フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
墓にも階級制があるフィリピン - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  墓にも階級制があるフィリピン
 

 キリスト教徒でもないのにクリスマスを祝い、年が明ければ神社仏閣に初詣をする日本人の宗教観というのは世界から見れば変わっているが、そもそも日本人には古来から『八百万の神』信仰があって、宗教に関しては寛容な国の方に入る。 



【写真-1 死んでも密集で白く見えるのが墓石の一区画】

 

 ただし、これに商業主義が入り込んで、宗教心とは全く関係ないクリスマス・ケーキだとか、ヴェレンタインのチョコレート、最近では『ハロウィン』が俄かに注目され、仮装をして街で騒ぐのは日本的といえば日本的。

 フィリピンは信者数およそ9000万人、アジア圏で最多のカトリック教徒を擁する国だから、生活の中にカトリック行事が根付いていて、日本人が訳も分からず騒いでいるハロウィン期間はこちらでは『万聖節』と呼んでいる。

 ただし、カトリックにはハロウィンという言葉も習慣はなく、11月1日を『諸聖人の日=All Saints Day』、次の日を『死者の日』といって、墓参りへ行く慣習がある。

 この墓参りもチョッと花を手向けるではなく、前の日からテントを立てご馳走持参で来て夜を徹して一同で賑やかに会食し、中にはキャンプ用のテントを張って泊まる者も多い。

 テントを張って寝られるのは写真-1の様な公園墓地で、これは民間会社が経営し、写真-1の場所は元は湿地帯の原野で、墓地ビジネスは一種の不動産ビジネスで用途のなかった土地を安く買い占めて開発、販売するが、墓需要というのは増える一方だから業績は良い。

 写真-1の墓地は一区画1m×2m強の面積で、一区画に上下に2つの棺を埋葬出来るらしいが、こういった区画の埋葬場所を持てるのはフィリピンでは中産階級に入る層で、かつては田舎に墓地を持っていたが、都会に出て来て墓を移したために購入する人も多い。





【写真-2 死者にこんな設備が必要なのかと思うが見栄でしかない】

 

 写真-2は説明しなければどこかの新興住宅地の様な風景だが、同墓地の別の区画で、ここは写真-1の区画とは違って家の様にそれぞれ一棟が墓になっていて、持ち主が好きな様にデザインしている。 

 こういう建物風の墓を造るのは富裕層だが、中でも中国系が多い。ただし、昔からフィリピンに住んで成功している中国系は中国系の専用墓地を造ることが多く、何度か行ったこともあるが、写真-2以上の豪華というか過剰に大きい墓所が広大な敷地に連なっていた。 

 その中国系墓地でも貧富の差はあって、小さい墓の並ぶ区画もあって死んでまでも墓の大きさで見栄を張るのかと妙な気持になったが、それは決してなくならない人間の性分というものであろう。 



【写真-3 貧富の差が著しいことが死んでも分かる】

 

 写真-3は写真-2の区画で見た墓所で、敷地は墓ゆえ広くはないが、建物は高級住宅風でその中に棺が塗り込められていて、シャンデリアが下がっているのもあるし、中にはクーラーまで設置している建物がある。 

 フィリピンは『スクオッター=不法占拠住民』という言葉が頻繁に使われる様に、都市部には公共の土地や他人の土地に勝手に家を建てて住んでしまう地域が非常に多い。 

 当然、住環境は非常に悪く盗電、盗水など珍しくなく、貧困が貧困を生む密集地域なので、新型コロナの爆発的感染地帯でもあり、そういう住環境から見ればこういった墓所は見栄の何物でもなく、良く造るなと思う。 



【写真-4 人口は爆発し墓地も爆発している時代で新規公営墓地は難しい】

 

 上述の墓事情は中産階級から富裕層だが、大多数を占めるどうにか生活している層、貧困層、最貧困層はどこに墓を造るかというと、写真-4はセブ市の公営墓地内で、左の方に見える箱を積み重ねた様な物が墓になる。 

 一つの墓は棺を納めるギリギリの広さで、これが5段から6段くらい、場所によってはそれ以上の段数があり、そういう形態は都市部の公営墓地に限らず地方でも同じ様に造られ、写真-4に写っている子ども達の多くは墓地内で暮らしていて、その親も墓地で生まれているなど珍しくなく、墓参者相手に商売をする人も多い。 

 この手の墓は、自治体によって多少変わるが5年間棺を収めた後明け渡すらしく、当然遺骨を本葬にしなければいけなく、上述した墓地ビジネスに繋がって来るが、中には放置されてしまうこともあるらしい。 

 実際、地方の墓地へ行くと遺骨が無造作に積み上げられているのを見るが、カトリックの影響か日本人程『遺骨』に執着しないのも関係があり、これが何年か前にあった旧日本兵戦没遺骨収集事業事件を起こる一因になる。 

 この事件はフィリピンの戦没者遺骨を目的とする日本のNPOが政府資金を使ってフィリピンで遺骨収集をしたが、その収集した遺骨の中にフィリピン人の遺骨が多数混じっているのが判明し問題になった。 

 NPOがフィリピンの墓地に野晒しになっている骨を金を払って集めたことが分かり、特に少数民族の伝統的な墓地からも持ち出され、これがフィリピン社会でも問題になって、以降フィリピンにおける日本の遺骨収集は止まっている。 



【写真-5 手前の墓石は最近埋葬されたところ】

 

 写真-5は冒頭の公園墓地の万聖節時の様子で、年に一度の大切な行事でありこの様な風景は当たり前で、墓は年々増えるから段々場所取りが大変になって来ている。 

 ところが今年は新型コロナが爆発的感染し、感染者数は37万人に迫ってインドネシアと感染者数のトップ争いをする状態になっていて、収束する気配は見えないため、万聖節期間中の墓地の立ち入りには禁止措置が取られた。 

 そのために、万聖節前に墓参をする人が増えて、これはこれで密な状態になっているらしいが、1月のマニラで開催される数百万人が押し掛ける『ブラック・ナザレ』というフィリピン最大の宗教行事が中止となった。 

 ブラック・ナザレと同じ月にセブではやはり大きな祭『シヌログ』が開催されるが、今のところは中止という話は出ていないが、やはり中止になるのではないかと思われる。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2020/10/30 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 日本で1年延期、今年7月開催予定の2020東京オリンピックの風向きが怪しくなっていて、内外から中止あるいは再延期といったニュースが、年を明けた頃から多く流れるようになった。&nb..   | 2021-02-21
 ミャンマーには2014年6月に一週間近く旅行をしたが、雨季の真っ最中で、ヤンゴン国際空港へ降りる直前の眼下に見えたミャンマーの農村地帯は、赤茶けた色の泥濘の中に浮かんでいる..   | 2021-02-08
 新型コロナ感染者が52万人を超えたフィリピンは、昨年3月半ばから発令された防疫措置の規制の強さは変わっても長期間継続中で、そのために国民の間には飽きと慣れが生じていて、こ..   | 2021-02-04
日本でまだ許可のされていない新型コロナ・ワクチンを、既に接種した金持ちが相当数いると話題になったが、伝わる数は10数人程度と可愛いもので、日本同様ワクチン接種はまだ許可さ..   | 2021-01-24
【写真-1 銀座通りを走る観光バス】   (1) 新型コロナ大流行に油断した日本-  12月に入って感染者は激増し、現在21万人を超え死者は3200人以上に達している。特に1日当..   | 2021-01-20
【写真-1 フィリピンの感染者は50万人を超えた】   (1) 新型コロナ大流行で世界は恐々- 2020年がこんな年になるとは誰も思っていなかった。全世界で7800万人以上が感染、..   | 2021-01-18
 2020年は新型コロナに始まって新型コロナで終わった年と記憶に刻み付けられるが、このままコロナの猛威は2021年も続き、その先もどうなるか分からない。【写真-1 フィリピンの浅瀬..   | 2020-12-26
 日本のニュースで東京の『駄菓子屋』のことを書いた記事があった。筆者はフィリピン関係の記事を主に書いていたが、そちらの方面にも関心があったのかと興味深く読んだ。【写真-..   | 2020-12-19
 12月14日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は451839人、死者は8812人と発表されている。 相変わらず感染は収まっていないが1日当たりの感染者数が1千人台半ばとなっていて、以前..   | 2020-12-16
 11月末現在でフィリピンのコロナ感染者累計は43万人を超えた。日本の感染者数は同時期に15万人に迫っていて、総人口はほぼ同じの国なのでフィリピンは日本の3倍近く罹患しているか..   | 2020-12-07
12345678910,,,147
    
ニュース コラム ライフ
【重要】 セブ市の新型コ..+ 6393
【工業】 常石造船 セブ..+ 4537
【苦境】 フィリピン航空..+ 4431
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 2561
【実情】 コロナ禍で 貧..+ 2036
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 1892
【労働】 コロナ禍で海外..+ 1729
【逮捕】 セブの空港で ..+ 1718
【承認】 2021年度国家予算..+ 1667
【選挙】 2022年大統領選 ..+ 1603
外交官の品格とは+ 1481
ドゥテルテ政権下のジャー..+ 1416
コロナ禍のセブ島の様子+ 1166
セブで思う日本の駄菓子屋..+ 1016
セブで迎えるコロナ禍のク..+ 998
【累計】 新型コロナ感染..+ 989
セブのヨット・ハーバーに..+ 825
【整理】 フィリピン日産..+ 778
セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 530
【独占】 フィリピン初の..+ 517
21【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 482
22セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 417
23【調査】 フィリピンの新..+ 403
24【通達】 コロナウイルス..+ 319
25フィリピンのワクチンを巡..+ 319
26セブで走るトラックの荷台..+ 261
27セブから見たミャンマーの..+ 233
28【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 107
29フィリピンのオリンピック..+ 77
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:868,142 今日:92 昨日:258
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.