フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで聞く新元号 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで聞く新元号
 

 元号など無縁のフィリピンに住んでいると、41日の新元号発表時の日本の馬鹿騒ぎ、特にマスコミと称する連中の態度など『翼賛』そのもので『何だこれは』と思うばかり。

 


 

『令和』と発表されて最初に思ったのは英語表記は『RE』あるいは『LE』で始まるかの疑問で、どちらでも書けるとなると問題が生じるのではないかと思うが、個人的にはどうでも良い問題である。

 そういう話しをしていたら知人から『らりるれろのローマ字はRを使っているからLではなくRが正解』と聞き、そうだったのかと納得したし、実際英字新聞の表記は『REIWA』であった。

 この文を書くに当たって新造語の令和というワードはパソコンには入っていないだろうと思ったが、どういう訳か2013年オフィス・ソフトの入っている古いパソコンでありながら、『れいわ』と打つとすんなり出てきたから不思議な感じがした。

 この令和以外に5つの候補があったことが明らかになっていて、『万保』『万和』『広至』『久化』『英弘』がその候補で、新元号が発表されてすぐに他の候補名が分かるというのはいかにも現代的と感じるが、政府側が意図的に流したのであろう。

 候補になった5つを考えると、前2つの万保と万和は字感、読み方と共にどう見ても江戸時代のセンスで、読み方も複数になり、選考者間でも不人気だったのではないかと思わせる。

 次の広至は個個の字の印象と組み合わせから元号にはどうかなという感じがし、久化も語感とやはり江戸時代的センスを感じさせる。

 最後の英弘は字の収まりと安定性は感じるが、人名で珍しくはなく既にたくさん命名されていると思うので、元号には不向きで、今回の令和騒ぎでも名前が同じだということで大騒ぎになっている。

 そうして最後に残った令和になるが、これも収まりが良い字の組み合わせと思えないが、語感の良さと令という意外な字の起用はあるが、どう見ても6つの中から選ぶとなると消去法で決まったような感じがする。

 れいわというのは人名で流行っている『キラキラ・ネーム』と共通するところもあり、その辺りも今風の選考理由として決まったのではないかと思うが、6つの案を思うと消去法で選んだと感じる。

 令和は今風の語感があるから、これから生まれる子どもに対して元号にあやかって命名する親は続出するであろうが、いつの時代にもこの手の便乗組はいるから気にするほどのものでもない。

 そういえばある世代、学年になぜか『憲』の字の入った者が多く、これは憲法を発布した年生まれ、即ち1947年(昭和22年)に因んで親が憲法の1字『憲』を取り入れたためという。

 その当時の親心と今の親心は時代背景が違うから比較出来ないが、少なくても戦前の軍国主義を経た親には新しい憲法は新鮮な目に映ったことは確かなようで、今のような芸能人気取り、漢字の素養ゼロの当て字の親とは格段に意識は違う。

 さて今までの元号は漢籍から造りだされているが、今回は日本の古典である『万葉集』からの出典で、これは史上初めての国書からの出典と、安倍自民党は浮かれているがどうも怪しい。

 その万葉集、確かに学校で習う程度の代表的な歌は記憶しているが、その程度のもので国書がどうだというのは政治的な馬鹿騒ぎでしかなく、こうしてじわじわと国粋に名を借りた全体主義は浸透する。

 万葉集は『万葉かな』という言葉があるように、全部漢字で書かれていて、それを当て字で和文にしていて、どう強弁しようが日本の国字は中国の漢字の影響下にあることは逆さにしても否定出来ない。

 史上初めてと言い触らす安倍のインチキ性体質がこういう所でも出ているが、今や政府の御用新聞と化した大手マスコミはこういう手法をまかり通させていて、このことへの批判や指摘は遠慮がちで全く信頼出来なくなっている。

 

そういえば、初めて令和という字を目にして、『令』という字は『命令の令』ではないかと思ったが、それに対して政府は命令の令ではないと弁明しているが、『号令』、『指令』と目線が上からの語彙ばかりで、何となく世の中が逆戻りする感じを受けた。

 

 もっとも、令には敬う意味で『令嬢』とか『令息』など使われ雅な雰囲気を醸し出すが、これさえもその世界は令同様に上の世界を表していて、上から目線の元号に感じる。

 

一方の『和』は、昭和にも使われていて馴染のある字になるが、これも『大和』の和であり、この字を日本人は好きなのだと思ったが、『大和魂』などという権力者にとって都合の良い陳腐な言葉には結びつけたくはない。

 今回の元号は大伴旅人の文から令と和を選んで造語しているが、国文学者からはこの文も元はいくつかの漢籍から出ているとの指摘もあり、政府の主張はかなり我田引水であると分かるが、所詮こじつけともいえる造語だからどうのこうのというほどのものでもないか。

 個人的には前にも書いたように元号などなくても良いと思っているから、改元がどうのこうのなど世間の動きは煩わしいだけだが、目先を変える、気分転換には改元は悪くない気がする。

 改元しただけで世の中が変わるとは思えないが、あくまでも気分の問題では変化は出て、実際元号に便乗した商売は過熱しているが、元号も貪欲な『商業主義』にとっては好餌の一つでしかないようだ。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/04/12 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    次の行き先はシュノーケリングのポイントで、いくらも行かない島の沖合に到着。ただしアイランド・ホッピングのコースと出港、帰港時間はは決まっているので..   | 2019-10-04
 『Do It Yourself』略してD・I・Yは実用と趣味を兼ねて、かなり発展した分野になるが、セブにもD・I・Yに近いホームセンターの店舗がいくつもある。  写真がその店舗内の様子で、..   | 2019-09-28
 週末を挟んでセブ島北の町へ出かけたが、途中の町で写真の車が駐車していた。  この町はセブ島西海岸沿いにあり人口15万人前後、セブ市から車で渋滞がなければ1時間少々の距離..   | 2019-09-25
【写真-1】    写真-1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどな..   | 2019-09-19
 この間、ミンダナオ島ダヴァオ市の中心を歩いていたら、最近あちらこちらで見るようになった3輪車の大きな宣伝幕がウィンドーに張られていて一枚写した。   これは『Piaggio=..   | 2019-09-17
 寿司の嫌いな日本人というのは『カレーの嫌いなインド人』と同じくらいあまりいないと思うが、魚や刺身が嫌いな人は結構多いし、何事も好き嫌いはあり得るので一概にいい切ること..   | 2019-08-29
【写真-1】    アイランド・ホッピングは昼食、飲み物付きのツアーで、20人くらいを乗せてエル・ニド沖の島をいくつか回り、昼食は砂浜に上陸して摂る。写真-1は砂浜前の沖..   | 2019-08-26
 コーヒー豆の産地は南米や中米が大産地の印象を持つが、今は東南アジアもコーヒー栽培は盛んで、今やヴェトナムがブラジルに次いで世界第2位の生産量をあげているという。  ヴ..   | 2019-08-21
 握り飯を『おにぎり』あるいは『おむすび』といい、おにぎりと呼ぶのは西の方で、東の方はおむすびと呼ぶことが多いらしいが、生粋の東京の下町人間であった母親は『おにぎり』と..   | 2019-08-14
【写真-1】    台風がパラワン島北方に近づいているが、この日はアイランド・ホッピング用の船が出そうなので申し込む。結果的にあくる日は出港停止措置が取られていて、こ..   | 2019-08-10
12345678910,,,141
    
ニュース コラム ライフ
【強盗】 東横インのある..+ 2601
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1208
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 753
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 375
【判決】 2018年のセブ島射..+ 334
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 333
【噴火】 タアル火山が活..+ 254
《実現》 ようやく2021年に..+ 253
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 154
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 137
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 99
台湾の選挙中の台湾旅行+ 82
【結果】 2019年の経済成長..+ 42
飽き飽きするセブの『シヌ..+ 11
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:813,535 今日:12 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.