フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【疑惑】 君臨したマカティ市長時代の汚職 副大統領への捜査始まる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【疑惑】 君臨したマカティ市長時代の汚職 副大統領への捜査始まる

 現副大統領のビナイ【写真】は、20165月に行われる次期大統領選への立候補を野党陣営から出馬する構えで着々と準備を進め、世論調査でもトップの支持率を集めていた。

 これに対してアキノ以降を死守したい与党陣営は、前回大統領選(2010年)でアキノ現大統領と組んで副大統領に立候補し、ビナイに僅差で敗れたロハス(現内務自治長官)を押す様子となっている。

 しかし、ロハスは祖父が元大統領、マニラ首都圏のクバオを始め広大な土地や企業を擁する財閥一族の人間で、妻は有名なニュースキャスターと、フィリピン人の好む名門出身だが、そのエリート臭さが今一つ人気のない理由ともなっている。

 一方、ビナイは弁護士となり、外国企業が集まるフィリピン有数の富裕市マカティ市の市長を1989年から618年、市長の座に君臨し、副大統領選ではこちらもフィリピン人が好む、貧乏な家系出身、苦学生を売り物にして票を集めた。

 ところが、フィリピンには首長や議員職の公職に1期33期以上は連続してできない法律があって、3期目が終わると身内を立てて次期の地盤を守るという手が普通に使われている実態がある。

 ビナイの場合妻が身代わりとなって1期を務め、その後またビナイが3期務める手が繰り返され、ビナイが副大統領選に立候補後は息子が跡目を継ぎ、この結果ビナイ一族によるマカティ市支配は現在までに27年間も続いている。

 また、ビナイの長女はビナイ人気に便乗して、24人しかいない上院議員に当選、次女もマカティ市を地盤とする下院議員と、新『ビナイ王朝』とささやかれマカティ市では盤石の構えを見せていた。

 こういった構図は選ぶ選挙民に一番問題はあるのだが、アメリカ型民主主義を標榜するフィリピンも実態はスペイン植民地時代と変わらない政治風土が根強く今も続いているのが実態。

 一族による長期支配の弊害は当然あっても、ビナイ一族の強大な権力によって隠蔽されていたが、ここに来てアキノ政権側によるビナイ追い落としの動きが顕著になり、次々と暴露されている。

 10
16日、司法長官は国家捜査局(NBI)に対して、ビナイの在任中の次の疑惑について捜査するよう命じた。捜査対象は①マカティ市2号庁舎建設費巨額水増し問題、②市が管轄する事業認可など巨額な裏リベートの有無、③ビナイの隠し財産といわれる広大な農園の存在など。

 これらの疑惑はビナイが市長をしていた時代の元副市長らの告発によって明るみになったのだが、その信憑性を巡っては泥試合の感もあり、証拠に基づいた立証ができるかどうかが今後の問題となる。

 また、NBIの捜査以前に公務員の汚職を取り扱う『行政監察院』も調査は進んでいて、上院でも汚職問題を扱う『ブルーリボン委員会』も調査を始めている。

 下院でも一連の疑惑に対してビナイを弾劾にかける動きが出ている(正副大統領は議会の弾劾のみにしか辞めさせられない)。

 これらの包囲網に対してビナイは『政治的な陰謀だ』と否定し、ビナイは証言を求められたブルーリボン委員会の出席を拒否。最近では自己の疑惑に対してアキノ大統領と直談判し、何らかの話が持たれたとの話が流れている。

 こういった一連の疑惑のためビナイの支持率は急激に下降し、仕掛けた側の目論見は成功しつつあるが、まだ大統領候補者としての支持率はトップを堅持している。


Updated: 2014/10/19 (日) 10:34

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月に行われたセブ州知事選で80%の得票率で再選を決めた、ガルシア知事が6月8日に出した『知事令第16号』を巡って、知事と全国自治体を管理する中央の『内務自治省』との間で火花..   (2022-06-16)
 次期大統領マルコス政権の閣僚人事はほぼ決まったが、フィリピンもアメリカと同様に当選に協力した選挙功労者に重要ポストを与える方式を見倣っていて、このほど発表された『観光..   (2022-06-04)
 5月9日(月曜日)投票の2022年度選挙で、注目の正副大統領選は事前の世論調査通りにマルコス-ドゥテルテ組が当選し、1986年以来の正副大統領が同組で選ばれることとなった。 最終..   (2022-05-25)
 5月9日(月曜日)の投票日まで一ヶ月少々となったが、正副大統領選ではマルコス-ドゥテルテ組が世論調査では終始トップに立っているが、全国の著名な私立大学や国立大学の学生自..   (2022-04-06)
 フィリピンの上院と下院で承認されていた『性交同意年齢』を引き上げる100年ぶりの改訂法案が、3月4日大統領の署名によって成立した。 性交同意年齢とは自ら性行為を判断出来ると..   (2022-03-12)
 21世紀の帝国パラノイアと称されるロシアのプーチン大統領は2月24日、かねてからウクライナ国境付近に展開していたロシア軍を一気に、ウクライナに侵攻させた。 大人とこどもの戦..   (2022-02-27)
 2016年に誕生したドゥテルテ政権は2022年6月に6年間の任期の終りを迎えるが、任期中の実績について様々な角度から評価が出ている。 中でもドゥテルテ政権の目玉は巨大インフラ建設..   (2022-02-20)
 選挙は国を問わず、選挙管理員会が定めた選挙運動期間ではなく事前運動が重要で選挙運動が解禁された時は終盤といわれているが、フィリピンではこの2月8日から選挙運動が解禁され..   (2022-02-10)
 アメリカの超党派議員24人が、フィリピンで深刻な人権侵害が行われていると、その背後にいるドゥテルテ政権の現職閣僚や警察、軍の元高官5人を名指しで非難し、国務長官や財務長官..   (2022-02-04)
 ツイッター社は5月に行われる大統領選に立候補しているマルコス候補を支持する300以上のアカウントを1月22日、同社のポリシーに違反しているとして停止措置に出た。 ツイッターや..   (2022-01-28)
 フィリピン保健省の発表によると、新型コロナ感染者数の国内感染者数は1月11日に累計3026473人となり、ついに300万人台を突破した。 過去の感染者数を見ると感染者数50万台人に達した..   (2022-01-13)
 2022年5月に任期の切れるドゥテルテ大統領は、同年5月の正副大統領選を含む3年に1度の全国選挙の副大統領選に出馬表明をし、それが憲法違反の可能性が高いと指摘されると次に12人が..   (2021-12-16)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:931,008 今日:32 昨日:84
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.