フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで過ごす読書好日 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで過ごす読書好日
 

 3月になり日本の桜の開花がニュースが流れると、この時期だけは日本へ行ってみようかという気は起きるが、日本へ行くよりほかの国へ行った方が良いという気持ちが勝っていて、具体的に日本行きの予定は立っていない。


 2
年も日本へ行かないと、前回大量に買い込んだ本が読み終わってしまい、仕方がなく昔読んだ本を引っ張り出して読んでいる。

 それでも、一度は読んだとはいえ再読してみると『こんな本読んでいたかな』という本が多く、右から左に読んだ本の内容が頭から抜けているのが分かり、読書も単なる時間潰しであったかと思い知らされる。

 そういった中、セブに住む人から写真の本300冊以上を譲ってもらうことになり、過日その本を受け取った。

 段ボール箱4箱に本は詰められていて単行本も少々あったが、それらを筆者別に分けて床の上に積んだのが写真の様子で、譲ってくれた人の読書傾向というのがはっきり分かる。

 今回のようにまとめて譲ってもらうやり方は、お互いに読んだ本が重なってしまうことも多く、無駄になってしまうことも多いがほとんど重ならなかった。

 譲ってくれた人はセブに56年住んでいるが、その間にこれだけ読んでいるのは読書家の方で、本の入手法を聞くと小生と同じで、日本へ行った時と日本から来る知人に頼んで持ってきてもらうという方法を取っている。

 また、セブに日本食の材料を売る専門店があり、その中の一角で文庫本を売っていて、そこで譲ってくれた人も購入していた。

 その食材店に行って、どうして文庫本を置いているのかと不思議に思ったことがあり、しかも古本を日本の3倍以上の値段で売っていた。

 どうもセブで読まれた本がここに持ち込まれ、安く買い取って再び売っているのではと思うが、そういった来歴なのか置いてある本は軽い題名がほとんで、買いたいと思った本は一冊もなかった。

 今回の300冊を超える文庫本だが、特徴としてノン・フィクション物は一冊もなく、また海外の翻訳物や純文学系も少なかった。

 小生の場合は、フィクション、ノン・フィクション、日本、海外問わず本の題名に興味を覚えたら何でも読む口で、範囲が広いといえば広い

 譲ってくれた人の傾向だが、好きな作家を追って読んでいて、その作家も最近売れている作家で、小生が好んだ作家とは重ならない。

 今は好きな作家というのはないが、かつては御三家と呼ばれた『野坂昭如』、『井上ひさし』、『五木寛之』が書いた本は出版する度に読んだ。

 その頃は単行本でも値段は1000円を切っていたから簡単に買えたが、今のように文庫本新刊1冊が700800円もすると、簡単に本を買うことは出来なくなった。

 今回の300冊というのは単純に考えて、日本の古本屋で1100円で売られているから、同じように買うと計3万円になるが、古本は本の値段よりセブへ持ってくる方が費用はかかる。

 以前にも書いているが、日本の実家にあった本をセブへ持ってきた時、他の家具もあって莫大な費用がかかっているが、それでもかなりの本を捨てている。

 費用をかけて持ってきたその本がシロアリにかなりやられてしまい、がっかりはしたが、仕方がないと思ったのも事実。

 色々な国で生活するとそのとき読んだ本をどうするかという問題があり、それを思い出しながら書くと、残念と思いながら現地に置いて来ることが多かった。

 それが、極端であったのは中国に居た時で、仕事以外は本を読む環境と、香港に出るとデパート内に日本の書店があり、日本の中古本専門店もあってかなり読んだ本は増えた。

 ところが、日本へ帰る時にそれら溜まった本は全部置いてきたが、それでは読んだ記録が残らないと思って表紙を剥がして持って帰った

 あるいは中米ホンジュラスに居た時は、現地の公的施設に日本人が置いて行った本がたくさんあり、その本を借りて読んでいたが、借りた本というのは読んだ本としての印象は薄くなり勝ちで、本を借りて読むスタイルは小生には向いていない。

 その反動からか、ラオスに居た時は引き揚げる時に全部の本をセブに持って帰った。ラオスでは日本人会の催しで古本を売るコーナーがあって、そこで大量に買ったが、出所は大使館や企業の駐在者のようで本そのものは多岐に渡りレベルは高かった。

 ラオスの首都ヴィエンチャンからは郵便局へ行って国際郵便扱いで出したが、本というのは纏まるとかなり重く、通常は航空便で送るらしいが船便だと安くなるのでそれで送った。

 海のないラオスからどうやってフィリピン・セブまで移動するのかと思うが、陸路でタイに持って行き、タイから船便でフィリピン・マニラ経由でセブに行くのではないか。

 航空便なら2週間くらいで郵便局では受け取れるといわれたが、読んだ本を急いで受け取る必要は全くなく3ヶ月以上かかる船便にしたが、郵便局の係員は驚いていた。

 その時に支払った料金は忘れてしまったが、ドルにして300ドル近くかかっているから、1冊当たりになおせば運賃は相当なものとなった。

 ラオスから送った段ボール箱が果たして確実にセブの届くのかと内心危ぶんだが、セブの郵便局から到着した通知が来て受け取りに行ったが、かかった日数はほぼ見積もり通りの3ヶ月であった。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/04/02 (火)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 【写真-1】    エル・ニドの町に向かって戻る途中に写真-1のビーチがある。ここに至る幹線道路沿いには綺麗に造られたフェンスが延々と続き、最初は公有地かと思って..   | 2019-07-20
先日、知人とマクタン島にあるレストランへ行った。  マクタン島には国際空港があり『セブのリゾート』として有名な地帯はこの島の東側の海岸線に造られ、西側は狭い海峡を挟ん..   | 2019-06-30
【写真-1】    写真-1はビーチの一角で見つけた『I ♡ NACPAN』の大きな看板。この手の装置はフィリピン中の観光地や町にあり、写真スポットとして人気はあるが、デザイン..   | 2019-06-25
 ある日本食レストランへ行った。このレストランの経営者は昔からセブに住み、テレビ番組に因んだ名前を店名としていたが、どういう事情があったのか現在は経営者が代わり店名も変..   | 2019-06-19
【写真-1】    ビーチの掘っ立て小屋風のレストランで軽い食事を摂る。写真-1はフィリピンで『タホン』と呼ぶムール貝を蒸したもので結構粒が大きい。砂浜では採れない貝..   | 2019-06-14
 天安門事件の起きた1989年当時、小生はアフリカに住んでいて、遥か彼方の中国で事件があったニュースは直接伝わらなかった。  日本帰国後に天安門事件の概要が分かり、中国は..   | 2019-06-12
【写真-1】    コーヒー店の中から外を眺めていると、客待ちのトライシクルが多い。天気が回復しそうなのでトライシクルを半日雇って郊外のビーチへ行くが、観光客相手の商..   | 2019-06-04
【写真-1】    今年最後の台風がパラワンに近づいていて天気は不安定だが、今日は持ちそうなのでバイクを借りて他のビーチへ行くことにする。写真-1は潮の引いた湾の様子..   | 2019-05-02
 日本は人口減少、少子高齢化時代に入って政府、マスコミは騒いでいるが、こんなことは何十年も前から分かっていたことで、そういった長期的な視野、展望を持たないのが日本の特徴..   | 2019-04-29
【写真-1】    エル・ニドの最初の夜は外食をと夕闇の中、町の方へ海岸伝いに歩いて行く。写真-1は後日写したものだが、海岸沿いにレストランが並び、観光客がたむろして..   | 2019-04-26
12345678910,,,139
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,345 今日:65 昨日:146
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.