フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブに送られた詐欺メールにご注意 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブに送られた詐欺メールにご注意
 

 世の中に溢れる詐欺行為と政治世界は似た物同士といっても過言ではないが、先日以下のメールが送られて来た。



 いわずとした『詐欺メール』で、日付は2019/07/19 () 22:18でその文面をここに掲載し原文に解説『鍵カッコ内』を入れながら注意を喚起したい。

 最愛の人『英語の原文を直訳したのだろうが、日本語ではこうは書かないからこの冒頭から怪しい』

 私はこのサイトを通してあなたの連絡先情報を得ました『どこから小生のメールアドレスが漏出したのか薄気味悪い時代だ』、そして私はあなたに連絡することにしました。

 神の恵みによってあなたが私の状況から私を助けてくれることを願っています。『知らない人間をホイホイと助ける小生ではない』
 

私はミス・ニーナ・ジョンソン(20歳)です『若い女性名なら引っかかる人間もあるのだろう』。

 アイボリーコーストの経済首都アビジャンに拠点を置く、有名で裕福なココア商人だった(後期チーフ、ナド・ジョンソン)『何でアフリカ西海岸からメールが来るのか不思議だが、アフリカ発の詐欺メールというのは多い』。

 不動産管理や株式市場などの投資目的として、880万米ドルの合衆国ドル『こんなに金があるなら手助けを求めるのが不思議』をあなたの指名された銀行口座の海外に振り込むのを手助けするために、私はあなたの緊急の注意を求めています。

 基金は固定されたサスペンス口座『こんな口座名は聞いたことがないし、この辺りは意味不明だが、英文なら辻褄は合っているのであろう』に預けられました。

 私にあなたの緊急援助のためのあなたの手数料として私があなたにこの私の総資金の20%を提供するつもりです。『これで真に受ける人間がいると思わないが、世の中には引っかかる人間もいるからこの手の詐欺メールはなくならない』

 この私の相互の取引に関するもっと重要な詳細については、私のプライベートEメールであなたの即時の返事を待っているので、すぐに親切に書いてください。

私は神が私たちと共におられることを祈ります。敬具 ニーナ・ジョンソン。以上『鍵括弧』内以外は原文のまま。

 このメールを一読して、英文を翻訳ソフトにかけて日本文を作り出しているのか助動詞は滅茶苦茶の文章と分かり、こんないい加減な文章で引っかかる日本人がいるのかと思うが、ツイッターとかLINEといった短文しか書けず理解できない今の日本人にはちょうど良いのかも知れない。

 こういうインチキメールに騙される人間などいるのかと思うが、何万通も世界中に出せば1人や2人は引っかかる人間はあるから、詐欺メールは花盛りなのだろう。

 日本では電話を使った『オレオレ詐欺』が全盛で、毎年数百億円が騙し取られていて、その手口も複雑になって今は『特殊詐欺』と呼ばれ、巧妙さを増している。

 この手の詐欺に騙されるのは老年層が多く、この年代というのは自信家も多く『俺は騙されない』と思っている人ほど騙され易く、老年層の自動車事故が多いのと共通している。

 この間、タイのパタヤで電話詐欺グループが摘発、日本に強制送還されて逮捕されたが、この手の犯罪グループは海外に拠点を設けている実態が明らかになり、このグループで捕まった容疑者は一度フィリピンのセブに来てバンコクに入ったことが確認されていて、セブにも詐欺グループの拠点があるのではと騒がれた。

 現在、セブには3ヶ月以上滞在者の内、在外公館に在留届を出している日本人は2000人を超えているが、届けを出さないのが倍あるいは3倍はいると推測され、日本人が街中をウロウロしても目立たない。

 その中に詐欺を目論んでいる日本人グループも当然いて、最近フィリピンの入管が外国人滞在者の取り締まり強化に乗り出していて、これは激増中の不法就労をしている中国人を対象にしているが、日本人もいずれその手は回るのは確実である。

 特に実態が不明な日本向けのコールセンターでインターンなどと称して6ヶ月未満働く形態の日本人は要注意で、昨年、日本資本のコールセンターで何十人もの日本人が摘発され、セブに限らず海外には美味しい話は転がっていない。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/10/08 (火)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 小生の叔父は日本が降伏した1945(昭和20)年8月15日の16日前、7月31日にフィリピン・ルソン島の山中で戦死した。ということを毎年、この時期に書き綴っているが、75年目を迎えた今、..   | 2020-08-07
 数字は目まぐるしく変わる中、6月初めのフィリピン国内の新型コロナ感染者数は16997人、死者は966人であった。【写真-1 セブ市の中心地だがこの賑わいはコロナ禍では失せている】..   | 2020-08-05
『在外選挙制度』というものがあって、これは海外に住んでいる日本人が日本の選挙に投票が出来る制度で、2000年になって制度化された。【写真-1 これが在外選挙人登録カードの内側..   | 2020-07-07
 4月15日現在のフィリピン国内の新型コロナ・ウィルス感染者数は5500人、死者は350人、6月2日には感染者18997人、死亡者966人であった。  【写真-1】    それが、2週間後の6..   | 2020-07-01
【写真-1】    写真-1はエル・ニドの町から小1時間かけて行く『ナクパン・ビーチ』。ご覧の通りまだ人の手はあまり入っていない。しかし、エル・ニドに近い『リオ・ビーチ..   | 2020-06-23
 コロナ禍で日本に居住していれば一人一律に10万円給付する措置が取られ、現在日本国内では順次自治体を通じて給付されているが、まだ半分も給付出来ず、そのスピードの遅さに批判..   | 2020-06-17
【写真-1】    滞りなく機内の人となり、飛行機は離陸を始めるが、変わりやすい天気で離陸中には窓に雨粒が張り付く。写真-1はプエルト・プリンセサ空港を離陸した直後で..   | 2020-06-15
 1月25日に92歳で亡くなった方の葬儀に出てから、既に4ヶ月以上経つがその時に革靴を履いてから今日まで一度も靴を履かない生活が続いている。  屋内や庭に出ている時はスリッパ..   | 2020-06-09
 5月5日は『子どもの日』。5月といえば日本は新緑に『薫風』で、風が爽やかな季節になるが、今年は新型コロナ・ウィルスのために、ゴールデンウィークの観光地は感染を恐れるあまり..   | 2020-05-14
【写真-1】    大晦日発の便が機体故障でプエルト・プリンセサに一泊する羽目になったが、費用は航空会社持ちだから時間がある向きには得した感じ。搭乗手続きを終えて、ロ..   | 2020-05-07
12345678910,,,144
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,247 今日:27 昨日:138
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.