フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
日本の入管(イミグレ)の闇とは - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  日本の入管(イミグレ)の闇とは
 

 入国管理局、略して『入管』、英語だとImmigrationなので『イミグレ』と呼ばれる役所は、海外旅行をした時に入国と出国時に必ず通過する場所であり、それなりにお馴染ではあるが『管理』という言葉が入っているように普通の市民にとっては良い印象を持つ役所ではない。 


【事件を起こした名古屋入管庁舎 事件の関係者は罪に問われていない】

 

 今年の3月、スリランカ人女性が名古屋の入管収容施設で死亡した事件は、その後の当局の対応の不味さもあり今もって尾を引いているが、この事件は知れば知る程入管当局の非人間性が炙り出されて来る。

 

 死亡したスリランカ人女性の関連記録などを遺族側が請求したところ、最初は拒否されたがこの問題が大きくなるに連れて入管側も無視することが出来なくなり、15千枚に及ぶ記録は開示されたが、ほとんどは黒塗りで意味を成さず段ボール箱3箱に入った紙屑を渡されたようなもので、しかも15万円以上のコピー代が請求された。

 

 入管側は個人情報に関わる事案であり、行政側の意思決定の中立性が脅かされる恐れがあるなどいつもの御託を並べて黒塗りの正当性を主張しているが、死亡した個人の情報だから遺族側が求めた訳であって、個人情報を都合良く解釈した役所の事情ばかりが強調され入管が隠蔽を図ったと批判された。

 

 また、死亡事件の最終報告書なるものも出たが、何れも入管の無謬性を並べたもので、そもそも告発されている当事者が出した報告書など、当事者側視点で都合良く書かれていて客観性と信用性は非常に劣るのは自明の理で、入管当局への批判を避けるための形ばかりの報告書とこちらも批判された。

 

 極めつけは、遺族がヴィデオ記録の開示を求め、これに対して入管は世論の高まりもあって渋々認めたが、弁護士も立ち会わせずに遺族だけに見せたのは全体の1%にも満たない長さの記録で、当然当局の都合の良い部分だけを編集しているのは明らかで、ヴィデオを見せたというアリバイ作りをしただけで、こちらも批判が集まっている。

 

 しかもその都合良く編集されたヴィデオを観た遺族は『動物のように扱われている』と途中で観ることを止めていて、いかに入管収容施設が収容者に対して非人間的な思想の基に扱っているかが明らかになった。

 

 こういった問題を起こした当局は幹部を訓告、厳重注意で済ませて一件落着、幕引きを図ったが、収容者の死亡は今回に限らず、また数々の収容者に対する非人道的な扱いから、収容者多数が抗議のためにハンガーストを行うなど、従来から入管の在り方は問題になっていて、これら全てを『入管の闇』と指摘されている。

 

 入管の収容施設がこの様に非人道的な機関になっているのは『収容者は犯罪者』だという意識で運営されていて、といって刑務所や拘置所のようなノウ・ハウの蓄積はなく、高圧的に締め付けるだけに終始するからスリランカ女性死亡事件が発生し、この先も死亡事件のような重大事故発生は避けられない。

 

 ところで、入管と書いているが日本では2019年に改組して『出入国在留管理庁(Immigration Services Agency)』と名前を変えたが、局から庁になれば役人側としては一ランク昇格した気分になるのかも知れないが、やっている業務は従前と変わらない。

 

 ここで局と庁、省の違いだが、局は省内にある部局であり、省というのは行政組織で最大の単位で、庁はその省の外局に当たり今回問題になった出入国在留管理庁は法務省の外局になるが、庁発足の定義は曖昧で業務が大きくなると発足するらしく、出入国在留管理庁も技能実習生、研修生など在留外国人が増加したを理由としている。

 

 省になると『大臣』と呼ばれ、庁では『長官』だから局長と呼ばれるよりは当人は気持ちは良く出世した気分になるだろうが、ちなみに初代出入国在留管理庁長官は女性キャリアで、法務大臣も女性だがそれだけの話で、女性がトップに座れば組織が開明的になるなどは頑迷な日本の役所に限っては有り得ない。

 

 このスリランカ人女性死亡事件など、出入国在留管理庁長官はもとより法務大臣も辞職に値する不祥事だが、日本の役所は上から下まで人権意識は低く、あってもポーズだけにしか過ぎず、本来法を守るべき法務省は単なる事故程度にしか思っていなくて、法も出世の手段にしかないようだ。

 

 さて省を英語に直すと面白く、日本では『Ministry of 何とか』といいその長は大臣だが、フィリピンの場合は『Department of 何とか』となっていて、その日本訳が省となったり庁となり、その長の呼び方も組織によっては大臣或いは長官と呼ぶ組織もあり定まらないが、英語表記ではDepartmentで統一されているから日本側の訳し方の問題のようだ。

 

 何百回も色々な国で入出国を繰り返した小生でも入管の前ではそれなりに緊張するが、これまで一度も問題はなかったと書きたいが、一度だけあわやということがこのフィリピンであった。

 

 初めてフィリピンで仕事をした1980年代前半に、ミンダナオ島で仕事を終えてマニラ国際空港から出国しようとしたら、係官から『お前は出国出来ない』といわれ、話を聞いてみると『6ヶ月以上滞在したら必須の出国許可証であるECCEmigration Clearance Certificate)』がないと指摘された。

 

 これは小生自身の無知から来ているもので、そういう書類が必要とは知らなかったと係官にいっても何もならず、既に搭乗手続きを済ませているのでこちらも必死で、係官に対して日本円を見せて何とかしてくれと頼み込んだら、渋々という表情で出国スタンプを押してくれて飛行機に乗ることが出来た。

 

 この時、係官はかなり高い金額を寄越せといったが交渉して半額くらいに値切った記憶があり、賄賂の額を値切ったのは後にも先にもこの時だけしかないが、噂には聞いていたが入管の汚職は酷いものだと、自分のことは棚上げにして思ったが、今思えば古き良き時代であり今こんなことを入管の係官にやったら、汚職が蔓延しているフィリピンといえどもその場で逮捕されるから笑い話に留めておくことが無難である。

 

 そういえば当時の入管での出来事をもう一つ書くと、別の機会であったが出国時に入管職員が日本人と見ると胸に付けているバッジを買わないかと近寄って来たが、小生も買わないかといわれたことがあり、裏があるのではと思って相手にしなかったが、そういうものを買う日本人が居るから声をかけるようだ。

 

 入管職員のバッジなどマニラにある偽造文書を作る地域に行けばいくらでも売っていて、今思うとあのキラキラした光具合からそこで仕入れた偽物を売り付けているのではないかと思うが、日本人が出入国時に入管職員からかなり鴨にされていた時代でもあった。 

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2021/09/08 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 ミンダナオ島に敷く、敷くといわれていた鉄道路線建設がようやく動き出した。この鉄道はミンダナオ島を地盤とする現大統領のドゥテルテが、『我田引水』ならぬ『我田引鉄』で露骨..   | 2021-10-26
   日本ではこの10月14日(木曜日)に衆議院の解散、19日(火曜日)告示、31日(日曜日)投開票という日程で決まったが、告示から投開票までの期間が12日間、即ちそれだけの期間..   | 2021-10-21
 新型コロナ用ワクチンは従来のワクチン製造法とは違い、遺伝子操作とかつ余りにも早い開発と実施から今一つ信頼性を持てず、今日まで接種を控えていたが2つの理由から接種するこ..   | 2021-10-12
 フィリピン政府は現在発出している『非常事態宣言』を来年9月12日まで1年間の延長を決めたが、日本のように2週間から1ヶ月という細切れで恐る恐る漫然と延長を重ねているよりは方針..   | 2021-09-22
 新型コロナ・ウィルスが次々と変異して行くのはウィルスの性質上予測されていたが、その変異株の呼び方を当初は発生国の名称を付けていたが、差別を助長するとWHOがギリシア文字を..   | 2021-09-17
 入国管理局、略して『入管』、英語だとImmigrationなので『イミグレ』と呼ばれる役所は、海外旅行をした時に入国と出国時に必ず通過する場所であり、それなりにお馴染ではあるが『管..   | 2021-09-08
 現大統領のドゥテルテが当選した2016年以降の日本のODA(日本の税金)がフィリピンでいかに使われているかを検証したい。  【写真はJICAフィリピン事務所が入るマカティ市のビル..   | 2021-09-03
 フィリピンはフィリピン人の国とひと口に語られるが、世界でも有数の多民族で構成されている国で、どのくらいの部族がいるのか分類によって数は変わるが、一説には200を超えるとい..   | 2021-08-27
 強行開催されたオリンピックなど早く終わってくれと思っていたのは小生だけではないと思うが、セブに住んでいると日本のテレビは映らないから、馬鹿騒ぎをしているオリンピック特..   | 2021-08-19
 この間、フィリピンに対する日本のODA(政府開発援助)資料を見ていたら、セブとマクタン島に4番目の橋を架けるプロジェクトが決まっていることに驚いたが、地元セブ発行の英字紙..   | 2021-08-17
12345678910,,,150
    
ニュース コラム ライフ
【合意】 韓国と自由貿易協定..
ミンダナオ鉄道で誰が得をする..
【物流】 フィリピンに戻って..
フィリピン2022年選挙報告-(1..
【評価】 フィリピン初のノー..
セブでコロナ・ワクチン接種を..
【栄冠】 セブ市代表が ミス..
【策士】 支持率低下は 娘を..
フィリピンのワクチン接種はど..
【前進】 フィリピン在住の邦..
フィリピンの学校は1年半以上..
【汚職】 政権末期に噴出する..
【犯罪】 大量の違法薬物摘発..
日本の入管(イミグレ)の闇と..
【現実】 フィリピン航空 ニ..
セブで考えるフィリピンで使わ..
【累計】 新型コロナ感染者数..
セブで考えるフィリピン人のル..
【買物】 セブで知られたスー..
セブで考える広島と長崎の原爆..
21【疑惑】 保健省の不明朗会計..
22セブ-マクタンに架かる4番目..
23【数字】 コロナ禍のGDP第2四..
24セブで観る映画 『東京オリン..
25【結果】 獲得メダルは 史上..
26セブで考えるミャンマーの軍事..
27【猛波】 セブ市と近隣市 コ..
28日本のODAのフィリピンでの使わ..
29【商機】 マクタン島に 新た..
30【対策】 フィリピン在住の邦..
31暗殺野放しのドゥテルテ政権
32【逃亡】 フィリピンに12年潜..
33セブで考える1964年と2020年東京..
34【金欲】 メダルを獲ったら莫..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【商機】 マクタン島に ..+ 860
【逃亡】 フィリピンに12年..+ 790
【対策】 フィリピン在住..+ 735
【金欲】 メダルを獲った..+ 726
【数字】 コロナ禍のGDP第2..+ 716
【結果】 獲得メダルは ..+ 603
【疑惑】 保健省の不明朗..+ 601
【累計】 新型コロナ感染..+ 555
【猛波】 セブ市と近隣市..+ 544
【買物】 セブで知られた..+ 514
日本のODAのフィリピンでの..+ 455
セブで考える1964年と2020年東..+ 440
【現実】 フィリピン航空..+ 432
セブで考えるフィリピン人..+ 432
【犯罪】 大量の違法薬物..+ 421
暗殺野放しのドゥテルテ政..+ 421
セブで観る映画 『東京オ..+ 398
セブ-マクタンに架かる4番..+ 374
【汚職】 政権末期に噴出..+ 363
日本の入管(イミグレ)の..+ 315
21【前進】 フィリピン在住..+ 298
22【栄冠】 セブ市代表が ..+ 297
23セブで考える広島と長崎の..+ 278
24セブで考えるミャンマーの..+ 262
25【策士】 支持率低下は ..+ 256
26フィリピンのワクチン接種..+ 250
27セブで考えるフィリピンで..+ 216
28フィリピンの学校は1年半以..+ 208
29【評価】 フィリピン初の..+ 157
30【物流】 フィリピンに戻..+ 133
31セブでコロナ・ワクチン接..+ 82
32フィリピン2022年選挙報告-..+ 70
33【合意】 韓国と自由貿易..+ 69
34ミンダナオ鉄道で誰が得を..+ 31
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:904,233 今日:93 昨日:143
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.