ての一番上に茶色く見えるのは、先年の台風で破られたガラス窓を塞いでいる取..   | 2019-01-06
【写真-1 少々笑える崖に穿たれた道路標識】   東海岸の穴場で時間を過ごして、またバスコの町へ戻る。写真-1は左手側の下側には海が広がる道の崖で見た『BLOW UR HORN』の標..   | 2019-01-04
 来年の2月でパスポートの有効期限が切れるので、12月21日(金曜日)にパスポートを更新するために、セブの人間が勝手に領事館と名付けている在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官..   | 2018-12-22
【写真-1 バスコにはガソリン・スタンドはここだけか?】   最北の島イトバヤット島へ行けず、1日時間が空いたので前に通り過ぎた西海岸の淵で泳ごうとトライシクルに乗る..   | 2018-12-19
1928年に竣工した6階建ての『ファースト・ユナイテッド・ビル』は、マルコス時代の政商で、エドサ政変でアメリカに逃げたのにいつの間にか復権した人物が所有する銀行の物と前回書い..   | 2018-12-17
【写真-1 欠航続きで島に持って行く物品が溜まっている】   最北端の島『イトバヤット島』へはバスコから船で片道4時間。便船が強風で欠航していたので写真-1のその船会社..   | 2018-12-13
12345678910,,,135
    
ニュース コラム ライフ
セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
【影響】 韓国造船大手のフィ..
バタネス紀行 2017 その-(63..
【掃除】 セブ島北端にある町..
《警戒》 選挙に備えて 銃器..
バタネス紀行 2017 その-(62..
パラワンからセブに帰る飛行機..
【減退】 2019年のフィリピン..
《密輸》 セブ港で摘発 日本..
バタネス紀行 2017 その-(61..
《人口》 婚外子が半数以上 ..
バタネス紀行 2017 その-(60..
《御用》 フィリピンに逃亡の..
セブでパスポートを更新する
バタネス紀行 2017 その-(59..
《人権》 日本のバナナ会社『..
《栄冠》 手放しでは喜べない..
マニラ逍遥 2018年 その(10)..
【不振】 新車の売れ行き 前..
バタネス紀行 2017 その-(58..
21《麻痺》 理由は何とでもつけ..
22フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
23《急増》 エイズ感染一日平均..
24マニラ逍遥 2018年 その(9)..
25《減速》 続く物価上昇 11月..
26セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
27《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
28バタネス紀行 2017 その-(57..
29《観光》 セブ島北部バンタヤ..
30マニラ逍遥 2018年 その(8)..
31【風化】 マギンダナオ虐殺事..
32バタネス紀行 2017 その-(56..
33《悪化》 5人に1人は失業中 ..
34【鉄槌】 汚職の果て イメル..
35マニラ逍遥 2018年 その(7)..
36【不満】 進まぬ復興事業 台..
37バタネス紀行 2017 その-(55..
38《微増》 1日当たり25ペソ 首..
39マニラ逍遥 2018年 その(6)..
40【深謀】 政府要職に軍と警察..
41バタネス紀行 2017 その-(54..
42【行事】 2018年ミス・セブは..
43【老害】 2019年選挙の候補者..
44《雇用》 ミンダナオ島の日系..
45【観光】 遅きに失す ようや..
46【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【老害】 2019年選挙の候補..+ 2979
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 2905
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 2748
【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 2656
【深謀】 政府要職に軍と..+ 2567
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 2548
【観光】 遅きに失す よ..+ 2441
【不満】 進まぬ復興事業..+ 2200
《微増》 1日当たり25ペソ..+ 2008
【風化】 マギンダナオ虐..+ 1878
《強権》 ミンダナオ島の..+ 1842
《観光》 セブ島北部バン..+ 1763
《人権》 日本のバナナ会..+ 1738
《急増》 エイズ感染一日..+ 1694
《麻痺》 理由は何とでも..+ 1686
《悪化》 5人に1人は失業中..+ 1622
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 1583
マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 1240
《減速》 続く物価上昇 11..+ 1228
バタネス紀行 2017 その-..+ 1218
21【不振】 新車の売れ行き..+ 1205
22マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 1196
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1188
24バタネス紀行 2017 その-..+ 1132
25マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 1132
26《人口》 婚外子が半数以..+ 1127
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1109
28マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 1088
29《御用》 フィリピンに逃..+ 1062
30セブで映画『ボヘミアン・..+ 1056
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1054
32マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 1032
33バタネス紀行 2017 その-..+ 978
34フィリピン攻撃は真珠湾攻..+ 919
35マニラ逍遥 2018年 その(9..+ 885
36セブでパスポートを更新す..+ 862
37バタネス紀行 2017 その-..+ 841
38マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 840
39バタネス紀行 2017 その-..+ 788
40《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 577
41【減退】 2019年のフィリピ..+ 568
42バタネス紀行 2017 その-..+ 308
43バタネス紀行 2017 その-..+ 233
44《警戒》 選挙に備えて ..+ 217
45【掃除】 セブ島北端にあ..+ 134
46【影響】 韓国造船大手の..+ 57
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:753,313 今日:7 昨日:234
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.