フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【食言】 コロコロ変わる バタアン原発稼働への大統領発言 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【食言】 コロコロ変わる バタアン原発稼働への大統領発言


 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変によるマルコス一族のハワイ逃亡と、同年の旧ソ連の『チェルノブイリ原発事故』により、マルコスに変わった当時のアキノ(母)大統領によって事業が凍結状態され、現在もその状態が続いている。

 そのため『一度も稼働しない世界で唯一の原発』として有名な存在で、近年は入場料を徴収して内部を見学させる事なども行っていた。

 しかし、フィリピンの慢性的な電力不足が騒がれるたびに、バタアン原発の稼働が政府部内で検討され、それを後押しする利権を得る政商などが暗躍していた。

 ところが、20113月の福島第1原発の史上最悪の原子炉大事故によって、稼働の話は立ち消えになっていた。

 ドゥテルテ大統領の原発についての知識、理解力は不明だが、11月初めに地元ダヴァオ市に墓参のために戻った大統領は『私の任期中には稼働はない』と同行した報道陣に表明。

 ただし『電力不足が危機的な状況になったら、分からない』と付け加えている。

 大統領の発言は、8月に首都圏で開催された国際原子力機関(IAEA)の会議でフィリピン・エネルギー庁長官がフィリピンにおける原発の必要性を発言した内容と食い違い、エネルギー省主導の原発推進は潰えたようかに見えた。

 しかしながら、1111日、エネルギー省長官は『大統領は、安全が保障されるなら原発稼働を望んでいると』と、大統領の考えがわずかな間に変わった事を明らかにした。

 大統領の1日の原発稼働否定発言は『フィリピンは原発を動かすほど電力不足ではない』との認識から来ているが、東南アジア諸国中電力料金が高額なフィリピンでは『コストの安い原発』神話をいまだに信奉する財界人も多く、それが政治家を通じて長官発言に繋がっていると見られている。

 高額と見られているフィリピンの電力料金は、この10月に公表された国際機関による調査によると、4年前から比べると28%安くなっていて、発電、送電、配電とそれぞれの組織に分かれているフィリピンの電力供給システムの改善によってさらに安くなる余地はあるとしている。

 原発稼働に固執するエネルギー省だが、最近発表された国家エネルギー計画(PEP)では、2030年までは石炭燃料発電を主流としていて、その割合は49.5%と見ている。

 また、地熱、水力、太陽光、風車発電など再生可能エネルギーが全体に占める割合を35.7%としている。

 バタアン原発は当初の予算額5億ドルから23億ドルと、次期東京オリンピック並みに費用が膨れ上がり、その一部はマルコスへの賄賂に化けていると指摘されるいわくつきの原発だが、プロジェクトを請け負ったのはアメリカのウェスチンングハウス社で、同社は現在日本の東芝の子会社になっている。

 アロヨ政権時代に稼働に必要な費用を韓国電力公社に依頼した事があり、稼働には最低10億ドル、4年が必要と見積もられているが、原発は使用済み核燃料の廃棄設備、管理、廃炉費用、また事故時の対策など莫大な金がかかるのも福島原発で明らかになっていて、この実態を国民に示すのが大統領および当局の責務と思われるが、場当り発言で糊塗しているのが今回の大統領の食言で明らかになった。


Updated: 2016/11/12 (土) 11:00

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,280 今日:146 昨日:128
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.