フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続

 523日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピン政府は『ほぼ制圧』と宣言した。【写真はマラウィ市内の戦闘の様子】


 完全制圧にならないのは、今だ戦闘員30人程度が人質20人と共に立て籠もり、また戦闘員の親族40人程度残っているためと、各所に仕掛けられた爆弾装置の除去に時間がかかるためと国軍側は説明している。

 9
16日、フィリピン国軍の発表によると同日朝の掃討作戦によって武装組織の最高指揮官である『イスニロン・ハビロン』と同組織と連携、共闘していたマウテ・グループの中心人物『オマル・マウテ』の殺害が確認された。

 ハビロンは中東の武装組織『イスラム国(IS)』から司令官の命を受け、東南アジア地域のISの拠点としてフィリピンを舞台に暗躍し、アメリカ政府からは危険人物として500万ドル、フィリピン政府からも1千万ペソの懸賞金が懸けられていた。

 また、オマルにはフィリピン政府から500万ペソの懸賞金が懸けられていて、兄のアブドラ・マウテは9月上旬の戦闘で死亡が確認され、オマル・グループは今回の弟の死亡により指導者を失った模様。

 長期化した戦闘では国軍と警官、市民の側に1000人以上の死亡、反政府武装組織側は850人以上の死亡が確認されている。

 また今回のマラウィ内戦では市街地が戦闘によって徹底的に破壊され、周辺住民を含めて40万人近い人々が国内難民と化し、対応が急務な状態となっている。

 このため、国際赤十字などのNGOが救援活動を行っていて、日本からはジャパンプラットフォームの資金で日本のNGOが活動を始めたものの、本格的支援には至っていない。

 今回のマラウィ市の内戦では、当初、国軍はこの戦闘は数日で終わると楽観的に見通していたが、その国軍の甘さが戦闘を長引かせた要因になっていると指摘されている。

 また、マラウィ市内に地下トンネルを作るなど武装組織側の周到な戦闘準備が行われ、しかも大量の戦闘員が活動していたことに対して、フィリピン政府側の事前の情報収集、対応の不手際がここまで事態の拡大を招いたと批判がなされている。

 これに対して同地域はイスラムの牙城で、マウテ・グループを組織したマウテ家は地元の名家であり、周辺住民は『もの言えば唇寒し』で殺されるのを恐れ、マラウィ市内での武装組織の戦闘準備活動を見て見ぬ振りをせざるを得なかったとの見方もある。

 これは、フィリピン人のイスラム教徒が重視する血縁、地縁と関係があり、戦闘員を支援、擁護する強力なネットワークがミンダナオ島にはあることを示している。

 このため、今回の戦闘に加わった戦闘員は数百人規模で、既にミンダナオ島各地に脱出していて、新たな芽がばら撒かれ、マラウエイ内戦を契機に発令中の『戒厳令』を継続する態度を大統領は変えていない。


Updated: 2017/10/18 (水) 10:38

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフ..   (2018-08-19)
 戒厳令を発令中のミンダナオ島全域と近隣島嶼部では先の見えない状況が続いているが、ミンダナオ島西部に浮かぶ島、バシラン州の検問所で爆発事件があり死者11人、負傷者5人を数え..   (2018-08-09)
 フィリピン南部ミンダナオ島の『内戦』は、従来イスラム教徒が多数を占める同地への中央政府の政策によるキリスト教徒の移住、開拓、それに対するイスラム教徒側の反撃、及びミン..   (2018-07-27)
民間調査会社SWSが7月に公表したドゥテルテ大統領に関する支持率調査では、就任以来最低の支持率であったことが明らかになったが、同調査会社と競う『パルス・エイシア(PAR)』社が7..   (2018-07-15)
 民間調査会社SWSが6月27日から30日にかけて、ドゥテルテ大統領【写真】に関する支持率調査が、全国の成人1200人を対象にして実施され、7月10日、その内容が公表された。 それによると..   (2018-07-12)
 日本や中国などからのODAで国内大型インフラを政府主導で進めて、景気浮揚を図るドゥテルテ政権は3年目に入っているが、外国からの投資減、ペソ安、株価下落が続き、6%台の高い経..   (2018-06-29)
   ENDO(end-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇し、再雇用を繰り返す悪しき労働形態がフィリピンにはあり、ドゥテルテ大統領はENDOを大統領令で撤廃するよ..   (2018-05-30)
  5月14日に全国で行われた『バランガイ』議長と議員及び『青年評議会(SK)』議員を選ぶ選挙が行われ、実施当局は『概ね平穏』と評価するが、選挙期間中に対立陣営から殺害され..   (2018-05-19)
12345678910,,,28
ニュース コラム ライフ
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
【深謀】 政府要職に軍と警察..
バタネス紀行 2017 その-(54..
【行事】 2018年ミス・セブは..
マニラ逍遥 2018年 その(5)..
【老害】 2019年選挙の候補者..
バタネス紀行 2017 その-(53..
《雇用》 ミンダナオ島の日系..
マニラ逍遥 2018年 その(4)..
【観光】 遅きに失す ようや..
バタネス紀行 2017 その-(52..
【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
マニラ逍遥 2018年 その(3)..
《過密》 セブの『ジンベイザ..
バタネス紀行 2017 その-(51..
21【不慮】 フィリピンで演習参..
22マニラ逍遥 2018年 その(2)..
23バタネス紀行 2017 その-(50..
24【黒幕】 セブの日本人女性射..
25《評判》 次期上院選候補支持..
26マニラ逍遥 2018年 その(1)..
27《災害》 セブ州中部ナガ市で..
28《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
29バタネス紀行 2017 その-(49..
30【自前】 商船三井 船員養成..
31バタネス紀行 2017 その-(48..
32《批判》 ドゥテルテに媚を売..
33バタネス紀行 2017 その-(47..
34《失政》 物価上昇止まらず ..
35セブで使うデジタル・カメラ
36《拙速》 ボラカイ島の環境整..
37バタネス紀行 2017 その-(46..
38《定年》 新最高裁長官決まる..
39《銃撃》 セブで日本人と韓国..
40ニノイ・アキノの日と日本の完..
41《芸能》 日本映画『愛しのア..
42バタネス紀行 2017 その-(45..
43【経営】 セブの旧マリオット..
44《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが..
45【事件】 セブ・マクタン島の..
46【肥大】 小売業最大手のSMの..
47【管理】 在住外国人にも登録..
48【警戒】 ミンダナオの島で爆..
49【実態】 成長の影に環境破壊..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《銃撃》 セブで日本人と..+ 3270
【警戒】 ミンダナオの島..+ 2869
【事件】 セブ・マクタン..+ 2841
【管理】 在住外国人にも..+ 2504
《隠蔽》 日本の厚労省とNP..+ 2301
【実態】 成長の影に環境..+ 2247
《失政》 物価上昇止まら..+ 2209
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2199
【肥大】 小売業最大手のSM..+ 2134
《芸能》 日本映画『愛し..+ 2109
《拙速》 ボラカイ島の環..+ 2035
【経営】 セブの旧マリオ..+ 2005
《定年》 新最高裁長官決..+ 1996
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 1975
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 1765
【自前】 商船三井 船員..+ 1618
【黒幕】 セブの日本人女..+ 1615
《評判》 次期上院選候補..+ 1449
【不慮】 フィリピンで演..+ 1099
《過密》 セブの『ジンベ..+ 948
21バタネス紀行 2017 その-..+ 908
22フィリピンの暑さと他の国..+ 890
23ニノイ・アキノの日と日本..+ 887
24セブで使うデジタル・カメ..+ 869
25バタネス紀行 2017 その-..+ 855
26セブで日本軍が降伏した場..+ 850
27《雇用》 ミンダナオ島の..+ 841
28バタネス紀行 2017 その-..+ 828
29バタネス紀行 2017 その-..+ 729
30バタネス紀行 2017 その-..+ 724
31【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 718
32バタネス紀行 2017 その-..+ 717
33バタネス紀行 2017 その-..+ 706
34【老害】 2019年選挙の候補..+ 656
35マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 648
36【行事】 2018年ミス・セブ..+ 643
37【観光】 遅きに失す よ..+ 629
38バタネス紀行 2017 その-..+ 614
39マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 613
40マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 512
41バタネス紀行 2017 その-..+ 465
42【深謀】 政府要職に軍と..+ 396
43【不満】 進まぬ復興事業..+ 373
44《微増》 1日当たり25ペソ..+ 309
45バタネス紀行 2017 その-..+ 278
46【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 263
47バタネス紀行 2017 その-..+ 250
48マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 230
49マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 215
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:737,801 今日:234 昨日:303
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.