フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【和平】 MILFの武装解除始まる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【和平】 MILFの武装解除始まる

 今でこそフィリピンはカトリックが多数派となっているが、カトリック伝播以前はイスラムの布教が盛んで、南部ミンダナオ島からルソン島マニラまでその範囲は広がっていた。

 そのため、現在もミンダナオ島を中心にイスラムは盛んで、歴史の中で、ルソン島マニラを中心とするタガログ族中心の中央政府に対しては敵愾心が強かった。

 特に独裁者マルコス政権になって、カトリック教徒のミンダナオ島移住が進められ、父祖伝来の土地を持つ少数民族を中心とするイスラムを信仰するモスレムとの争いが増えた。

 反マルコスを旗印にするフィリピン共産党主導の新人民軍(NPA)と共に武装闘争に発展し、1970年、モロ民族解放戦線=MNLF(
Moro National Liberation Front)を結成。

 NNLF1990年、自治政府を勝ち取るが、執行部の腐敗と路線の対立によって1981年、NNLFは分裂しモロ・イスラム解放戦線=
MILFMoro Islamic Liberation Front【写真はMILFの旗が結成された。

 弱体化したNLFを尻目にMILFは支持を伸ばし武装闘争を継続。この事態を巡って歴代の政権は強硬派のエストラダ、懐柔派のアロヨとミンダナオ和平に関して扱いは転々としたが、アキノ現政権になって和平方針のブレがなくなり、2011年、日本でアキノ大統領とMILF議長との秘密会談が行われるなど和平機運、体制が高まった。

 翌2012年、政府とMILFとの間で交渉していた和平枠組みが合意。2014年、和平協定調印が行われ、2016年を目標にバンサモロ自治政府樹立までこぎつけた。

 この間、2013年にはMNLFの失脚した元議長派によるミンダナオ島サンボアンガ市街地の占拠事件が起き、10万人以上の避難民を生じる事態も発生したが、ミンダナオ和平の流れは変わっていない。

 このほど2014年の和平協定に基づいて、MILF戦闘員(12万人)の武装解除がミンダナオ島マギンダナオ州で、武装解除国際監視団(IDB)側へアキノ大統領及びMILF議長ムラドが見守る中行われ、第1145人の銃器類が引き渡された。

 この武装解除は段階的に行われ、MILF戦闘員から民間人になった者には生計支援に一時金25千ペソ(約7万円)や政府所管の健康保険証が支給され、元戦闘員の子弟には奨学金などが順次支給される。

 政府側は全4回の引き渡しで全戦闘員の武装解除を目指している。しかし和平の根幹となる新自治政府樹立の拠り所となるバンサモロ基本法案は現在も延々と国会審議中で、自治政府樹立に反対する議員の妨害、および自治政府樹立を憲法違反とする裁判が多数提訴されているために、アキノ政権が目論んでいるスケジュール通りになるか危ぶまれている状況となっている。

 アキノ大統領は任期の切れる20165月までに和平を実現して歴史に名前を残したい思惑だが、スケジュール遅延によってMILF側が不信感を持っているには間違いなく、武装解除がこのまま順調に進められるかどうか不透明となっている。


Updated: 2015/07/03 (金) 10:47

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月13日現在、新型コロナ累計感染者数88万人、一日当たりの感染者が連日1万人を超えるフィリピンだが、切り札とされているワクチン接種も計画通りに進んでいないのが明らかになって..   (2021-04-13)
在フィリピン日本大使館情報より転載   ●3月29日、フィリピン政府は、4月1日からのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。 【本文】 ..   (2021-04-01)
在フィリピン日本大使館情報より転載●3月18日、フィリピン政府は、外国人等の入国を停止する期間を3月22日から4月21日までに変更すること等を発表しました。【本文】1 3月18日、フィ..   (2021-03-19)
 フィリピンの新型コロナ累積感染者数は3月7日現在、59万4412人と60万人目前となり、死者数は1万2516人となった。 今年になってフィリピンの1日当たりの感染者数で1月は1000人を割り込む..   (2021-03-08)
 2022年5月に行われる正副大統領選の選挙運動は1年前から開始されるが、世論調査では既に選挙戦は始まっている。 各種世論調査機関は正副大統領候補に相応しい人物を調査という名目..   (2021-02-25)
 新型コロナ感染者累計53万人に近づくフィリピンだが、2月中にワクチン接種を始めると表明しているが、接種計画は他の国に負けない立派なものの実行が伴わないと批判が強い。 オ..   (2021-02-03)
 フィリピン保健省の発表によると、1月17日に国内の新型コロナ感染者数が50万577人、死者数は9895人となった。 感染者数の推移を見ると、10万人から20万人になるのに24日間、20万人から3..   (2021-01-18)
 フィリピンは3年毎に全国選挙が行われ、次回は2022年に上下院議員、自治体首長、自治体議員に加えて、6年に1度の正副大統領選が行われる。 前回2016年正副大統領選は出る、出ないと..   (2020-12-25)
 12月9日、上下院合同予算委員会で2021年度国家予算案が承認され、同日に開かれた上院と下院の本会議で相次いで可決され成立の運びとなった。 成立後はドゥテルテ大統領の承認、署..   (2020-12-14)
 コロナ禍で世界中の大手、中小を問わず航空会社の経営が苦しくなり、延命を図るために国からの資金注入、或いは合併など航空会社は生き残りに必死だが、フィリピンを代表するフィ..   (2020-11-27)
 11月11日から12日にかけてルソン島中部を横断した台風『ユリシーズ(22号)』によって、国家災害対策本部は死者67人、行方不明13人を生じていることを発表した。 内訳はルソン島北部..   (2020-11-16)
 11月5日にルソン島を横断した台風『ロリー(19号)』はビコール地方に大きな被害をもたらし、特に一島一州のカタンドアネス州(人口30万人弱)は最初に上陸した場所で、強烈な風に..   (2020-11-07)
 定年などによって退職後に余生を海外で過ごす人は多く、その人々に対して優遇措置を持ったヴィザを発行する国は多く、アジアでもタイ、マレイシアは知られるが、フィリピンはマル..   (2020-10-26)
 フィリピンの下院議員は地方選挙区と政党比例の2本立てで選出され、その定数は現在304人。 何処の選挙区も多くは一族代々の利権と化した『世襲』が跋扈し、現代の『政治王朝』と..   (2020-10-16)
 中国や北朝鮮などの独裁国では政治指導者への支持率は常に100%となるが、そういった国では国民の間に指導者の支持を問うこと事態意味はないし、行われることもない。 フィリピン..   (2020-10-06)
 かつてアメリカの植民地であった歴史を持ちながら、アメリカへの移住が夢であり、アメリカの州になりたいと思う程、アメリカ好きのフィリピンだが、その分アメリカの横槍、横暴に..   (2020-09-15)
12345678910,,,32
ニュース コラム ライフ
セブで考える日本のスポーツ狂..
【羨望】 2021年度版 フィリ..
【格差】 進まぬ 新型コロナ..
フィリピンの出生数がコロナ禍..
【高騰】 まだ続く 豚肉騒動..
フィリピンの『聖週間』中は後..
【推進】 『イベルメクチン』..
セブでマゼランが戦死して今年..
【発表】 フィリピンの4月1日..
サバを読んだ 2020年の新型コ..
【苦境】 ダヴァオの老舗ホテ..
【緊急】 フィリピンへの外国..
セブで考える10年目の東日本大..
【速報】 2020年失業率 過去15..
【弛緩】 新型コロナ第3波か..
フィリピンの『ジョリビー』の..
【操作】 次期大統領選 世論..
フィリピンのオリンピック関心..
【捜査】 82歳邦人独居女性強..
【通達】 コロナウイルス防疫..
21セブから見たミャンマーのクー..
22【独占】 フィリピン初の地下..
23セブで走るトラックの荷台に乗..
24【調査】 フィリピンの新型コ..
25【英雄】 5000ペソ記念紙幣 ..
26フィリピンのワクチンを巡る怪..
27【整理】 フィリピン日産 組..
28セブで選ぶ2020年 日本の10大ニ..
29【累計】 新型コロナ感染者数..
30セブで選ぶ2020年 世界の10大ニ..
31【逮捕】 セブの空港で 偽造..
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【累計】 新型コロナ感染..+ 4373
【逮捕】 セブの空港で ..+ 4264
【調査】 フィリピンの新..+ 3789
【独占】 フィリピン初の..+ 3312
【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 3302
【整理】 フィリピン日産..+ 3163
【通達】 コロナウイルス..+ 2963
【操作】 次期大統領選 ..+ 2767
【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 2612
【弛緩】 新型コロナ第3波..+ 2077
【緊急】 フィリピンへの..+ 1891
【速報】 2020年失業率 過..+ 1730
セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 1549
セブで走るトラックの荷台..+ 1412
フィリピンのワクチンを巡..+ 1383
セブから見たミャンマーの..+ 1325
セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 1313
【発表】 フィリピンの4月1..+ 1176
フィリピンの『ジョリビー..+ 1100
フィリピンのオリンピック..+ 892
21【苦境】 ダヴァオの老舗..+ 729
22セブで考える10年目の東日本..+ 695
23【推進】 『イベルメクチ..+ 692
24サバを読んだ 2020年の新型..+ 385
25セブでマゼランが戦死して..+ 273
26フィリピンの『聖週間』中..+ 197
27【高騰】 まだ続く 豚肉..+ 185
28【格差】 進まぬ 新型コ..+ 172
29フィリピンの出生数がコロ..+ 155
30【羨望】 2021年度版 フィ..+ 119
31セブで考える日本のスポー..+ 110
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:877,096 今日:97 昨日:131
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.