フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
2010年大統領選挙の支持率2トップ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  2010年大統領選挙の支持率2トップ
 2010年5月10日に行われる大統領選挙の予測が、我々が考えているほど簡単なものではない。

支持率トップを維持し続け、他の候補者と20~30%の支持率の差を見せ、まるで次期大統領に決まったかのように勢いづいていたノイノイ・アキノ3世上院議員が、他の野党候補と間に、これ以上の支持率の差をつけられないでいる。

 このような状況の中、ノイノイ・アキノ3世は、元上院議長のマニービルラに追い抜かれそうになり、支持率の停滞を見せていた。さらに、最近のある世論調査の結果、わずかな差でトップの座を一時的に奪われては再び首位を奪還するなど、誰もが5月の大統領選挙の結果を下手に断言できない状況になっている。
   現在の状況は、選挙当初には、当選の見込みのない挑戦者として認識されていたが、いまや現職のプレミアムを得ているアロヨと、薄氷の勝負を繰り広げて、みんなを驚かせた元俳優のF.P.J(フェルナンド・ポーJr.)との競合という、2004年の大統領選挙の記憶を連想させている(当時、わずかな票差で当選したアロヨ大統領は、選挙管理委員会の正式当選発表以降、しばらく開票結果を操作したり、票を金で買ったのではないかという疑惑に苦しんだ) 。

   こうした展望は、SWS(社会気象研究所)が、2009年9月・11月に実施した世論調査の結果分析に基づいている。2009年9月に実施したSWSの世論調査の結果、アロヨ大統領の後を継ぐリーダーとして、ノイノイ・アキノ3世が50.42%の支持率でトップに立ち、マニー・ビルラが30.10%、エストラダ元大統領が15.10%、元国防長官の与党候補、テオドロが3.36%の支持率を得ていることが明らかになった。

  ところが、11月の世論調査の結果、各候補間における支持率の差が減り、ノイノイ・アキノ3世が45.38%、マニー・ビルラが34.62%、エストラダが13.85%、テオドロが15%となった。
  このような支持率の変化によって、5月10日に実施される大統領選挙の当選の可能性として、ノイノイ・アキノ3世を追い抜き、ビルラが1位に立ち得るという、興味深い統計分析が出された。
   それは、ノイノイ・アキノ候補の支持率が、月平均1.68%ずつ下落する反面、マニー・ビルラ候補のほうは、月平均1.17%ずつ上昇したためである。このような現象が今後続くなら、2010年5月の大統領選挙では、マニー・ビルラが40.47%を獲得し、36.98%を獲得したノイノイ候補を追い抜いて、当選する可能性があるという統計結果となったわけである。

  ともかく、このような衝撃的な予測結果のため、ノイノイ・アキノ側は非常体制に入った。また、マニー・ビルラがCー5プロジェクト不正工事に関与しているという疑惑事件をめぐり、両候補陣営と、反射的な利害損得を計算しようとする政治勢力の間で、しばらく熾烈な攻防戦が繰り広げられるものと予想される。

Updated: 2010/02/04 (木) 12:06

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 2022年5月に行われる正副大統領選の選挙運動は1年前から開始されるが、世論調査では既に選挙戦は始まっている。 各種世論調査機関は正副大統領候補に相応しい人物を調査という名目..   (2021-02-25)
 新型コロナ感染者累計53万人に近づくフィリピンだが、2月中にワクチン接種を始めると表明しているが、接種計画は他の国に負けない立派なものの実行が伴わないと批判が強い。 オ..   (2021-02-03)
 フィリピン保健省の発表によると、1月17日に国内の新型コロナ感染者数が50万577人、死者数は9895人となった。 感染者数の推移を見ると、10万人から20万人になるのに24日間、20万人から3..   (2021-01-18)
 フィリピンは3年毎に全国選挙が行われ、次回は2022年に上下院議員、自治体首長、自治体議員に加えて、6年に1度の正副大統領選が行われる。 前回2016年正副大統領選は出る、出ないと..   (2020-12-25)
 12月9日、上下院合同予算委員会で2021年度国家予算案が承認され、同日に開かれた上院と下院の本会議で相次いで可決され成立の運びとなった。 成立後はドゥテルテ大統領の承認、署..   (2020-12-14)
 コロナ禍で世界中の大手、中小を問わず航空会社の経営が苦しくなり、延命を図るために国からの資金注入、或いは合併など航空会社は生き残りに必死だが、フィリピンを代表するフィ..   (2020-11-27)
 11月11日から12日にかけてルソン島中部を横断した台風『ユリシーズ(22号)』によって、国家災害対策本部は死者67人、行方不明13人を生じていることを発表した。 内訳はルソン島北部..   (2020-11-16)
 11月5日にルソン島を横断した台風『ロリー(19号)』はビコール地方に大きな被害をもたらし、特に一島一州のカタンドアネス州(人口30万人弱)は最初に上陸した場所で、強烈な風に..   (2020-11-07)
 定年などによって退職後に余生を海外で過ごす人は多く、その人々に対して優遇措置を持ったヴィザを発行する国は多く、アジアでもタイ、マレイシアは知られるが、フィリピンはマル..   (2020-10-26)
 フィリピンの下院議員は地方選挙区と政党比例の2本立てで選出され、その定数は現在304人。 何処の選挙区も多くは一族代々の利権と化した『世襲』が跋扈し、現代の『政治王朝』と..   (2020-10-16)
 中国や北朝鮮などの独裁国では政治指導者への支持率は常に100%となるが、そういった国では国民の間に指導者の支持を問うこと事態意味はないし、行われることもない。 フィリピン..   (2020-10-06)
 かつてアメリカの植民地であった歴史を持ちながら、アメリカへの移住が夢であり、アメリカの州になりたいと思う程、アメリカ好きのフィリピンだが、その分アメリカの横槍、横暴に..   (2020-09-15)
 8月29日午後12時過ぎ、ミンダナオ島コタバト州カバカン町(人口5万人超)にある州道で、農民や高校生など9人が射殺される事件が起きた。 事件のあった現場は、大学にも近く交通量..   (2020-09-06)
 8月12日現在、フィリピンの国内の新型コロナ・ウィルス感染者数143749人となり、これまでアセアン加盟国として最大の感染国であったインドネシアを抜いてしまった。 感染者ペースは..   (2020-08-13)
在フィリピン日本大使館2020年7月31日 (金) 14:35発表を転載1 7月31日、フィリピン政府は、8月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました..   (2020-07-31)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
【苦境】 フィリピン航空..+ 5866
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 3358
【承認】 2021年度国家予算..+ 2869
【選挙】 2022年大統領選 ..+ 2867
【実情】 コロナ禍で 貧..+ 2806
【逮捕】 セブの空港で ..+ 2530
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 2490
【労働】 コロナ禍で海外..+ 2368
【累計】 新型コロナ感染..+ 2266
外交官の品格とは+ 1672
【調査】 フィリピンの新..+ 1631
【整理】 フィリピン日産..+ 1377
コロナ禍のセブ島の様子+ 1320
【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 1283
セブで思う日本の駄菓子屋..+ 1180
セブで迎えるコロナ禍のク..+ 1175
【独占】 フィリピン初の..+ 1124
【通達】 コロナウイルス..+ 1025
セブのヨット・ハーバーに..+ 973
【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 797
21セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 743
22【操作】 次期大統領選 ..+ 724
23セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 562
24フィリピンのワクチンを巡..+ 538
25セブで走るトラックの荷台..+ 381
26セブから見たミャンマーの..+ 329
27フィリピンのオリンピック..+ 191
28フィリピンの『ジョリビー..+ 184
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:869,848 今日:133 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.