フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【公表】 計画だけは壮大な ミンダナオ島南部紛争地域開発 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【公表】 計画だけは壮大な ミンダナオ島南部紛争地域開発

 フィリピン政府と反政府武装組織『モロ・イスラム解放戦線(MILF)』との間に結ばれている合意に沿って、MILFは長年の武力紛争で疲弊した地域の復興、開発を推進するための計画『バンサモロ開発計画(BDF)』をミンダナオ島ダバオ市で開かれた会議で公表した。

 この計画は7分野に及んでいるが、2016年のMILFによる新自治政府発足までを第1期、アキノ政権後となる2016年~2022年を第2期、2022年以降を第3期としている。

 実施に置いては、ミンダナオ島南部地域にある現在の『イスラム教徒自治区(ARMM)』政府が当初は担当。

 その後2015年半ばまでには政府と合意している『バンサモロ基本法』の発効によって新設される暫定組織『バンサモロ移行局(BTA)』に引き継がれ、最終的には2016年半ばに創設される新自治政府の『バンサモロ』に移行する予定となっている。

 公表された7分野の概要は次の通り。①経済・生計=イスラム法に則った食品増産を目的とする農・漁業支援と施設整備。若年層を対象にした職業訓練や雇用創出、中小企業支援を行い、港湾施設開発や輸出加工区の新設。観光開発と関連インフラ整備。

 ②インフラ=道路、橋、空港、港湾の整備。物流を活性化するための基本プラン策定。電化を進めるための投資促進及び域内に広がるラナオ湖の水力発電開発と民間資金による配電組合の組織強化。

 ③環境・天然資源=環境と生態系に配慮した天然資源の持続的開発。排出される産業廃棄物や生活廃棄物の管理システム整備。

 ④社会サービス=安全な飲料水確保と衛生改善。健康保険加入促進、医療の充実化。成人や少数民族対象の教育、職業訓練の整備、実施。紛争で家屋の被害を受けた住民への住宅供給。民間資金による宅地開発。土地所有権などに対する見直し。

 ⑤文化・アイデンティテー=史跡指定や文化遺産の保護と博物館の新設。イスラム教徒や少数民族の歴史、言語などの教科書への記載。

 ⑥ガバナンス・公正さ=新設される統治機構の支援。住民投票のための広報、有権者登録。議員から行政府の長を選ぶ新自治政府への移行案策定。行政関連法の策定。ミンダナオ島に残る旧弊な土地所有を巡る紛争を防止するための区画地図作成、紛争仲裁システムの強化。汚職防止策と第三者機関によるチェック機能の強化。

 ⑦安全・正常化=MILF軍事構成員の武装解除と再就職。地域の治安維持機能強化。土地争い防止のための公的機関の新設。野放しになっている銃器類の管理と取り締まりの実施。

 今回のMILFによる公表だが、実施に置いては内外の多額な援助頼みであり、これらは何も進んでいない、あるいは進めるにしても非常に困難な項目であると自ら表明している状態で、アキノ政権とMILFが目指しているスケジュール通りに実施できるか早くも疑問符が上がっている。

 特に議会筋ではミンダナオ自治政府の発足と自治内容には『憲法』に抵触する項目があるとの見方が強く、議会で承認されても最高裁判所で自治政府関係の法案が『憲法違反』として裁定されるのではとの恐れもある。

 また、MILFの一連の政府との和平交渉に不満を持つグループが既に分派して武力闘争を展開中で、MILF自身がやはり分派した組織である歴史を顧みるとミンダナオ島の平和は容易でないとの見方が強い。


Updated: 2014/12/02 (火) 09:46

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本大使館2020年7月31日 (金) 14:35発表を転載1 7月31日、フィリピン政府は、8月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました..   (2020-07-31)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:839,391 今日:35 昨日:160
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.