フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブの街中で実るコーヒー - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブの街中で実るコーヒー
 

 コーヒー豆の産地は南米や中米が大産地の印象を持つが、今は東南アジアもコーヒー栽培は盛んで、今やヴェトナムがブラジルに次いで世界第2位の生産量をあげているという。

 ヴェトナムでのコーヒーの淹れ方は特徴があって、カップの上に底に細かい穴のあるアルミで出来たい小さな丸い容器を乗せ、お湯を注いでカップに直接落としている。



 ただし、この間ヴェトナムに行った時に、ホテルでコーヒーを頼んだらわざわざヴェトナム方式で頼まないと飲めず、ちょうどホー・チ・ミン市にヴェトナム初のスターバックスが出来るというニュースが流れ、ヴェトナム方式も少なくなる時代に入った。

 その時、ヴェトナムの市場でコーヒー豆を買い、セブに帰っていつものようにドリップで淹れたが味の方は平凡、芳しくなかった。

 これはいつローストしたか分からないためであり、ローストをして販売する期間が長過ぎて風味を失うのはどこの国も同じで、生豆の生産は伸びてもその後の処理の不味さがコーヒーの美味さを殺している。
 

東南アジアではインドネシアの『トラジャ』が有名だが、フィリピンにもジャコウネコの糞に含まれる豆が採れ、これはフィリピン国内でもかなり高い値段で売られているが、生豆はともかくローストとその後の管理、淹れ方の不味さから値段ほどの効果は出ていない。

 フィリピンの栽培品種は『ロブスター』種がほとんどで、この種類は量が採れるために、大部分はインスタント・コーヒー原料に回され、実際フィリピンにはネッスルの大きな工場がある。

 フィリピンに来た当時、コーヒーを飲むというとレストランでもインスタント・コーヒーを出すのが当たり前で、それもカップに白湯を入れインスタント・コーヒーを瓶ごと出していた。

 その当時は、1人分に小分けしたパッケージが世に出ていない時代だったかも知れないが、今は白湯を出す店は見かけなくなったし、味はともかく豆から抽出したコーヒーを飲ます店も増えた。

 小生のコーヒーの飲み方は何も入れない『ブラック』方式だが、最初からそういう飲み方をしていたのではなく、砂糖もミルクも入れた甘い飲み方をしていたし、カフェオレなど砂糖と牛乳をたっぷり入れたコーヒーも大好きであった。

 それが20代に豆を挽いてドリップで入れる方法を覚え、まずミルクを入れる飲み方はいかにもコーヒーとは違う、味を不味くさせる飲み物と分かり卒業した。

 その後しばらく砂糖だけを入れる飲み方は続いたが、ある日砂糖を入れずに飲みそれを数回続け、その後砂糖を入れて飲んだらあまりにも甘くて全くコーヒーの旨味を感じず、それからブラックに移行した。

 コーヒーは飲み過ぎると身体に悪いといわれるが、これは1杯のコーヒーに砂糖をスプーン2杯も3杯も入れて飲む人を指すもので、1日に5杯程度飲むとするとスプーンに1015杯も使うから、明らかに大量の糖分の取り過ぎで身体に悪いことが分かる。

 コーヒーそのものは癌に対して免疫力を付けるのではないかなどと疫学的に研究されていて、少なくても有害なものではなく、身体に良くないというのは砂糖の取り過ぎから来ている。

 コーヒー豆を購入するだけでは飽き足らず、フィリピンはコーヒー豆が採れるので自分で栽培しようとなり、セブ島の北の方に土地があるので、農業省の育苗地でロブスターとアラビカのコーヒーの苗を購入し植えたが、2013年にこの地域を襲った未曽有の台風でこれら苗は全滅した。

 その時、自宅で育てていた苗は無事であったので、大きな鉢に植え替えて庭で育てていたが、なかなか花が咲かず、ようやく花が咲いたと思ったら今度は着果せず、自前の豆を採取してコーヒーを飲む考えも無理かと思っていた。

 ところが今年になって、ロブスターの樹の方に着果しているのを見つけた。着果するまで6年近くかかり、通常だと23年で実は成るらしいが、水だけをやり剪定や肥料やりなどをしない放置状態の悪条件でも、セブの都会地でコーヒーの実の成ることが分かった。

 ただし、実が成ったとはいっても、熟した実を『コーヒー・チェリー』と呼ぶように赤くなって収穫するまでには半年ぐらいかかるし、その後の生豆にする処理も手間はかかるし、実際にローストして淹れるまでにはまだ道は長い。
 

 物の本には1本のコーヒーの樹から1キログラムの生豆が採れると書いてあったが、それは太い幹を持つコーヒーの樹であって、親指ほどの太さしかない庭のコーヒーの樹からはその半分もできないのではないかと思う。

 また、コーヒーの樹は霧がかかる標高の高い山中で栽培するのが良い味になるといわれ、海抜数メートルしかない我が家の、しかも都会の空の下では味の方はどう見ても良いとは思えない。

 しかし、セブ島北の西海岸の町でコーヒー栽培が盛んになっている地域があって、低地で直射日光にも強い品種を植えれば相当育つようで、今一度、台風で全滅した場所に植えてみようかと思っている。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/08/21 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 5月5日は『子どもの日』。5月といえば日本は新緑に『薫風』で、風が爽やかな季節になるが、今年は新型コロナ・ウィルスのために、ゴールデンウィークの観光地は感染を恐れるあまり..   | 2020-05-14
【写真-1】    大晦日発の便が機体故障でプエルト・プリンセサに一泊する羽目になったが、費用は航空会社持ちだから時間がある向きには得した感じ。搭乗手続きを終えて、ロ..   | 2020-05-07
【写真-1】    写真-1は現在、公園化されている旧日本軍の捕虜収容所跡の海方向を写している。白っぽく写っている向こうはマングローブ林に続いて海に繋がっている。焼殺..   | 2020-04-02
【写真-1】    飛行機は午後発なので、その時間を利用してトライシクルに乗って大聖堂へ行く。写真-1はその正面で、現在の建物は1955年に竣工した。日本流の初詣感覚がカト..   | 2020-03-30

   | 2020-03-17
【写真-1】 セブへ飛ぶはずの飛行機が遅れるとのアナウンスがあり、ある時間を超えたら写真-1の弁当が配られた。以前、他の航空会社でも遅延の時に同じような弁当が配られたが、..   | 2020-03-04
 中国発の新型ウィルスによって世界は大騒ぎの中、中国に続いて感染者が多く出ているのは医療体制は盤石であるはずの日本とあって、奇異の目で他の国から見られている。 【写真..   | 2020-03-01
【写真-1】    事務所棟から係官と共に奥の方へ行くが、写真-1は懲罰を受けた受刑者が収容される棟の前にあった小屋。左下に『DRUG FREE PRISON』の看板が見える。ここはどうな..   | 2020-02-26
 先日、ある大手ながら余り客の来ないセブ市内のショッピング・モールへ行った。そこにはショッピング・モール開店当時から100円ショップの『ダイソー』がかなり端の方で営業してい..   | 2020-02-19
【写真-1】    この日は2018年最後の日であり、セブへ帰る日でもある。セブ行きの飛行機は午後発なので午前中を利用して2度目だが『イワヒグ刑務所』見物に行く。写真-1はト..   | 2020-02-16
12345678910,,,143
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:830,614 今日:29 昨日:171
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.