フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フィリピン選挙ラプソディー2019 その-1 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  フィリピン選挙ラプソディー2019 その-1
 

 犯罪を中心に何でも有りのフィリピンでは、昔から先にやった方が勝ちという世界で、今年の513日に投票される全国選挙に向けて、候補者連中とその取り巻きは選挙違反という言葉などないかのごとくに暗躍している。


 日本の場合、選挙がどれだけ経済効果を表すのかあまり話題にならないが、フィリピンの場合、選挙年はGDPが明らかに例年より増加、選挙特需という言葉が生き関連業界は待望する年になる。

 この全国選挙、3年ごとに行われるが、前回の2016年選挙は正副大統領選があり、当初は泡沫候補と言われたドゥテルテがアキノ後継で出馬したロハスに大差でつけて大統領に当選した。

 今年行われる選挙は3年ごとに改選される下院議員全部と州、市、町の自治体首長、それらの自治体議員、また定員が24人しかいない上院議員の半数12人が改選される。

 上院議員の任期は6年であり、その半数が3年ごとに改選されるが、この上院議員職は大統領への道の最短距離になり、歴代大統領もほとんどは上院議員経験者で、ここ三代はアキノ、アロヨ、エストラダと上院議員経験者が当選している。

 このような流れの中、ドゥテルテのようなフィリピンでも南部の辺境ミンダナオ島の国内有数の市とはいえ、地方の市長がいきなり大統領に当選するのは歴史上初めてであり、ドゥテルテを生んだ背景というのは特筆されて良い。

 さて、大統領に最も近いポジションと言われる上院議員だが、この選出方法はかつての日本で採用されていた参議院の全国区と同じで、国内全域が一つの全国選挙区となっている。

 また、在外投票が認められているので、香港にはいわゆる出稼ぎ労働者が20万人以上のフィリピン人有権者がいるので、選挙期間中に資金のある候補者は香港まで遊説に毎回出かけていて、候補者にとっては馬鹿にならない票田となっている。

 下院議員の定数は297人と日本と比べるとかなり少ないが、選び方は二つに分かれていて地方選挙区選出が276人、政党別比例選出が21人となっている。

 この政党別というのは地域政党、職能団体政党が擁立した候補者に投票するが、地方選挙区選出だとその地方の政治屋一族が座を独占するために少数派の意見を取り入れるために枠を作ったといわれる。

 日本の衆参議員数は現在衆議院は456人、参議院は242人が定員となっていて、かなり多いような気がするが、人口10万人当たりの議員数は0.57人で先進国を中心とするOECF(経済開発機構)加盟国34ヶ国中33番目に議員が少ないという意外な結果が出ている。


 議員は仕事をしっかりやれば多い少ないは関係ないと思うが、日本は仕事どころか一族の家業となって利権と既得権を守る者が多く、そういう面からは衆参議員数など今の半分の数でも多いくらいである。

 日本の議員数とフィリピンの議員数を比べれば、フィリピンは上下院ともかなり少ないなと思うが、フィリピンは政治の一族による家業化は日本以上露骨で、そういう意味では少ない方が良いのかも知れないが、寡占化による一族による政治王朝が際立ち、こうなると北朝鮮の金一族と変わらない存在となる。

 以前読んだ資料で、フィリピンの下院議員は人口25万人ごとに小選挙区が設けられるとなっていて、この基準で行くと小生の住む街は人口約40万人なのでかなり人口が超過している。

 基本的には定数を増やさないため、選挙区割りなどで対応しているが、その不公平感は都市住民には強く、日本では年中行事のように『一票の格差』を巡って訴訟が起きているがフィリピンではそこまでは行っていない。

 25万人で1議席と書いたが、先年旅行に行ったフィリピン最北の島嶼州バタネスなど総人口が2万人を遥かに割っていても下院議員一人を選出しているから、地域的な配慮は成されているようだ。

 ちなみにフィリピンには州は81あるが、最大人口を持つ州はセブ州でその人口500万人弱とあるが、セブを含めてヴィサヤ地域には単一の島であるシキホール州が10万人、カミギン州が9万人で州となっていて、州とは言いながらかなり差がある。

 もちろん、先述したバタネスも州となっていて、同じ州政府、州知事と言っても小国の首相並みと日本の村長並みの規模になるが、英語では『Governor』であり大小など関係はない。

 そのため、州知事という肩書きをもらいために既存の州を分割する政治屋の動きはどこでも活発で、今年になって南シナ海に浮かぶパラワン州が三つに分割されることが決まった。

 パラワンへは昨年末を含めて3回行っているが、州都プエルト・プリンセサ市を除いて細長い島には大きな町がなく、実際北端にある観光地へ向かう道筋は人家も少なかった。

 そういった環境の中で、わざわざ新たな州を二つも作るとは理解しがたいが、パラワンは島とはいえ、日本の四国ほどの面積があり、行政の範囲としては広大でその点では合理性はあるが、どう見ても住民本位ではなく政治屋間の縄張り争いで州知事の座を作るためという感じは否めない。

【写真は知事の座を2つ増やすパラワン州の州都プエルト・プリンセサ市にて】

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/03/13 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】    あれほど土砂降りであった天気も、ホテルに着き荷物を降ろし休んでいる内に小止みになり外へ出られるようになった。写真-1はホテル前の前方海に浮かぶ島で..   | 2019-04-15
 元号など無縁のフィリピンに住んでいると、4月1日の新元号発表時の日本の馬鹿騒ぎ、特にマスコミと称する連中の態度など『翼賛』そのもので『何だこれは』と思うばかり。   ..   | 2019-04-12
【写真-1】    海岸に出たら道は途絶えていて、トライシクルは砂浜に車輪に取られながら走る。写真-1のように排水口が川のように流れていてトライシクルがそこを越せず、..   | 2019-04-04
 3月になり日本の桜の開花がニュースが流れると、この時期だけは日本へ行ってみようかという気は起きるが、日本へ行くよりほかの国へ行った方が良いという気持ちが勝っていて、具..   | 2019-04-02
【写真-1】    右へ行くとタイタイ町、左へ行くととエル・ニドへ行くロータリーの上で見かけたのが写真-1。これは地元の政治屋連中の看板で、2019年5月に選挙があるのでフィ..   | 2019-03-29
 フィリピンは日本同様、四方を海に囲まれているので魚介類を食べ、イワシやカツオといった日本でもお馴染の魚も獲れるが、水温が高いために脂の乗りは今いちで、少々物足りない味..   | 2019-03-27
【写真-1】    パラワン島は列島から離れているために開拓されていない所が多く、少し前には裸で暮らす少数民族が存在すると話題になった。しかし、エル・ニドへ向かう幹線..   | 2019-03-22
 3月11日、セブのリゾート施設が集中するラプラプ市で凄惨な事件が起き、地元は蜂の巣を突っついたように大騒ぎになっている。  【写真は事件のあったマクタン島を飛行場着陸直..   | 2019-03-19
【写真-1】    プエルト・プリンセサからエル・ニドまでは陸路で6時間前後かかる長丁場。ホテルを早く出て、写真-1のトライシクルでバス・ターミナルへ。朝早いので交通量..   | 2019-03-16
 犯罪を中心に何でも有りのフィリピンでは、昔から先にやった方が勝ちという世界で、今年の5月13日に投票される全国選挙に向けて、候補者連中とその取り巻きは選挙違反という言葉な..   | 2019-03-13
12345678910,,,142
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:816,993 今日:54 昨日:102
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.