フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ゴミを大量に出すマクドナルド - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  ゴミを大量に出すマクドナルド
 

 セブのマクドナルドには年に数回という程度で、しかも好んで行くわけではなく、何かの拍子に食事を食べ忘れて時間もない時にしょうがなく食べている。
【支払代金の内捨てられるコストは相当なもの】

 日本で初めてマクドナルドが銀座の三越に開業した時は、そこで食べた記憶はありながら格別美味いものだとは思わないものの、海外に出た時、その手軽さ、言葉も最小限で賄えるために都度利用している。

 さて、フィリピンのマクドナルドだが、そこで出す主製品のハンバーガーは本当に貧弱で、良くこれで商売が出来るなという代物だが、コーヒーだけは曲りなりも淹れた物を出すので我慢はできる。

 それにしてもハンバーガーというのはパン食だから、パンが当然美味くなければならないが、砂を噛むようなパンを使っていて、結局ケチャップで味を誤魔化して食べている。

 このパンの不味さだが、マクドナルド以上に国内にチェーン店を持つライバルのジョリビーも同じような不味いパンを使っていて、もしかするとパンを焼いているのはマクドナルド、ジョリビー共に同じパン工場から供給されているのかと思ったりする。

 致命的というハンバーガーのパンの不味さだが、どちらもハンバーガーよりも米飯付きの鶏のから揚げのような品物が一番の売り上げのようで、ハンバーガーを食べているのは店内では少数派である。

 これはスターバックスなどもコーヒーを飲む客より、甘ったるい冷たいシェーク類を頼む客の方が圧倒的で、これは暑い気候のフィリピンということもあるが、そのため、店員も本当にうまいコーヒーの味を知らずにコーヒーを淹れているから余計不味くなる。

 写真はマクドナルドで食べた後のトレイ上の具合だが、どう見ても捨てる紙や容器が多過ぎて、支払った代金の内のどのくらいの割合になるのだろうかといつも気になる。 それでも、フィリピンはスカベンジャーといわれるゴミ拾いを生業にする人々が多く、そういった人々が集めるゴミが再生利用されている。


 

 それで驚いたのは、有名ファーストフード店で廃棄されたプラスティック・カップが地方のお祭りの屋台でそのまま使われていて、最初に見た時はアレッと思ったが、ファーストフード会社のロゴが付いている方が子ども達の人気は高かった。

 

 また、これは地方のファーストフード店に入った時、市のゴミ収集車がその店に回収に来ている作業を見ていたら、袋に入ったゴミで使えるカップ類に分別していて、ああこれが田舎のお祭りに回る分かと思った。

 

 この手のファーストフード業界は、こうやって膨大なゴミを生んでいくが、どう見てももったいないし、プラスティックのゴミは環境汚染を引き起こしているとして、世界的に問題にはなっている。

 

 中でも、ストローを全廃すると宣言する業界もあるが、ストロー程度で問題が動くとは思えないが、初めの一歩にはなる。そういえば、スターバックスなどコーヒーを出す店は黙って注文すると紙カップに入れて出すが、これなどもゴミを生み出す元凶である。

 

 最初から洗えるカップで出せば良いと思うものの、紙カップを用意して持ち帰る人に対応しているためだが、店内で飲む人も紙カップ使用者が大多数になっていて、これはチビチビ飲むためと思うがけち臭い。

 

 この紙カップで持ち帰るスタイルはアメリカの映画のシーンでお目にかかるが、こういうスタイルが格好良いと思って真似している内に当たり前になったが、ゴミを増やすだけで、使った容器は街路に捨てられて迷惑この上なし。

 こうしてゴミは生産されて行くが、その処理、行き先は二進も三進も行かなくなり、世界的なゴミ戦争が生じる時代となった。

 ゴミ処理もリサイクル用、焼却用、埋め立て用と分かれるが、この焼却、埋め立て用ゴミの行き先で国同士の争いが勃発していて、ゴミも国際的な問題となっている。


 

 中国が資源ゴミとしての輸入を禁止したためといわれているが、ゴミを巡る国同士の争いはその前からあり、何年前か忘れたが日本がフィリピンに持ち込んだ違法ゴミを巡って外交問題になった。

 

 これは、日本の業者がリサイクル・ゴミとしてフィリピンに輸出したが、これが真っ赤な嘘の廃棄物でコンテナに詰められたままフィリピンの港に放置されていたのが発覚した。

 

 こういう違法ゴミを闇で出して受け入れる民間業者があり、発覚するまでは相当数がフィリピンに輸出入されていて、こういうことはフィリピンの三大汚職機関と名指しされる関税局の人間の関与がなければできない。

 

 この事件、元々民間業者の問題であったが、日本政府が乗り出して2億円以上の金を使って日本に引き取った。この金は税金であり、この違法業者が負担したのかどうかはその後不明で、日本側、フィリピン側で関わった人間達が罰せられたという話は伝わってこない。

 

 コンテナに詰めて輸出する手は世界中で行われているが、東南アジアは特に集中していて、フィリピン、マレイシア、タイなど多く、いずれの国もゴミ輸入には厳しくなっった。

 

 最近でもフィリピンは韓国とカナダからの違法ゴミが問題になり、外交摩擦を起こしていたが、これも税金を使って送り返されることになったが、こういうのは氷山の一角で闇に蠢く違法ゴミ輸出入業者はなくならない。

 

 このゴミ問題、人類が生きていく上で避けて通れないが、その中でも『核のゴミ』など、放射性廃棄物の処理技術がないのに原子力発電を実行するなどその最たるもので、結局、地中深く万年という単位で保管するしか手はなく、原発が『トイレのない高級マンション』そのもの。

 ただし、日本の人口は確実に減り、先頃7000万人台になると算出されたが、こうなると膨張するゴミも減るのではないかと思うが、ゴミに限らずそれだけの人口になる日本の未来全体図という考え、インフラ一つにしても昔通りの考えしかなく、要するに日本は先送りで凌ぐ国、ツケを後に回す国だと改めて思った。


 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/07/25 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    出発した写真-1の海岸に戻り、また船から胸まで漬かって上陸する。天気に恵まれなかったが、パラワン島北部を通過中の台風のため、翌日のアイランド・ホッ..   | 2019-10-21
 セブ市のダウン・タウンの海岸沿いに『カルボン』と呼ばれる古い地域が広がり、ここにはセブの野菜と果物を一手に扱う市場があって、日夜賑わいを見せている。  カルボンとい..   | 2019-10-17
【写真-1】    その(17)から続くが、洞窟を入った中にある池の様子が写真-1。上空から日が差し込み幻想的な雰囲気を醸し出すらしいが、この写真は家人が撮っていて、小生..   | 2019-10-11
 世の中に溢れる詐欺行為と政治世界は似た物同士といっても過言ではないが、先日以下のメールが送られて来た。  いわずとした『詐欺メール』で、日付は2019/07/19 (金) 22:18でその文面..   | 2019-10-08
【写真-1】    次の行き先はシュノーケリングのポイントで、いくらも行かない島の沖合に到着。ただしアイランド・ホッピングのコースと出港、帰港時間はは決まっているので..   | 2019-10-04
 『Do It Yourself』略してD・I・Yは実用と趣味を兼ねて、かなり発展した分野になるが、セブにもD・I・Yに近いホームセンターの店舗がいくつもある。  写真がその店舗内の様子で、..   | 2019-09-28
 週末を挟んでセブ島北の町へ出かけたが、途中の町で写真の車が駐車していた。  この町はセブ島西海岸沿いにあり人口15万人前後、セブ市から車で渋滞がなければ1時間少々の距離..   | 2019-09-25
【写真-1】    写真-1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどな..   | 2019-09-19
 この間、ミンダナオ島ダヴァオ市の中心を歩いていたら、最近あちらこちらで見るようになった3輪車の大きな宣伝幕がウィンドーに張られていて一枚写した。   これは『Piaggio=..   | 2019-09-17
 寿司の嫌いな日本人というのは『カレーの嫌いなインド人』と同じくらいあまりいないと思うが、魚や刺身が嫌いな人は結構多いし、何事も好き嫌いはあり得るので一概にいい切ること..   | 2019-08-29
12345678910,,,141
    
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33セブで食べる『トンカツ』の味..
34《人災》 イロイロ市沖でボー..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2668
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2621
《患者》 デング熱大流行..+ 2337
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2249
《人災》 イロイロ市沖で..+ 2173
《平均》 セブのホテル稼..+ 1880
【停滞】 現政権下で最低..+ 1880
【強盗】 東横インのある..+ 1121
《観光》 セブ市に大規模..+ 968
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 916
【摘発】 コールセンター..+ 884
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 719
セブで食べる 『おにぎり..+ 711
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 681
セブで食べる寿司の味+ 650
セブで食べる『トンカツ』..+ 646
《採決》 国連の人権理事..+ 636
《疾患》 重症筋無力症を..+ 621
《計画》 セブの経済特区..+ 602
セブの街中で実るコーヒー+ 597
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 586
22《拡大》 マリオットが ..+ 554
23パラワン島紀行 2018年 そ..+ 474
24フィリピンで流行る3輪自動..+ 426
25《選挙》 副大統領選の開..+ 407
26セブのホームセンター+ 352
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 348
28セブで見つけた旧い車+ 293
29《調査》 ビジネス環境躍..+ 276
30セブに送られた詐欺メール..+ 261
31セブの巨大青物市場 カル..+ 253
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 243
33パラワン島紀行 2018年 そ..+ 238
34パラワン島紀行 2018年 そ..+ 197
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:803,539 今日:35 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.