フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブの街中で実るコーヒー - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブの街中で実るコーヒー
 

 コーヒー豆の産地は南米や中米が大産地の印象を持つが、今は東南アジアもコーヒー栽培は盛んで、今やヴェトナムがブラジルに次いで世界第2位の生産量をあげているという。

 ヴェトナムでのコーヒーの淹れ方は特徴があって、カップの上に底に細かい穴のあるアルミで出来たい小さな丸い容器を乗せ、お湯を注いでカップに直接落としている。



 ただし、この間ヴェトナムに行った時に、ホテルでコーヒーを頼んだらわざわざヴェトナム方式で頼まないと飲めず、ちょうどホー・チ・ミン市にヴェトナム初のスターバックスが出来るというニュースが流れ、ヴェトナム方式も少なくなる時代に入った。

 その時、ヴェトナムの市場でコーヒー豆を買い、セブに帰っていつものようにドリップで淹れたが味の方は平凡、芳しくなかった。

 これはいつローストしたか分からないためであり、ローストをして販売する期間が長過ぎて風味を失うのはどこの国も同じで、生豆の生産は伸びてもその後の処理の不味さがコーヒーの美味さを殺している。
 

東南アジアではインドネシアの『トラジャ』が有名だが、フィリピンにもジャコウネコの糞に含まれる豆が採れ、これはフィリピン国内でもかなり高い値段で売られているが、生豆はともかくローストとその後の管理、淹れ方の不味さから値段ほどの効果は出ていない。

 フィリピンの栽培品種は『ロブスター』種がほとんどで、この種類は量が採れるために、大部分はインスタント・コーヒー原料に回され、実際フィリピンにはネッスルの大きな工場がある。

 フィリピンに来た当時、コーヒーを飲むというとレストランでもインスタント・コーヒーを出すのが当たり前で、それもカップに白湯を入れインスタント・コーヒーを瓶ごと出していた。

 その当時は、1人分に小分けしたパッケージが世に出ていない時代だったかも知れないが、今は白湯を出す店は見かけなくなったし、味はともかく豆から抽出したコーヒーを飲ます店も増えた。

 小生のコーヒーの飲み方は何も入れない『ブラック』方式だが、最初からそういう飲み方をしていたのではなく、砂糖もミルクも入れた甘い飲み方をしていたし、カフェオレなど砂糖と牛乳をたっぷり入れたコーヒーも大好きであった。

 それが20代に豆を挽いてドリップで入れる方法を覚え、まずミルクを入れる飲み方はいかにもコーヒーとは違う、味を不味くさせる飲み物と分かり卒業した。

 その後しばらく砂糖だけを入れる飲み方は続いたが、ある日砂糖を入れずに飲みそれを数回続け、その後砂糖を入れて飲んだらあまりにも甘くて全くコーヒーの旨味を感じず、それからブラックに移行した。

 コーヒーは飲み過ぎると身体に悪いといわれるが、これは1杯のコーヒーに砂糖をスプーン2杯も3杯も入れて飲む人を指すもので、1日に5杯程度飲むとするとスプーンに1015杯も使うから、明らかに大量の糖分の取り過ぎで身体に悪いことが分かる。

 コーヒーそのものは癌に対して免疫力を付けるのではないかなどと疫学的に研究されていて、少なくても有害なものではなく、身体に良くないというのは砂糖の取り過ぎから来ている。

 コーヒー豆を購入するだけでは飽き足らず、フィリピンはコーヒー豆が採れるので自分で栽培しようとなり、セブ島の北の方に土地があるので、農業省の育苗地でロブスターとアラビカのコーヒーの苗を購入し植えたが、2013年にこの地域を襲った未曽有の台風でこれら苗は全滅した。

 その時、自宅で育てていた苗は無事であったので、大きな鉢に植え替えて庭で育てていたが、なかなか花が咲かず、ようやく花が咲いたと思ったら今度は着果せず、自前の豆を採取してコーヒーを飲む考えも無理かと思っていた。

 ところが今年になって、ロブスターの樹の方に着果しているのを見つけた。着果するまで6年近くかかり、通常だと23年で実は成るらしいが、水だけをやり剪定や肥料やりなどをしない放置状態の悪条件でも、セブの都会地でコーヒーの実の成ることが分かった。

 ただし、実が成ったとはいっても、熟した実を『コーヒー・チェリー』と呼ぶように赤くなって収穫するまでには半年ぐらいかかるし、その後の生豆にする処理も手間はかかるし、実際にローストして淹れるまでにはまだ道は長い。
 

 物の本には1本のコーヒーの樹から1キログラムの生豆が採れると書いてあったが、それは太い幹を持つコーヒーの樹であって、親指ほどの太さしかない庭のコーヒーの樹からはその半分もできないのではないかと思う。

 また、コーヒーの樹は霧がかかる標高の高い山中で栽培するのが良い味になるといわれ、海抜数メートルしかない我が家の、しかも都会の空の下では味の方はどう見ても良いとは思えない。

 しかし、セブ島北の西海岸の町でコーヒー栽培が盛んになっている地域があって、低地で直射日光にも強い品種を植えれば相当育つようで、今一度、台風で全滅した場所に植えてみようかと思っている。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/08/21 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    出発した写真-1の海岸に戻り、また船から胸まで漬かって上陸する。天気に恵まれなかったが、パラワン島北部を通過中の台風のため、翌日のアイランド・ホッ..   | 2019-10-21
 セブ市のダウン・タウンの海岸沿いに『カルボン』と呼ばれる古い地域が広がり、ここにはセブの野菜と果物を一手に扱う市場があって、日夜賑わいを見せている。  カルボンとい..   | 2019-10-17
【写真-1】    その(17)から続くが、洞窟を入った中にある池の様子が写真-1。上空から日が差し込み幻想的な雰囲気を醸し出すらしいが、この写真は家人が撮っていて、小生..   | 2019-10-11
 世の中に溢れる詐欺行為と政治世界は似た物同士といっても過言ではないが、先日以下のメールが送られて来た。  いわずとした『詐欺メール』で、日付は2019/07/19 (金) 22:18でその文面..   | 2019-10-08
【写真-1】    次の行き先はシュノーケリングのポイントで、いくらも行かない島の沖合に到着。ただしアイランド・ホッピングのコースと出港、帰港時間はは決まっているので..   | 2019-10-04
 『Do It Yourself』略してD・I・Yは実用と趣味を兼ねて、かなり発展した分野になるが、セブにもD・I・Yに近いホームセンターの店舗がいくつもある。  写真がその店舗内の様子で、..   | 2019-09-28
 週末を挟んでセブ島北の町へ出かけたが、途中の町で写真の車が駐車していた。  この町はセブ島西海岸沿いにあり人口15万人前後、セブ市から車で渋滞がなければ1時間少々の距離..   | 2019-09-25
【写真-1】    写真-1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどな..   | 2019-09-19
 この間、ミンダナオ島ダヴァオ市の中心を歩いていたら、最近あちらこちらで見るようになった3輪車の大きな宣伝幕がウィンドーに張られていて一枚写した。   これは『Piaggio=..   | 2019-09-17
 寿司の嫌いな日本人というのは『カレーの嫌いなインド人』と同じくらいあまりいないと思うが、魚や刺身が嫌いな人は結構多いし、何事も好き嫌いはあり得るので一概にいい切ること..   | 2019-08-29
12345678910,,,141
    
ニュース コラム ライフ
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
《観光》 セブ市に大規模水族..
21セブで食べる寿司の味
22《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
23パラワン島紀行 2018年 その..
24《平均》 セブのホテル稼働率..
25セブの街中で実るコーヒー
26《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
27《患者》 デング熱大流行 死..
28セブで食べる 『おにぎり』
29【行事】 下院で ドゥテルテ..
30パラワン島紀行 2018年 その..
31【停滞】 現政権下で最低を記..
32セブで食べる『トンカツ』の味..
33《人災》 イロイロ市沖でボー..
34ゴミを大量に出すマクドナルド..
35【賛否】 死刑制度復活を巡っ..
36セブで飲む或る日のスターバッ..
37【利便】 企業の思惑で進めら..
38パラワン島紀行 2018年 その..
39【事故】 セブ島南部の町でダ..
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2953
【利便】 企業の思惑で進..+ 2497
【事故】 セブ島南部の町..+ 2396
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2256
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2183
《患者》 デング熱大流行..+ 1913
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1894
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1825
《平均》 セブのホテル稼..+ 1514
【停滞】 現政権下で最低..+ 1504
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 638
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 603
《観光》 セブ市に大規模..+ 594
セブで食べる 『おにぎり..+ 566
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 530
セブで食べる『トンカツ』..+ 528
セブで食べる寿司の味+ 502
セブで飲む或る日のスター..+ 493
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 471
セブの街中で実るコーヒー+ 470
21【摘発】 コールセンター..+ 430
22【強盗】 東横インのある..+ 412
23《惨事》 ボラカイ島でド..+ 364
24パラワン島紀行 2018年 そ..+ 363
25フィリピンで流行る3輪自動..+ 297
26【火災】 首都圏屈指の遊..+ 289
27《採決》 国連の人権理事..+ 288
28《拡大》 マリオットが ..+ 254
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 239
30《疾患》 重症筋無力症を..+ 206
31セブのホームセンター+ 188
32《計画》 セブの経済特区..+ 183
33セブで見つけた旧い車+ 176
34パラワン島紀行 2018年 そ..+ 121
35セブに送られた詐欺メール..+ 116
36《選挙》 副大統領選の開..+ 80
37セブの巨大青物市場 カル..+ 60
38パラワン島紀行 2018年 そ..+ 56
39パラワン島紀行 2018年 そ..+ 29
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:800,052 今日:8 昨日:164
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.