フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
2010年大統領選挙の支持率2トップ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  2010年大統領選挙の支持率2トップ
 2010年5月10日に行われる大統領選挙の予測が、我々が考えているほど簡単なものではない。

支持率トップを維持し続け、他の候補者と20~30%の支持率の差を見せ、まるで次期大統領に決まったかのように勢いづいていたノイノイ・アキノ3世上院議員が、他の野党候補と間に、これ以上の支持率の差をつけられないでいる。

 このような状況の中、ノイノイ・アキノ3世は、元上院議長のマニービルラに追い抜かれそうになり、支持率の停滞を見せていた。さらに、最近のある世論調査の結果、わずかな差でトップの座を一時的に奪われては再び首位を奪還するなど、誰もが5月の大統領選挙の結果を下手に断言できない状況になっている。
   現在の状況は、選挙当初には、当選の見込みのない挑戦者として認識されていたが、いまや現職のプレミアムを得ているアロヨと、薄氷の勝負を繰り広げて、みんなを驚かせた元俳優のF.P.J(フェルナンド・ポーJr.)との競合という、2004年の大統領選挙の記憶を連想させている(当時、わずかな票差で当選したアロヨ大統領は、選挙管理委員会の正式当選発表以降、しばらく開票結果を操作したり、票を金で買ったのではないかという疑惑に苦しんだ) 。

   こうした展望は、SWS(社会気象研究所)が、2009年9月・11月に実施した世論調査の結果分析に基づいている。2009年9月に実施したSWSの世論調査の結果、アロヨ大統領の後を継ぐリーダーとして、ノイノイ・アキノ3世が50.42%の支持率でトップに立ち、マニー・ビルラが30.10%、エストラダ元大統領が15.10%、元国防長官の与党候補、テオドロが3.36%の支持率を得ていることが明らかになった。

  ところが、11月の世論調査の結果、各候補間における支持率の差が減り、ノイノイ・アキノ3世が45.38%、マニー・ビルラが34.62%、エストラダが13.85%、テオドロが15%となった。
  このような支持率の変化によって、5月10日に実施される大統領選挙の当選の可能性として、ノイノイ・アキノ3世を追い抜き、ビルラが1位に立ち得るという、興味深い統計分析が出された。
   それは、ノイノイ・アキノ候補の支持率が、月平均1.68%ずつ下落する反面、マニー・ビルラ候補のほうは、月平均1.17%ずつ上昇したためである。このような現象が今後続くなら、2010年5月の大統領選挙では、マニー・ビルラが40.47%を獲得し、36.98%を獲得したノイノイ候補を追い抜いて、当選する可能性があるという統計結果となったわけである。

  ともかく、このような衝撃的な予測結果のため、ノイノイ・アキノ側は非常体制に入った。また、マニー・ビルラがCー5プロジェクト不正工事に関与しているという疑惑事件をめぐり、両候補陣営と、反射的な利害損得を計算しようとする政治勢力の間で、しばらく熾烈な攻防戦が繰り広げられるものと予想される。

Updated: 2010/02/04 (木) 12:06

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本大使館2020年7月31日 (金) 14:35発表を転載1 7月31日、フィリピン政府は、8月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました..   (2020-07-31)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:839,576 今日:69 昨日:151
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.