フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【工作】  2016年正副大統領選に アキノ大統領動き出す - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【工作】  2016年正副大統領選に アキノ大統領動き出す

 ここ数代のフィリピン大統領は、次に選ばれた大統領によって在任中の汚職のため刑事罰を受ける『報復』を繰り返えされているが、アキノ現大統領に関しては、フィリピン大統領には珍しく『私腹を肥やさない大統領』との一応の評価となっている。

 しかしながら、20165月に行われる正副大統領選の有力大統領候補者ビナイ(現副大統領)は自らのマカティ市長時代の数多の汚職疑惑に頬被りして、アキノを『刑務所に叩き込む』と宣言し、アキノ側と対決姿勢を高めている。

 こういった中、世論調査では大統領候補として以前から独走していたビナイがポー上院議員に抜かれて2位に陥落する事態が起き、これをチャンスとばかりにアキノはポーに『ロハス内務自治長官』とセットで与党としての全国遊説を要請し、この要請をポー議員は受け入れた。

 ポー議員は2013年上院議員選挙でトップ当選を初出馬で果たしているが、元々、ポーの父親はエストラダ元大統領同様の有名俳優だったが、汚職で追放、有罪判決を受けたエストラダが、追放劇を仕組んだアロヨ前大統領にぶつけた大統領候補で、その時の大統領選ではポーの父親は少差で敗れている。

 その後ポー候補は急死したためこういった劇的なドラマを好むフィリピン人は、その娘のポーを能力以前に担ぎ上げた経緯があり、この辺りがフィリピンの選挙は『芸能界並みの人気投票』と言われる所以になっている。

 アキノ大統領が選出された2010年の正副大統領選では、アキノは副大統領候補のロハス(現内務自治長官=全国の警察や自治体を管理するため、組織選挙活動にはもってこいの役職)【写真】と組んで戦い、ロハスは泡沫候補だったビナイに僅差で敗れる波乱となったが、結果は結果で、エストラダのバックを受けたビナイが急速に力を付けて、副大統領の暇な役職を活かして勢力拡大を着々と進め有力大統領候補に躍り出ている。

 アキノの意向としてはロハスに次期大統領を引き継いでもらいたいのは山々だが、肝心のロハスがかつては上院選でトップ当選した人気と実績があるのに、世論調査では元大統領(初代大統領)の孫、フィリピン有数の財閥の御曹司、有名キャスターを妻に持つなど華麗さと裏腹に、そのエリート臭さのため相変わらず不人気で34位の低迷。

 このため、アキノは人気の高いポー上院議員と組ませてロハスの浮揚策を練っているが、仮にこの組み合わせが実現してもどちらが大統領候補になるかは今の所は曖昧である。

 また、同全国遊説にはロハスと犬猿の仲のエスクデロ上院議員も加わることを了承していて、一部では経験のない若いポー上院議員は次回大統領選(2022年)に回して、ロハス―エスクロデで戦ってはどうかという話も浮かんでいる。

 一方、対抗馬となるビナイ陣営は副大統領候補に経済に強い人物の名前を挙げていて、その人物いかんによってはかなり強力なコンビになりそうで、アキノ陣営もうかうかできない状況となっている。

 なお、いずれの名前の挙げられている候補者は『親の七光り』組で、その中でビナイは貧窮の身から苦学して現在の地位に上り詰めたが売り物だが、マカティ市長として長年君臨し、今は息子に後を継がせ、娘は上院議員、息子も下院議員とフィリピンの政治屋の常道に漏れない『世襲一族』となっている。

 こういったことはブッシュやクリントンが次期大統領選に出馬表明しているアメリカや、戦争法案で安倍自民党が明らかにしたようにアメリカの『属国』を宣言した日本、果てまた世界中で政治が世襲化されていてフィリピンを笑えないが、何処の世襲の輩には付ける薬はないのが現実である。




Updated: 2015/07/16 (木) 16:41

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,594 今日:22 昨日:128
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.