フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
バタネス紀行 2017 その-(63) ルソン島山岳部を南下して飛行機はマニラ国際空港に着陸 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  バタネス紀行 2017 その-(63) ルソン島山岳部を南下して飛行機はマニラ国際空港に着陸
 


【写真-1 湖の周りは自然保護区らしいが開発は進んでいる】

 

 ルソン島の山岳部を抜けると飛行機は高度を落とすが、写真-1では眼下に複雑な形のする湖が見える。これは『ラ・メサ湖』といって、マニラ首都圏の飲料用の水源地になる、しかし、周辺は開発が進んでいて住宅がピッシリ埋まる。 


【写真-2 世界でも有数の住宅密集都市だが都市計画などは全くない】

 

 空港滑走路に角度を合わせながら飛行機は着陸態勢に入る。写真-2は高層マンションの建ち並ぶ住宅地域だが、飛行機の騒音などあまり関係なく、緑地のように見える部分も開発業者の所有する空き地で、いずれ家で埋まってしまう。 


【写真-3 最近でもミンダナオ島の内戦により続々と戦死者が埋葬されてい

 る。

 

 写真-3には『マニラ英雄墓地』の墓標が円弧状に写っている。ここは1947年に造られた戦争で死んだ者を埋葬し、その数4万人以上。独裁者マルコスの遺体埋葬が先年行われたのもこの墓地で、30年以上前に一度行ったことがある。 


【写真-4 道路の渋滞を尻目に飛行機は通り過ぎるが空港を出れば同じ目に】 

 

 滑走路の端を機体が過ぎ、着陸は目前の様子が写真-4。左端に道が見えるが片側は車が詰まっていて渋滞が激しい。時間的に朝の通勤、通学時間帯なのでこの渋滞光景はフィリピンの都市部では日常的だが、皆諦めている。 


【写真-5 V字型の滑走路を持ち空中衝突の恐れはないか心配】

 

 機体が着地したのが写真-5で、マニラ国際空港は3本の滑走路と4つのターミナルを持つが、どれも場当り的に作られいずれパンクする運命にある。そのため、巨額な改修計画やマニラ湾への新空港建設など大企業が策動している。 


【写真-6 この航空会社はこの機種で観光地を結ぶ】

 

 小型機ながら高翼式で4発のエンジンを積んだ珍しい機体を撮影。マニラは朝方雨が降ったのか駐機場は写真-6のように水溜りがあった。セブに帰る乗り継ぎ便まで時間があるので、一度空港の外に荷物を持って出る。 

 


 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2019/01/15 (火)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 日本のテニス選手が世界四大大会の内、全米、全豪の二大会を制するなど誰も想像できなかった時代にテニスを始め、セブに来てからもフィリピン人コーチに教えてもらった小生だが、..   | 2019-02-01
 1月20日の日曜日はセブ最大のお祭り『シヌログ=Sinulog』が行われ、150万人が加わったというが、それはいくら何でも誇大でテレビ中継で祭りの様子を観ていた人も数に入れているので..   | 2019-01-28
【写真-1 ここに日本のホテルオークラが開業するがイメージは落ちる】   マニラ空港第4ターミナルで降りタクシーを拾って空港近くのタギッグ市へ。写真-1は途中の道路沿い..   | 2019-01-22
 日本独特の元号はその時代の日本を知るには良いが、西暦という統一されたものを使用した方が簡単、便利で、最近は役所提出の書類でも元号でも西暦でもどちらでも良いのが増えてい..   | 2019-01-18
【写真-1 湖の周りは自然保護区らしいが開発は進んでいる】  ルソン島の山岳部を抜けると飛行機は高度を落とすが、写真-1では眼下に複雑な形のする湖が見える。これは『ラ・..   | 2019-01-15
【写真-1 人の手の入っていない海岸線が伸びる】   バタネス諸島と書いているが、ルソン島までにはバリンタン諸島、バブヤン諸島があり、写真-1はバリンタン諸島最大のバ..   | 2019-01-13
 パラワン島へ旅行をした。パラワン島というのは南シナ海の真っただ中、フィリピンの最西端に位置する細長い島で、長さで比較するとセブ島の2倍以上あり、言語的には中央タガログ..   | 2019-01-09
【写真-1 管制維持も大変】   今日はマニラへ帰る日。写真-1はバスコ飛行場の管制塔で、3階建ての一番上に茶色く見えるのは、先年の台風で破られたガラス窓を塞いでいる取..   | 2019-01-06
【写真-1 少々笑える崖に穿たれた道路標識】   東海岸の穴場で時間を過ごして、またバスコの町へ戻る。写真-1は左手側の下側には海が広がる道の崖で見た『BLOW UR HORN』の標..   | 2019-01-04
 来年の2月でパスポートの有効期限が切れるので、12月21日(金曜日)にパスポートを更新するために、セブの人間が勝手に領事館と名付けている在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官..   | 2018-12-22
12345678910,,,144
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,917 今日:124 昨日:150
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.