フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで日本軍が降伏した場所 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで日本軍が降伏した場所
   

 セブ市から幹線道路を北上すること80キロほど行った所に『イリハン』という山の中の集落があり、そこには1945824日にセブ島内で戦っていた日本軍が投降、降伏文書に調印をした場所がある。


 1945815日に『玉音放送』があり、日本軍が敗戦を受け入れ降伏した日と歴史には刻まれるが、それは日本国内及び情報伝達が機能していた現地や部隊に限られ、軍隊としての組織が壊滅していた多くの将兵は、その後も山野を彷徨い戦いが終わったことを知らない者も多かった。

 このイリハンの幹線道路沿いに細いパイプ上部に白地に黒い字体で『JAPAESE SURRENDER AREA』と英文で書かれた、標識が立っていたが、既にペイントは剥げ落ち、パイプも傾きかけていて、このまま草に埋もれて行くような状態であった。【写真】

 先日この傍を車で通ったらこの標識は消え、標識のあった場所は草が繁茂して、一帯の景色に呑み込まれ、このため、セブ島の日本軍が降伏したこの地は文字通り草に埋もれて歴史から消え去ろうとしている。

 セブ島にアメリカ軍が上陸したのは1945428日で、上陸地点はセブ市南に隣接するタリサイの海岸で、迎え撃つ島内の日本軍は1万数千人の軍隊というが、その中身は貧弱な装備の兵、フィリピン戦線最大の激戦地レイテ島からの退却兵、あるいは海軍の沈められた軍艦の生存兵、そして現地召集の兵、在留邦人などの寄せ集めで勝負は決していた。

 また、当時のセブ島はフィリピンのゲリラ兵が優勢で激しく日本軍を追い込み、山に逃げ込んだ日本兵はフィリピン人の積年の恨みもあって、残党狩りのようにずいぶん血祭りに上げられている。

 先の戦争の日本の敗因など、戦後たくさん分析されているが、一番分かり易いのは『勝つことしか考えていなくて負けることを考えなかった戦争指導者』ではないか。

 明治以降の富国強兵路線で日本は軍国化へ進み日清、日露と対外戦争を行い何れも勝利し『日本軍不敗』の神話が醸成され、その神話は指導者の思い上がりに繋がり、戦争遂行が全て精神論となって815日を迎えた。

 戦争を始める時は戦争を終える、つまりどこかで和平、講和を考えるのが基本であるが、それが日本の戦争指導者にはほとんどなく、死ななくて良かった将兵を無残にも殺してしまった。

 1941128日の緒戦の真珠湾攻撃からインドシナ半島、マレイ半島、シンガポール攻略と開戦当初は破竹の勢いであった日本軍であったが、それも半年しか続かず、194265日の『ミッドウェイ海戦』の惨敗を契機に転げ落ちるように日本は敗戦へ向かった。

 ミッドウェイ敗戦から3年も消耗戦を続けた当時の指導者の頭のお粗末さに驚くが『日本軍不敗神話』が正常な判断を狂わしたのであろう。そうして出て来たのが『特攻』で、作戦と呼ぶにはおぞましく、特攻で死なされた若者には涙を禁じ得ないが、英雄視するのはとんでもない話である。

 また、戦争に付き合わされた日本人も不幸で、空襲、2度の原爆で銃後の人々は容赦なく死に至ったが、そういうボロ負け状態でも『本土決戦』を本気で軍部は考えていたから、言葉を失ってしまう。

 そうやって愚劣な歴史を批判しても何もならないが、その愚劣な歴史から学ぶことは出来、それが戦後73年間続いた戦争を起こさなかった基本になるのだろうが、その歴史に学ばない日本人が増えた。

 

 戦争に行った人は90歳台半ばで、愚劣な戦争の体験者は消えて行き、戦争というものが、国家間のゲームぐらいしか感じない者が多くなり、血を流し殺す、殺されるリアルさを感じない日本人も増えた。

 

 こういった風化する戦争体験をいかに次の世代に伝えて行くかが大切だが、北朝鮮の核ミサイル恐怖を煽って選挙をした安倍自民党には、戦争賛美しかなく、それに乗ぜられる日本国民も戦前の来た道を戻るような在り方で、それで大丈夫なのかと心配をする。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/08/19 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1 少々笑える崖に穿たれた道路標識】   東海岸の穴場で時間を過ごして、またバスコの町へ戻る。写真-1は左手側の下側には海が広がる道の崖で見た『BLOW UR HORN』の標..   | 2019-01-04
 来年の2月でパスポートの有効期限が切れるので、12月21日(金曜日)にパスポートを更新するために、セブの人間が勝手に領事館と名付けている在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官..   | 2018-12-22
【写真-1 バスコにはガソリン・スタンドはここだけか?】   最北の島イトバヤット島へ行けず、1日時間が空いたので前に通り過ぎた西海岸の淵で泳ごうとトライシクルに乗る..   | 2018-12-19
1928年に竣工した6階建ての『ファースト・ユナイテッド・ビル』は、マルコス時代の政商で、エドサ政変でアメリカに逃げたのにいつの間にか復権した人物が所有する銀行の物と前回書い..   | 2018-12-17
【写真-1 欠航続きで島に持って行く物品が溜まっている】   最北端の島『イトバヤット島』へはバスコから船で片道4時間。便船が強風で欠航していたので写真-1のその船会社..   | 2018-12-13
 日本とアメリカが戦った『太平洋戦争』の開戦は12月8日(アメリカ時間では12月7日)の『オアフ島真珠湾攻撃』から始まったと知られているが、実際はフィリピンとマレイシアへの攻撃..   | 2018-12-10
 今でこそ、フィリピンでは40階から50階ある高層ビルは珍しくないが、1928年に竣工した6階建ての『ファースト・ユナイテッド・ビル』は、当時では一番高いビルであった。【写真-1 ..   | 2018-12-07
 フレディー・マーキュリーというのはロック・バンド『クイーン』のボーカリストで、と書くまでもなく、その生涯をたどった映画『ボヘミアン・ラプソディー』が全世界で公開され、..   | 2018-12-05
【写真-1 州庁舎はこの年にあった台風で被害を受けていた】   この日、標高1009mのイラヤ山山頂が姿を現し、写真-1は左の州庁舎を前に写した一枚。バタネスは人口1万8千人に..   | 2018-11-27
 エスコルタ通りはその(7)に書いたジョーンズ橋を渡って右に入る地点にある写真-1の道路標識から、サンタ・クルス教会に至る短い通りだが、戦前はビジネス街として栄え、当時の..   | 2018-11-24
12345678910,,,142
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:816,965 今日:26 昨日:102
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.