フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
マニラ逍遥 2018年 その(2) マニラ行きの飛行機は4時間半遅れて離陸 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  マニラ逍遥 2018年 その(2) マニラ行きの飛行機は4時間半遅れて離陸
   

 4時間遅れて搭乗は始まったが、運航便は国内便にしてはずいぶん大きな機体と思って、備え付けの『緊急避難カード』を見ると『A330』。


 【写真-1

 この機種はアメリカのボーイング社と航空機製造でしのぎを削るエアバス社製で、航続距離1万キロを超す双発機だが、乗客を多数乗せられるために短距離の国内便でも多く使われている。

 写真-1はその機内の様子で、席の配置が3×3×39席となっていて、詰め込めるだけ詰め込んだ座席配置がありあり。いくら何でもこれはないだろうと思うし、低価格航空会社でも2×3×27席配置をする会社もある。

 この機種の標準座席配置は2×4×2の8席で、380席ほどだが、均一なクラスにして1席増やした9席とすると10%以上の席数を増加できるから、セブ・パシフィック航空のように定価価格で売る航空会社にとってはもってこいの機種になり、文字通り『空飛ぶバス』になる。

 それにしても窓側に座るとトイレに行く時、2人の前を気を使って通らなければならず、乗客本位の席配置でないことは確かで、短距離なら我慢は出来るが、長距離になるとかなり大変。そのためかこの便がマニラに到着後にトイレに駆け込む乗客は多かった。

 こういう大きな機体のために何に問題があったのか知らないが、ともかく通常ならキャンセルされても良い4時間以上の時間の遅れだが、どうしても無理してでも飛ばさなければいけない事情がセブ・パシフィックにはあったのではないか。

 乗り込んでからもすぐには離陸にならず、またドアを閉め切っても動き出す様子がなく、エアコンの効かない機内はどうなっているのかと、不満と不安げな乗客も散見するが、多くは使用禁止のアナウンスがあってもスマホに夢中になっていてつまらない時代と人々である。


【写真-2

 飛行機は動き出した時が出発時間と決められているが、写真-2はその動き出した瞬間で、撮影記録時間を調べてみると1530分であった。本来の出発時刻は1055分であったから、正確には4時間35分の遅れとなった。

 このため、時間通りにマニラに着いていれば、余裕を持って家人と共にチャイナ・タウンで午後の飲茶を味わう楽しみは完全に吹き飛んでしまった。

 この程度なら笑って済ませるだろうが、国際便に乗り継ぐ客など甚大な影響を受けるから笑っていられないし、空港に迎えに来た関係者も4時間半も遅れるとは呆れるを通り越したのではないか。

 通常の離発着はマクタン島の南側からが多いが、この日の離陸は風向の関係からか珍しく反対側からの離陸で、座った席も右の窓側であったので普段見られない風景が見えた。


【写真-3

 写真-3は空港を飛び立って右旋回している様子で、マクタン島とセブ島側が眼下にはっきり見えている。これで分かるようにセブ島側の海の色がはっきり汚濁している様子が分かるし、マクタン島側も浅瀬の具合もあるがやはり汚染されている海の色に見える。

 リゾートで売るセブも汚染が進んでいるのが実情で、先頃6ヶ月間の閉鎖措置が取られたボラカイ島の二の舞になりそうだが、そこは政治力という力学で表沙汰にはなっていない。

 それにしてもこのような汚濁の海に何も知らずに宣伝に釣られて訪れる観光客もいい面の皮で、観光業者も食い尽くすだけ食い尽くす姿勢は変わる様子はなく、何れボラカイ島同様自分の手で首を絞めるようになるのではないか。

 写真中央左寄りの見える一角は日本の税金で埋め立てた場所で、大手財閥企業が土地を取得して開発中だが、その辺りから第3の橋がマクタン島へ架けられる予定で、既に工事は始まっている。

 

 このように割合視界の良かったセブを飛び発つと雲が多くなり、やがて雲に全体が覆われマニラに近づくに連れて雨雲が視界を遮り、マニラ国際空港に着陸時には土砂降りの様相で雨は筋になって窓に流れた。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/09/30 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 日本とアメリカが戦った『太平洋戦争』の開戦は12月8日(アメリカ時間では12月7日)の『オアフ島真珠湾攻撃』から始まったと知られているが、実際はフィリピンとマレイシアへの攻撃..   | 2018-12-10
 今でこそ、フィリピンでは40階から50階ある高層ビルは珍しくないが、1928年に竣工した6階建ての『ファースト・ユナイテッド・ビル』は、当時では一番高いビルであった。【写真-1 ..   | 2018-12-07
 フレディー・マーキュリーというのはロック・バンド『クイーン』のボーカリストで、と書くまでもなく、その生涯をたどった映画『ボヘミアン・ラプソディー』が全世界で公開され、..   | 2018-12-05
【写真-1 州庁舎はこの年にあった台風で被害を受けていた】   この日、標高1009mのイラヤ山山頂が姿を現し、写真-1は左の州庁舎を前に写した一枚。バタネスは人口1万8千人に..   | 2018-11-27
 エスコルタ通りはその(7)に書いたジョーンズ橋を渡って右に入る地点にある写真-1の道路標識から、サンタ・クルス教会に至る短い通りだが、戦前はビジネス街として栄え、当時の..   | 2018-11-24
【写真-1 バレーボールの練習も盛んにやっていた】   この時期、写真-1のバスコの運動場では野球が盛んで、これは女性チームの試合。ピッチャーがなかなか速い球を投げて..   | 2018-11-20
 マニラ首都圏のビジネス街というと今はマカティ市を挙げられるが、そのビジネス街はかつて飛行場があった場所を開発したもので、この飛行場はフィリピンで指揮を執った山下奉文大..   | 2018-11-08
【写真-1】     自家製の写真-1のアイスクリームを売っている店があった。この通りはバスコの中央通といって良い『アバド通り』。アバドというのはバタネスの昔からの..   | 2018-11-06
 マニラのチャイナ・タウン地域は『ビノンド』と呼ばれていて、その中心を貫き通る道が『オンピン通り』で、写真-1は『王彬北橋』と金文字で印されている門。 【写真-1】  ..   | 2018-11-04
【写真-1】     バタネスの総人口は1万8千人ほどしかないが、独立した州で教育機関がたくさんある。州庁舎前の道路沿いに写真-1の州立『Batanes State College』があり、同じ並..   | 2018-10-29
12345678910,,,134
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
【深謀】 政府要職に軍と警察..
バタネス紀行 2017 その-(54..
21【行事】 2018年ミス・セブは..
22マニラ逍遥 2018年 その(5)..
23【老害】 2019年選挙の候補者..
24バタネス紀行 2017 その-(53..
25《雇用》 ミンダナオ島の日系..
26マニラ逍遥 2018年 その(4)..
27【観光】 遅きに失す ようや..
28バタネス紀行 2017 その-(52..
29【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
30マニラ逍遥 2018年 その(3)..
31《過密》 セブの『ジンベイザ..
32バタネス紀行 2017 その-(51..
33【不慮】 フィリピンで演習参..
34マニラ逍遥 2018年 その(2)..
35バタネス紀行 2017 その-(50..
36【黒幕】 セブの日本人女性射..
37《評判》 次期上院選候補支持..
38マニラ逍遥 2018年 その(1)..
39《災害》 セブ州中部ナガ市で..
40《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
41バタネス紀行 2017 その-(49..
42【自前】 商船三井 船員養成..
43《批判》 ドゥテルテに媚を売..
44《失政》 物価上昇止まらず ..
45《拙速》 ボラカイ島の環境整..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2714
《失政》 物価上昇止まら..+ 2681
《拙速》 ボラカイ島の環..+ 2509
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2502
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2217
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2156
【自前】 商船三井 船員..+ 2064
《評判》 次期上院選候補..+ 1891
【不慮】 フィリピンで演..+ 1638
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1433
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1357
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1257
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1197
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1174
【観光】 遅きに失す よ..+ 1095
セブで使うデジタル・カメ..+ 1004
【深謀】 政府要職に軍と..+ 843
バタネス紀行 2017 その-..+ 843
バタネス紀行 2017 その-..+ 839
バタネス紀行 2017 その-..+ 825
21【不満】 進まぬ復興事業..+ 813
22【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 813
23マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 801
24バタネス紀行 2017 その-..+ 779
25《微増》 1日当たり25ペソ..+ 774
26マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 774
27マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 660
28バタネス紀行 2017 その-..+ 625
29バタネス紀行 2017 その-..+ 446
30バタネス紀行 2017 その-..+ 443
31バタネス紀行 2017 その-..+ 442
32マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 432
33マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 430
34マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 417
35マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 398
36《悪化》 5人に1人は失業中..+ 397
37バタネス紀行 2017 その-..+ 362
38《観光》 セブ島北部バン..+ 296
39バタネス紀行 2017 その-..+ 262
40【風化】 マギンダナオ虐..+ 253
41マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 202
42バタネス紀行 2017 その-..+ 196
43《強権》 ミンダナオ島の..+ 156
44《急増》 エイズ感染一日..+ 139
45《減速》 続く物価上昇 11..+ 82
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:743,458 今日:27 昨日:216
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.