フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【決定】 選挙運動費の虚偽記載で 中央選管が州知事の当選取り消し - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【決定】 選挙運動費の虚偽記載で 中央選管が州知事の当選取り消し
 フィリピンでは3年ごとにある選挙の年はGDPを押し上げる経済効果があって、買い票、売り票行為が普通なため金が乱舞する。

 このため中央選管は一応の選挙資金上限額を定めてはいるが有名無実、よほど金のない候補者以外は上限額などなんとも思っていなくて、選管へ提出義務がある選挙運動費届など形だけで、実態は使い放題となっている。

 こういった状況に業を煮やした中央選管は928日、本年5月に行われたルソン島中央部ラグナ州(人口300万近く)知事に対して『規定額を超えた』との理由で、当選を取り消した。

 これに対して知事側は決定の再考を中央選管に求め、認められない場合は裁判闘争に持ち込む模様。

 中央選管の再考中、及び裁判中は知事職に留まって職務は通常に執行でき、最高裁までの裁判の結果が出るのは56年かそれ以上先になり、その間に次の選挙が2016年に来るので、ほとんど無意味な決定ではないかとの指摘もある。

 また、どの候補者も選挙資金など超過は当たり前で、なぜこの時期にスケープゴートのようにラグナ知事が血祭りになったか、政治的な思惑があるのではないかとの見方もある。

 ラグナ州知事はエストラーダ元大統領の甥に当る元俳優だった人物で、5月の選挙ではアキノ与党側が推す候補者と競り合ったが、再選を果たしている。そのため落選した候補者側から失格の申し立てが出ていた。

 中央選管が調べたところ、地方選挙では『有権者1人当たり3ペソ』が使え、ラグナ州では上限額は約456万ペソだったが、当選した陣営の申告額はこの上限額を下回る約410万ペソだった。

 ところが中央選管が調査し、選挙運動中に陣営が費やしたテレビ・コマーシャル代だけでも約600万ペソと、これ一項目だけで大幅超過が判明。これを理由として当選取り消しの裁定となった。

 中央選管は決められた選挙運動費上限額を蔑にする候補者に対して、鉄槌を与えたような勝利感に酔っているが、本気で全候補者の選挙運動資金を精査したら、フィリピンでは国政、地方を問わずほとんどの当選者は当選取り消しになり、『氷山の一角』という言葉を連想させる中央選管の印象が強い。


Updated: 2013/09/27 (金) 13:37

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン保健省の発表によると、新型コロナ感染者数の国内感染者数は1月11日に累計3026473人となり、ついに300万人台を突破した。 過去の感染者数を見ると感染者数50万台人に達した..   (2022-01-13)
 2022年5月に任期の切れるドゥテルテ大統領は、同年5月の正副大統領選を含む3年に1度の全国選挙の副大統領選に出馬表明をし、それが憲法違反の可能性が高いと指摘されると次に12人が..   (2021-12-16)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
 フィリピン保健省によると、9月1日現在の新型コロナ感染者数累計は200万3955人となり、200万人の大台を突破した。 感染者累計で50万人を記録したのは今年の1月17日、100万人の大台にな..   (2021-09-02)
 国の機関の会計を検査する組織として会計検査院があり、多くの国では裁判所と同様にその立場の独立性を保障されていて、最高権力者といえども口を挟むことは許されていない。 フ..   (2021-08-19)
 大会開催中に毎日のように新型コロナ感染者数の記録を塗り替えていながら東京で開かれたオリンピックで、フィリピンは女子重量挙げ55キロ級で前回リオ・デ・ジャネイロ大会で銀メ..   (2021-08-09)
 7月30日現在のフィリピン国内新型コロナ感染者は累計158万人を超え、これは7月1日141万人より17万人の増加で、感染ペースは下がっていなくて、政府は8月1日から各地に出している防疫体..   (2021-07-31)
 7月4日午前11時半頃、ミンダナオ島西岸海域スール州ホロ島にある空港でフィリピン国軍の輸送機『C-130』が着陸に失敗し、近くのヤシ林に墜落、炎上した。 同機には操縦士3人と陸軍..   (2021-07-05)
 第15代フィリピン共和国大統領ベニグノ・アキノⅢ世が、6月24日午前6時半マニラ首都圏ケソン市の病院で亡くなった。享年61であった。 死因は糖尿病による腎臓疾患で、同氏は2年以上..   (2021-06-26)
 フィリピンの新型コロナ累計感染者数は6月20日現在、135万9千人余となり、1日当たり5000~7000人前後の感染者が発生する高止まり状態となっている。 これまではマニラ首都圏と首都圏..   (2021-06-21)
 フィリピン財務省【写真】によると、政府債務が4月末で10兆9900億ペソ(約22兆円)に達し、この額は前月の3月から2%増となり債務総額としては過去最高となった。 債務額が膨らんだ..   (2021-06-05)
 フィリピンは3年に1度、全国統一選挙が行われ前回の2019年は上下院議員、州、市、町の自治体首長と各種自治体議員が選出され、任期は上院議員の6年以外は何れも3年。【写真は前回2019..   (2021-05-12)
 今年の1月17日に新型コロナ累計感染者数50万人を数えたフィリピンで、100万人を突破したことが保健省(DOH)によって確認された。 100万人を突破した日は4月26日で、その数は100万6428人..   (2021-04-29)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
【評価】 フィリピン初の..+ 1251
【物流】 フィリピンに戻..+ 1115
【牛丼】 吉野家フィリピ..+ 1096
【合意】 韓国と自由貿易..+ 1025
【再度】 日本寄贈のワク..+ 953
フィリピン2022年選挙報告-..+ 501
ミンダナオ鉄道で誰が得を..+ 423
セブで食べるコロナ禍のピ..+ 393
セブの田舎で見た懐かしい..+ 353
【朝暮】 お騒がせドゥテ..+ 272
【累計】 新型コロナ感染..+ 135
セブ島を襲った台風『オデ..+ 112
【未達】 2021年新車販売台..+ 99
【被災】 台風22号『オデッ..+ 95
セブ島を襲った台風『オデ..+ 81
セブ島を襲った台風『オデ..+ 75
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:915,006 今日:86 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.