フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続

 523日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピン政府は『ほぼ制圧』と宣言した。【写真はマラウィ市内の戦闘の様子】


 完全制圧にならないのは、今だ戦闘員30人程度が人質20人と共に立て籠もり、また戦闘員の親族40人程度残っているためと、各所に仕掛けられた爆弾装置の除去に時間がかかるためと国軍側は説明している。

 9
16日、フィリピン国軍の発表によると同日朝の掃討作戦によって武装組織の最高指揮官である『イスニロン・ハビロン』と同組織と連携、共闘していたマウテ・グループの中心人物『オマル・マウテ』の殺害が確認された。

 ハビロンは中東の武装組織『イスラム国(IS)』から司令官の命を受け、東南アジア地域のISの拠点としてフィリピンを舞台に暗躍し、アメリカ政府からは危険人物として500万ドル、フィリピン政府からも1千万ペソの懸賞金が懸けられていた。

 また、オマルにはフィリピン政府から500万ペソの懸賞金が懸けられていて、兄のアブドラ・マウテは9月上旬の戦闘で死亡が確認され、オマル・グループは今回の弟の死亡により指導者を失った模様。

 長期化した戦闘では国軍と警官、市民の側に1000人以上の死亡、反政府武装組織側は850人以上の死亡が確認されている。

 また今回のマラウィ内戦では市街地が戦闘によって徹底的に破壊され、周辺住民を含めて40万人近い人々が国内難民と化し、対応が急務な状態となっている。

 このため、国際赤十字などのNGOが救援活動を行っていて、日本からはジャパンプラットフォームの資金で日本のNGOが活動を始めたものの、本格的支援には至っていない。

 今回のマラウィ市の内戦では、当初、国軍はこの戦闘は数日で終わると楽観的に見通していたが、その国軍の甘さが戦闘を長引かせた要因になっていると指摘されている。

 また、マラウィ市内に地下トンネルを作るなど武装組織側の周到な戦闘準備が行われ、しかも大量の戦闘員が活動していたことに対して、フィリピン政府側の事前の情報収集、対応の不手際がここまで事態の拡大を招いたと批判がなされている。

 これに対して同地域はイスラムの牙城で、マウテ・グループを組織したマウテ家は地元の名家であり、周辺住民は『もの言えば唇寒し』で殺されるのを恐れ、マラウィ市内での武装組織の戦闘準備活動を見て見ぬ振りをせざるを得なかったとの見方もある。

 これは、フィリピン人のイスラム教徒が重視する血縁、地縁と関係があり、戦闘員を支援、擁護する強力なネットワークがミンダナオ島にはあることを示している。

 このため、今回の戦闘に加わった戦闘員は数百人規模で、既にミンダナオ島各地に脱出していて、新たな芽がばら撒かれ、マラウエイ内戦を契機に発令中の『戒厳令』を継続する態度を大統領は変えていない。


Updated: 2017/10/18 (水) 10:38

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
 当初は泡沫候補扱いながら、フィリピンに蔓延する『違法薬物撲滅』一本を選挙公約にして2016年大統領選に当選したドゥテルテ現大統領だが、具体的に実行できたのは警官などによる..   (2017-11-03)
 5月23日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピ..   (2017-10-18)
 国民から高い信頼度を誇っていたドゥテルテ大統領【写真】の信頼度が下がっていることが、民間調査機関SWSの調査によって明らかになった。 同機関は9月23日から27日までに1500人の成..   (2017-10-11)
 どこの国の権力者も『批判』を嫌うもので、アメリカのトランプは批判を『偽ニュース』と決めつけ、日本の安倍は批判に対して過剰に反応する言説が多い。 フィリピンのドゥテルテ..   (2017-09-14)
 違法薬物関与者を皆殺しにすると公言して、2016年大統領選を泡沫候補から勝ち上がったドゥテルテ大統領に、身内の違法薬物関与疑惑が持ち上がっている。 5月26日、首都圏ヴァレン..   (2017-09-12)
 1965年から1986年までフィリピン第10代大統領であった『マルコス』は1972年に戒厳令布告し、弾圧の限りをつくす独裁政治家として歴史に名を残すが、一方で『汚職』の帝王として君臨し..   (2017-09-03)
 セブ州には9市の自治体があり、セブ市と反対側になる西海岸側にある市がトレド市【写真】で、人口約17万人強。 この市長が固定資産税を払わなかったために、8月28日、公務員の犯罪..   (2017-08-30)
12345678910,,,26
ニュース コラム ライフ
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【祭典】 参加してもフィリピ..
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
21【管理】 海外で働くフィリピ..
22セブからプーケットへ
23【避難】 マヨン火山に大噴火..
24セブで迎える2017年の大晦日
25【避難】 異例のクリスマス台..
26【企業】 ホテルオークラ 放..
27バタネス紀行 2017 その-(20..
28【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
29小さな旅 ボホール島篇 2017..
30【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
31気に食わない2017年の5人
32【被害】 台風『ウルドゥハ』..
33バタネス紀行 2017 その-(19..
34【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
35セブから消えるマリオット・ホ..
36【強権】 マルコス独裁に近づ..
37【多忙】 在比日本国大使館の..
38小さな旅 ボホール島篇 2017..
39【犯罪】 中国からの密輸続く..
40バタネス紀行 2017 その-(18..
41【開発】 国内空港関連事業 ..
42小さな旅 ボホール島篇 2017..
43【騒動】 デング熱ワクチン ..
44【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
45【司法】 違法薬物取締政策の..
46【調査】 日本の製造業の有望..
47【天国】 セブ港で コンテナ..
48【胡乱】 操作した疑いを持た..
49【統計】 GDP第3四半期成長率..
50【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3825
【天国】 セブ港で コン..+ 3762
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3753
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3502
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3450
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3347
【司法】 違法薬物取締政..+ 3212
【強権】 マルコス独裁に..+ 3199
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 3045
【多忙】 在比日本国大使..+ 2878
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2802
【調査】 日本の製造業の..+ 2782
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2667
【開発】 国内空港関連事..+ 2513
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2356
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2332
【企業】 ホテルオークラ..+ 2263
【避難】 異例のクリスマ..+ 1980
気に食わない2017年の5人+ 1855
小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1819
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1815
22【雇用】 日本で働くフィ..+ 1806
23セブから消えるマリオット..+ 1773
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1613
25個人崇拝と全体主義+ 1569
26【避難】 マヨン火山に大..+ 1560
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1554
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1539
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1505
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1476
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1364
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1255
33台風『ヨランダ』から4年経..+ 1253
34【管理】 海外で働くフィ..+ 1237
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1208
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1202
372017年の万聖節+ 1148
38【景気】 前年より減速 20..+ 990
39セブからプーケットへ+ 945
40軍事用飛行場であったマク..+ 813
41【労働】 企業に都合の良..+ 803
42平成は31年で終わる+ 621
43【市場】 フィリピンの2017..+ 601
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 594
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 411
46【司法】 最高裁 戒厳令..+ 381
47【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 368
48【税金】 マニラ首都圏地..+ 320
49【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 201
50【祭典】 参加してもフィ..+ 75
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:688,963 今日:96 昨日:221
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.