フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【選挙】 上院候補者支持率で ドゥテルテ親衛隊候補者が急伸 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【選挙】 上院候補者支持率で ドゥテルテ親衛隊候補者が急伸

 今年の513日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは選挙管理委員会だが、むしろ今年のGDPを押し上げると歓迎する向きもある。



 選挙の中で注目されるのは上院議員選で、フィリピンの上院議員は6年任期で定員は24人、この半数12人が3年ごとに改選され、全国区方式で投票されるために中味はなくても知名度の高い候補者が当選している。

 この上院議員候補予定者に対しては毎月のように民間調査機関によって候補者への支持率調査が行われ23日に最新の結果が公表された。

 この調査で明らかになったのは、ドゥテルテ大統領が政権に抱え込んで推す候補者の急伸振りで、公職の地位で選挙運動を展開していると批判が高まっている。

 中でも12月の調査で支持率23%で15位であったボン・ゴーが41%と急上昇し、5位に浮上。

 同氏はドゥテルテ政権の大統領特別補佐官を務めていて、マスコミへの露出度は高く、立候補を決めた時点で公職を退くべきとの指摘はあっても声は高まらない。

 また、ドゥテルテの腰巾着と揶揄されるデラ・ロッサが当選ライン上の13位に入った。同氏はダヴァオ警察署長からドゥテルテが大統領当選後に国家警察長官に引き立てられ違法薬物関与容疑者抹殺計画を推進した人物で、長官退任後に司法省矯正局長に横滑りし議席を狙っている。

 苦戦を伝えられていた両氏が当選圏内に入ったことで調査そのものがドゥテルテの『やらせ』ではないかとの疑義も生じているが、調査機関は一定程度信頼できる『SWS』で、真相は不明。

 なお、本調査では前回より候補者の変動が大きく表れ、再選を狙うグレース・ポ―が64%を得て首位に躍り出た。

 同議員は2016年大統領選に出馬し、ドゥテルテが参戦するまでは当選する勢いがあったが、ドゥテルテ出馬後に失速し惨敗する。

 2
位は前回首位であった再選を狙うシンシア・ヴィリヤールの57%。同議員は不動産王と称される元上院議員を夫に持ち、その夫も前回大統領選に出馬するがドゥテルテに食われて惨敗。

 3
位に俳優出身のリト・ラピド元上院議員が入り44%を得た。同氏は前回調査では6位、38%を得ていて、返り咲きに一歩近づいている。

 4
位はピア・カエタノが43%を得、前回の40%から下がり順位も落とした。



 同氏は2期連続して上院議員に当選していて、規定によって1期3年を休んで再び上院議員を目指すが、現在はマニラ首都圏タギック市に一族で政治王朝を築き同市選出の下院議員。



 なお、1位、2位、4位は女性で、フィリピンでは女性議員は男性議員と比べて汚職をしないという神話があって、女性の政界進出は日本と比べて遥かに高い。



 5位に先述のゴーと並んで再選を狙うソニー・アンガラが入り、同議員の前回調査は40%、4位に入っていて父親は著名な弁護士で元上院議員。



 8位にはマー・ロハス【写真】とボン・レヴィリアが同率38%を得て並んだ。



 ロハスは元大統領の孫と大財閥の御曹司、過去の上院議員選でトップ当選と華々しい経歴を持ち、2012年副大統領選、2016年大統領選に出馬するも落選。



 毛並みの良さが反感を買っていると言われるが、前回調査では10位、28%のため上げ潮になっている。

 レヴィリアは政治一族出の人気俳優で知事の後、上院議員に当選、再選を狙うが在任中に汚職で逮捕され、未だ収監中。

 独裁者の娘で北イロコス州知事のアイミー・マルコスは前回調査では27%を得11位に入っていたが、今回調査ではランクを落とし14位。

 同人は立候補表明時は5位前後の安全圏に入っていたが、徐々に順位を下げて当初の勢いを失っている。

 このように支持率という曖昧な基準で調査が行われているが、選挙民の動向の流れについては大まかに分かり、また投票日が近づくにつれて大きく変動するので、競馬競輪の予想よりは少し当たるととらえた方が良い。


Updated: 2019/02/06 (水) 11:58

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,456 今日:18 昨日:117
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.