フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【遺体】 堂々とできない 独裁者マルコスの英雄墓地埋葬終わる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【遺体】 堂々とできない 独裁者マルコスの英雄墓地埋葬終わる

 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。



 マルコスは1986年の繰り上げ大統領選で不正選挙を行い、当時の国防長官(エンリレ)や参謀次長(ラモス)など国軍の決起を受けた『エドサ政変』で一族郎党、取り巻きがハワイに逃亡したが、1989年に当地で死亡した。

 その後遺体は1993年、出身地であるルソン島北イロコス州バタックに移送され、現地で冷凍保存されていた。

 マルコス一族は時間と共に徐々に復権し、今回の埋葬で車椅子に乗った妻のイメルダは北イロコス州選出下院議員、娘は北イロコス州知事、息子は24人しか居ない上院議員に当選し、20165月に行われた副大統領選において僅差で落選するまで力を付けた。

 マルコス家はプロパガンダの意味もあって、マルコスの遺体を英雄墓地に埋葬することを長年求めていたが、歴代政権は国論が2分することを恐れて、埋葬の許可を出さなかった。

 しかし第16代大統領に当選したドゥテルテは、自分の父親がマルコス政権時代に閣僚であったことや、自身も戒厳令時代に検事に登用された経緯もあってマルコス家に近く、マルコスの英雄墓地埋葬を8月に行うと公言していた。

 しかしながら、戒厳令下で虐殺された被害者家族など人権団体などからの最高裁への提訴によって、埋葬は一時差し止めの状態が取られた。

 その後最高裁では差し止めについての評議が行われたが、結論は出ず一時差し止めについての判断は延期された。

 11
8日になって、最高裁は最高裁判事の意見が割れる中、一時差し止めの申し立てを却下し埋葬を認めるに至った。

 その後、上院で埋葬反対決議案が上程されたが、ドゥテルテの意向を組んだ多数派によって、1115日に否決された。

 翌16日から、北イロコス州の地元では英雄墓地埋葬への祈祷会が始められ、マルコス家が仕組んだシナリオが動き出し、フィリピン国軍のヘリコプターで遺体は北イロコス州から英雄墓地へ移送され、マルコス一族と関係者で埋葬が行われた。

 しかし、遺体埋葬が警察当局によって公にされたのは埋葬1時間前で、そこまでコソコソ、隠密にやる必要があるのかとの批判が強く、ドゥテルテがTPPでペルーに行っている間を狙った演出ではないかとの指摘もある。

 マルコスの英雄墓地埋葬を巡ってはマルコスの大戦中の軍歴がアメリカ側資料でははっきりしていないこともあり、マルコスによる捏造説もあって、軍の英雄を埋葬するには相応しくないとの説もある。

 なおこの英雄墓地は軍関係者だけではなく、かつての大統領や民間人も埋葬されている。


Updated: 2016/11/19 (土) 11:39

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
セブで激増するオートバイ
【発掘】 フィリピン北部で ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【鈍化】 2019年の成長率 世..
セブで聞く新元号
《成果》 2018年の犯罪件数は..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《弾圧》 セブ島隣の島で 軍..
セブで過ごす読書好日
《観光》 セブ・マクタン島に..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《選挙》 事前運動花盛りの中..
セブで食べるシー・フード
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
21《統計》 人口爆発止まらず ..
22パラワン島/エル・ニド紀行 ..
23《富豪》 フィリピンから17人..
245月13日の選挙とマルコス一族
25《予測》 2019年経済成長率 ..
26パラワン島/エル・ニド紀行 ..
27《責任》 ワクチン接種を巡っ..
28ミンダナオ島の不安定要素
29《起工》 フィリピン最初の地..
30《頭打》 売れ行き不振続く ..
31セブから直行便で行く台湾
32【前進】 イスラム自治政府設..
33フィリピン現代史『エドサ政変..
34《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
35フィリピンの喫煙と禁煙
36《強行》 農民切り捨てにつな..
37セブでヴァレンタイン
38【解禁】 資金力と知名度で決..
39フィリピンの今年は選挙年
40【麻疹】 はしか大流行 40日..
41【環境】 マニラ湾の汚染対策..
42【選挙】 上院候補者支持率で..
43【苦境】 2018年新車販売台数..
44【調査】 世界最長 フィリピ..
45【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
46【資本】 全日空がフィリピン..
47【選択】 ミンダナオ島の自治..
48【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
49【影響】 韓国造船大手のフィ..
50【掃除】 セブ島北端にある町..
51《警戒》 選挙に備えて 銃器..
52【減退】 2019年のフィリピン..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【減退】 2019年のフィリピ..+ 4087
《警戒》 選挙に備えて ..+ 3436
【影響】 韓国造船大手の..+ 3242
【選択】 ミンダナオ島の..+ 3163
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2964
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2936
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 2810
【資本】 全日空がフィリ..+ 2809
【選挙】 上院候補者支持..+ 2600
【解禁】 資金力と知名度..+ 2547
【麻疹】 はしか大流行 40..+ 2357
【調査】 世界最長 フィ..+ 2352
【苦境】 2018年新車販売台..+ 2332
【環境】 マニラ湾の汚染..+ 2158
《強行》 農民切り捨てに..+ 2076
《頭打》 売れ行き不振続..+ 1901
【前進】 イスラム自治政..+ 1849
《責任》 ワクチン接種を..+ 1830
《起工》 フィリピン最初..+ 1767
《予測》 2019年経済成長率..+ 1699
21《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 1607
22《統計》 人口爆発止まら..+ 1569
23《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 1454
24《富豪》 フィリピンから17..+ 1426
25パラワンからセブに帰る飛..+ 1388
26《発車》 泥縄の日本への..+ 1376
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1316
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1261
29セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1256
30《断水》 マニラ首都圏の..+ 1201
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1123
32セブのシヌログとアメリカ..+ 1090
33セブで打つテニスと大坂な..+ 960
34バタネス紀行 2017 その-..+ 950
35バタネス紀行 2017 その-..+ 919
36《観光》 セブ・マクタン..+ 888
37セブで過ごす 『春節』+ 863
38《弾圧》 セブ島隣の島で..+ 846
39フィリピンの今年は選挙年+ 744
405月13日の選挙とマルコス一..+ 719
41セブ・マクタン島で起きた..+ 701
42セブでヴァレンタイン+ 637
43フィリピンの喫煙と禁煙+ 633
44パラワン島/エル・ニド紀..+ 614
45《選挙》 事前運動花盛り..+ 579
46パラワン島/エル・ニド紀..+ 578
47セブから直行便で行く台湾+ 567
48ミンダナオ島の不安定要素+ 543
49フィリピン選挙ラプソディ..+ 535
50《成果》 2018年の犯罪件数..+ 449
51【鈍化】 2019年の成長率 ..+ 115
52【発掘】 フィリピン北部..+ 70
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:768,956 今日:135 昨日:216
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.