フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
マニラ逍遥 2018年 その(2) マニラ行きの飛行機は4時間半遅れて離陸 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  マニラ逍遥 2018年 その(2) マニラ行きの飛行機は4時間半遅れて離陸
   

 4時間遅れて搭乗は始まったが、運航便は国内便にしてはずいぶん大きな機体と思って、備え付けの『緊急避難カード』を見ると『A330』。


 【写真-1

 この機種はアメリカのボーイング社と航空機製造でしのぎを削るエアバス社製で、航続距離1万キロを超す双発機だが、乗客を多数乗せられるために短距離の国内便でも多く使われている。

 写真-1はその機内の様子で、席の配置が3×3×39席となっていて、詰め込めるだけ詰め込んだ座席配置がありあり。いくら何でもこれはないだろうと思うし、低価格航空会社でも2×3×27席配置をする会社もある。

 この機種の標準座席配置は2×4×2の8席で、380席ほどだが、均一なクラスにして1席増やした9席とすると10%以上の席数を増加できるから、セブ・パシフィック航空のように定価価格で売る航空会社にとってはもってこいの機種になり、文字通り『空飛ぶバス』になる。

 それにしても窓側に座るとトイレに行く時、2人の前を気を使って通らなければならず、乗客本位の席配置でないことは確かで、短距離なら我慢は出来るが、長距離になるとかなり大変。そのためかこの便がマニラに到着後にトイレに駆け込む乗客は多かった。

 こういう大きな機体のために何に問題があったのか知らないが、ともかく通常ならキャンセルされても良い4時間以上の時間の遅れだが、どうしても無理してでも飛ばさなければいけない事情がセブ・パシフィックにはあったのではないか。

 乗り込んでからもすぐには離陸にならず、またドアを閉め切っても動き出す様子がなく、エアコンの効かない機内はどうなっているのかと、不満と不安げな乗客も散見するが、多くは使用禁止のアナウンスがあってもスマホに夢中になっていてつまらない時代と人々である。


【写真-2

 飛行機は動き出した時が出発時間と決められているが、写真-2はその動き出した瞬間で、撮影記録時間を調べてみると1530分であった。本来の出発時刻は1055分であったから、正確には4時間35分の遅れとなった。

 このため、時間通りにマニラに着いていれば、余裕を持って家人と共にチャイナ・タウンで午後の飲茶を味わう楽しみは完全に吹き飛んでしまった。

 この程度なら笑って済ませるだろうが、国際便に乗り継ぐ客など甚大な影響を受けるから笑っていられないし、空港に迎えに来た関係者も4時間半も遅れるとは呆れるを通り越したのではないか。

 通常の離発着はマクタン島の南側からが多いが、この日の離陸は風向の関係からか珍しく反対側からの離陸で、座った席も右の窓側であったので普段見られない風景が見えた。


【写真-3

 写真-3は空港を飛び立って右旋回している様子で、マクタン島とセブ島側が眼下にはっきり見えている。これで分かるようにセブ島側の海の色がはっきり汚濁している様子が分かるし、マクタン島側も浅瀬の具合もあるがやはり汚染されている海の色に見える。

 リゾートで売るセブも汚染が進んでいるのが実情で、先頃6ヶ月間の閉鎖措置が取られたボラカイ島の二の舞になりそうだが、そこは政治力という力学で表沙汰にはなっていない。

 それにしてもこのような汚濁の海に何も知らずに宣伝に釣られて訪れる観光客もいい面の皮で、観光業者も食い尽くすだけ食い尽くす姿勢は変わる様子はなく、何れボラカイ島同様自分の手で首を絞めるようになるのではないか。

 写真中央左寄りの見える一角は日本の税金で埋め立てた場所で、大手財閥企業が土地を取得して開発中だが、その辺りから第3の橋がマクタン島へ架けられる予定で、既に工事は始まっている。

 

 このように割合視界の良かったセブを飛び発つと雲が多くなり、やがて雲に全体が覆われマニラに近づくに連れて雨雲が視界を遮り、マニラ国際空港に着陸時には土砂降りの様相で雨は筋になって窓に流れた。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/09/30 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 既に掲載している中から、州都バスコのあるバタン島とサブタン島の印象的な写真を再掲載し、この旅をそろそろと終えることにする。 【写真-1 右に少し見える海上から1942年12..   | 2019-02-03
 日本のテニス選手が世界四大大会の内、全米、全豪の二大会を制するなど誰も想像できなかった時代にテニスを始め、セブに来てからもフィリピン人コーチに教えてもらった小生だが、..   | 2019-02-01
 1月20日の日曜日はセブ最大のお祭り『シヌログ=Sinulog』が行われ、150万人が加わったというが、それはいくら何でも誇大でテレビ中継で祭りの様子を観ていた人も数に入れているので..   | 2019-01-28
【写真-1 ここに日本のホテルオークラが開業するがイメージは落ちる】   マニラ空港第4ターミナルで降りタクシーを拾って空港近くのタギッグ市へ。写真-1は途中の道路沿い..   | 2019-01-22
 日本独特の元号はその時代の日本を知るには良いが、西暦という統一されたものを使用した方が簡単、便利で、最近は役所提出の書類でも元号でも西暦でもどちらでも良いのが増えてい..   | 2019-01-18
【写真-1 湖の周りは自然保護区らしいが開発は進んでいる】  ルソン島の山岳部を抜けると飛行機は高度を落とすが、写真-1では眼下に複雑な形のする湖が見える。これは『ラ・..   | 2019-01-15
【写真-1 人の手の入っていない海岸線が伸びる】   バタネス諸島と書いているが、ルソン島までにはバリンタン諸島、バブヤン諸島があり、写真-1はバリンタン諸島最大のバ..   | 2019-01-13
 パラワン島へ旅行をした。パラワン島というのは南シナ海の真っただ中、フィリピンの最西端に位置する細長い島で、長さで比較するとセブ島の2倍以上あり、言語的には中央タガログ..   | 2019-01-09
【写真-1 管制維持も大変】   今日はマニラへ帰る日。写真-1はバスコ飛行場の管制塔で、3階建ての一番上に茶色く見えるのは、先年の台風で破られたガラス窓を塞いでいる取..   | 2019-01-06
【写真-1 少々笑える崖に穿たれた道路標識】   東海岸の穴場で時間を過ごして、またバスコの町へ戻る。写真-1は左手側の下側には海が広がる道の崖で見た『BLOW UR HORN』の標..   | 2019-01-04
12345678910,,,142
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:816,136 今日:86 昨日:85
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.