フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
1989年6月4日の天安門事件から30年 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  1989年6月4日の天安門事件から30年
 

 天安門事件の起きた1989年当時、小生はアフリカに住んでいて、遥か彼方の中国で事件があったニュースは直接伝わらなかった。


 日本帰国後に天安門事件の概要が分かり、中国は相変わらず『暗黒国家』だなと再認識したが、学生時代には第2語学で中国語を取ったくらいであるから、中国には関心は高かった。

 学生時代の中国は『文化大革命』の真っ最中で、『造反有理』というスローガンが日本の学生にも影響を及ぼし、既成の権力が否定され、ある意味では日本も戦後の残滓を精算できるチャンスでもあったがそうは甘くはなかった。

 文化大革命については主導した最高権力者の毛沢東の妻以下『四人組』が逮捕されて終息を迎えるものの、歴史的評価は定まらず、中国にしてみれば向き合いたくない文化大革命時代であるが、その本質は権力闘争であったことは間違いなく、若い学生や労働者が利用されたことは間違いない。

 文化大革命が始まる前の日本の大手マスコミなどは盛んに発展する中国の様子を書いていたが、中でも『中国から乞食と蠅がいなくなった』は印象的で頭に残ったし、そういうこともあるのだなと妙に感心した記憶がある。

 その後、1990年代初頭に初めて中国南部を旅行したが、この時は香港でヴィザを得て、九龍鉄道で中国本土の広州へ入り、途中、現在IT先進地として注目を浴びている深圳駅では、菅笠にモッコを担いで線路を補修する姿を見て、清朝時代の彼方に遡った印象を受けた。

 その当時でも深圳は経済開発が進んで高層のビルが荒野の中に生えたような感じであったが、列車から眺めた様子は荒々しい光景であり、その印象は後年中国に住んだ時でも変わっていなかった。

 広州駅では持ち金やカメラやラジオの台数などを記入するが、外国人は人民元を使えなくてドルを『兌換券』に交換して使うが、そのため、駅を出ると『ドルを持っていないか』という人間が摺り寄って来たし、市内のデューティー・フリー・ショップ前には物欲しそうな人々が群がっていた。

 こういった店は外国人しか入れないためだが、中に入って品揃えを見たら外国産の酒や煙草は揃えていたが、他は変哲もない日用品を並べていて、どこがデューティー・フリー・ショップかと思った。

 そういった時代を知っている小生としては日本における中国人観光客の『爆買い』現象などを考えると、良くも悪くも時代は常に変わると認識させる。

 その後、1990年代半ばから広東省で仕事をするようになり、深圳には都度行ったが、高層ビルの谷間谷間は旧来の街並みが残り、田舎の町という印象は拭えなかった。

 その中国駐在中の19972月に『天安門事件』の弾圧を命令した『鄧小平』が92歳で死んで、勤務先で鄧小平の死亡が大ニュースになっているかと思いきや、そういった話題は上がっていなくて、外国人の小生が関心を持っていることに逆に関心を持たれたくらいであった。

 後で中国人に聞いたら『政治家の死は中央、北京だけの関心毎であり、経済中心の広東省では話題にならない』と述べ、成程、あの広大な中国大陸の地政的な観点を考えると、中国は地方政権の合体で出来ていると思った。

 鄧小平は香港をイギリスから取り返すものの、その返還を見ずに死んだが、50年間は香港の自治を認める『一国二制度』という巧妙な枠で香港を取り込み、しかも50年間は保証したが、香港の自治は著しく侵食され『民主』を主張する人々への風圧は増している。

 この鄧小平が弾圧した天安門事件については、中国政府も敏感で中国内ではインターネットで検索が出来ない状態で、そういった歴史の事実を隠蔽するのに躍起になっていて、64日に因んだ64をネット上に並べると削除されるというから世も末である。

 こういったことが出来るのも、数万人といわれるインターネット監視組織がチェックしているためで、この他街頭の監視カメラなどを使って個人を特定する技術と機材は中国は世界でも一番となっている。

 アメリカと中国が問題視しているIT企業フアウェイの5G問題にしても監視カメラによる個人特定技術と関係が深く、人権など露ほどもない中国だから進んだもので、中国政府が国策として開発したことが分かる。

 この監視カメラによる個人特定は2020年の東京オリンピックで導入の動きがあり、日本のNECなどが盛んにその技術を宣伝しているが、NEC自体日本の軍需産業の大手だから人権を侵害する監視技術開発などお手の物である。

 そういえば、先年久し振りにシンガポールへ行った所、交差点などに設けられた監視カメラの多さには驚かされたが、中国系というのはこういった監視をすることに抵抗がないのかも知れない。

 さて『天安門事件』はその真相が明らかになっていなくて、政府発表では死者は300人程度となっているが、死者1万人という説があり、話半分と見ても5000人は死んでいるから『内乱』状態であったことは確かである。

 こういった真相が定かにならないのも、中国を支配する中国共産党の隠蔽工作体質から来るものだが、この中国共産党もしぶといといえばしぶといが、党、党員として既成の特権を守ろうとしたら思想も理想も空論であることが分かる。

 一党独裁という政治形態がこの世界に何ヶ国あるのか分からないが、多数派ではないだろうし、一途独裁というのは政治的な主張はあってもその実態は『利権』を維持する組織であり、利権を崩す勢力に対して中国の権力闘争、特に民主化を目指す動きには容赦なく、天安門事件もその延長線と見て良い。

 こういう一党独裁を潰すには選挙で政治指導者を選ぶしかないが、中国人民には最少の権利である選挙権がなくてどうにもならず、民意が反映されては困る国にはもってこいの措置である。

 このため、中国は確かに経済は大きくなったが、選挙権が誰しもに与えられない限り『二流の国』の批判は免れない。

 最後に、学生時代に聞いた『中国には乞食と蠅がいなくなった』の話だが、住んだ広東省では乞食は珍しくなかったし、蠅などいくらでもいたが、さすがに中国というのか乞食も哲学者めいた風貌をしていた。

 暮らしぶりでは、アパートの窓から外に向かって塵芥を放り投げるなど珍しい光景ではなく、こういった世界で暮らしている中国人は世界に出て行くと批判、非難される存在だなと思ったが、実際そうなって世界中で中国人観光客のマナーの悪さが指摘されている。

 この先、中国はどこへ行くのか分からないが、有産階級と最貧民層の格差はフィリピン以上というから、既に社会主義の旗は失っていると断定して良いが、天安門事件から既に30年かあるいはまだ30年かと思って注視する必要がある。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/06/12 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    出発した写真-1の海岸に戻り、また船から胸まで漬かって上陸する。天気に恵まれなかったが、パラワン島北部を通過中の台風のため、翌日のアイランド・ホッ..   | 2019-10-21
 セブ市のダウン・タウンの海岸沿いに『カルボン』と呼ばれる古い地域が広がり、ここにはセブの野菜と果物を一手に扱う市場があって、日夜賑わいを見せている。  カルボンとい..   | 2019-10-17
【写真-1】    その(17)から続くが、洞窟を入った中にある池の様子が写真-1。上空から日が差し込み幻想的な雰囲気を醸し出すらしいが、この写真は家人が撮っていて、小生..   | 2019-10-11
 世の中に溢れる詐欺行為と政治世界は似た物同士といっても過言ではないが、先日以下のメールが送られて来た。  いわずとした『詐欺メール』で、日付は2019/07/19 (金) 22:18でその文面..   | 2019-10-08
【写真-1】    次の行き先はシュノーケリングのポイントで、いくらも行かない島の沖合に到着。ただしアイランド・ホッピングのコースと出港、帰港時間はは決まっているので..   | 2019-10-04
 『Do It Yourself』略してD・I・Yは実用と趣味を兼ねて、かなり発展した分野になるが、セブにもD・I・Yに近いホームセンターの店舗がいくつもある。  写真がその店舗内の様子で、..   | 2019-09-28
 週末を挟んでセブ島北の町へ出かけたが、途中の町で写真の車が駐車していた。  この町はセブ島西海岸沿いにあり人口15万人前後、セブ市から車で渋滞がなければ1時間少々の距離..   | 2019-09-25
【写真-1】    写真-1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどな..   | 2019-09-19
 この間、ミンダナオ島ダヴァオ市の中心を歩いていたら、最近あちらこちらで見るようになった3輪車の大きな宣伝幕がウィンドーに張られていて一枚写した。   これは『Piaggio=..   | 2019-09-17
 寿司の嫌いな日本人というのは『カレーの嫌いなインド人』と同じくらいあまりいないと思うが、魚や刺身が嫌いな人は結構多いし、何事も好き嫌いはあり得るので一概にいい切ること..   | 2019-08-29
12345678910,,,141
    
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2761
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2683
《患者》 デング熱大流行..+ 2429
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2324
【停滞】 現政権下で最低..+ 1970
《平均》 セブのホテル稼..+ 1952
【強盗】 東横インのある..+ 1232
《観光》 セブ市に大規模..+ 1049
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 1007
【摘発】 コールセンター..+ 974
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 804
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 764
セブで食べる 『おにぎり..+ 719
《採決》 国連の人権理事..+ 711
《疾患》 重症筋無力症を..+ 691
《計画》 セブの経済特区..+ 676
セブで食べる寿司の味+ 674
《拡大》 マリオットが ..+ 641
セブの街中で実るコーヒー+ 605
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 593
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 487
22《選挙》 副大統領選の開..+ 484
23フィリピンで流行る3輪自動..+ 443
24セブのホームセンター+ 372
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 369
26《調査》 ビジネス環境躍..+ 350
27セブで見つけた旧い車+ 304
28セブに送られた詐欺メール..+ 289
29セブの巨大青物市場 カル..+ 280
30パラワン島紀行 2018年 そ..+ 265
31パラワン島紀行 2018年 そ..+ 260
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 221
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:803,968 今日:46 昨日:131
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.