フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
9日、本格遊説戦に突入 「幕が上がったフィリピン大統領選挙レース」 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  9日、本格遊説戦に突入 「幕が上がったフィリピン大統領選挙レース」
大統領、副大統領の外に300名の上·下院議員と1万7千500余名の地方議員選出
 
来る5月10日に予定されているフィリピン大統領選挙の遊説戦が9日に始まった。今回の選挙では大統領と副大統領の外に、300名の上・下院議員と、1万7千500余名の地方議員を選出するようになる。

国民の最大の関心は、やはり大統領選挙
 
現在、大統領選挙に挑戦状を出した人物は、コラソン・アキノ元大統領の息子、ベニグノ-「ノイノイ」・アキノ上院議員、マヌエル・ビラ上院議員、ジョセフ・エストラダ元大統領、ギルベルト・テオドロ元国防相などである。
このなかに今まで勝利が一番有力とされる候補は、アキノ上院議員とマニ・ビラ上院議員であり、両者の支持率は2~3%前後を記録しながら接戦を繰り広げている。
 
写真説明:9日、Rizal公園で宗教界のリーダーとして、大統領選挙候補であるエディ・ビルラヌエバの支持者たちが、横180m、縦92mの大型国旗を広げて見せている。

世論調査機関であるパルス・アジアが実施した最近の世論調査によれば、有権者1千800名を対象にしたアンケート調査結果、アキノ議員が37%の支持率を記録して先頭に立ったという。つづいて、マニ・ビラ上院議員(35%)、エストラダ(12%)、テオドロ(5%)などの順となっている。

しかし、一部の選挙専門家たちは、この調査が選挙運動開始前に実施された上、大多数の有権者たちがアキノとマニ・ビラという二人の先頭走者を除いては、他の候補者に対する情報をあまり得られていないため、先頭を予測するにはまだ早いと分析した。

専門家たちは、アキノ候補の場合、個人的なカリスマよりは去年他界した母親に対する国民の同情心が大きく作用しているため、彼の人気はバブルである可能性が大きいと診断している。
実際、不動産開発で莫大な富を蓄積したマニ・ビラ候補が、広告を通じて認知度を高め始め、アキノ候補を追い越すばかりの勢いを見せていることが良い事例であるという、専門家たちは説明している。
 
 
写真説明:9日、マニラ南部ラグナのカルラムバ(Calamba)で、マニ・ビルラ上院議員の選挙遊説が始まる前に、公演が開かれている。
 
エストラダ候補に対しては評価が分かれる。映画俳優出身で大統領にまで上り詰めたが、不正嫌疑で権力の座から逐出された彼は、今回の選挙を通じて政治的復権を図っているものの、簡単ではないとみる意見が優勢である。

グロリア・アロヨ現大統領の積極的な支援を受け、与党側の候補として出馬したテオドロ候補は、他の競争者たちに比べて大衆性が落ちることは事実である。しかし、与党側の総力支援と、まだ本選が3ヶ月も残っている点を考慮すれば、状況が変わる可能性も排除することができないと考えられている。
専門家たちは、去年11月に南部マギンダナオ州で発生した大量虐殺事件のように、選挙関連のテロが相次いでいるなど、本選まではたくさんの変数が残されている現実を考慮すると、まだ有力候補を予測するには早いと観測している。

一方、アロヨ大統領が現行法を無視してまで故郷のパンパンガ州の下院議員出馬のために選管委に候補登録をし、ボクシングの世界チャンピオン出身で国民英雄になったマニー・ パッキャオも下院議員に挑戦するなど、下院議員選挙も大きな関心を集めている。
 
電子開票期82,200台、船積み準備完了
 
COMELEC(中央選管委)のある高位幹部は、フィリピン選挙史上初めて導入される電子開票期の製造社、スマトメティックとTIM(トータル・インフォメーション・マネージメント)社による82,200台の電子開票期が、船積みの準備を完了したことを明らかにした。
COMELECのコミショナー、グレゴリオ・ララジャバルは、スマトメティックと TIMジョイント・ベンチャー社から、今回の選挙に使われる機械製作が8日に完了したという報告を受けたと述べた。ララジャバルは「PCOS(電子スキャニング認識機)供給を2月21日までには完了する」と、記者会見で語った。

ラグナ・カブヤノのある倉庫に、 48,900台のPCOSが保管されていると、報道されたことがあるが、COMELECは公式確認を行っていない。関税庁の確認によると、2月第1週現在、7,200台のPCOSが通関完了、800台は通関進行中、25,300台は船積み待機中であるという。
COMELECは、スマートメティック- TIM社が約束した納期完了日の2月21日を守らなかった場合、供給会社を制裁する方針であることを明らかにした。去る12月、スマトメティック-TIM社は相次ぐ連休で船積み日程に支障が生じ、2009年末まで7,200台を納品したことがある。
ララジャバルは、すでに納品された PCOSはフィールドテストを完了した。さらに先週、謀議投開票も実施されている。COMELEC議長であるホセ・メルロは、謀議投開票を実施した結果、「ほぼ完壁」であったと自評している。

しかし、左傾民族主義グループである「バヤンムナ」は、PCOSの納期が間に合わないことがあり、1月29日にパテロス小学校で行われたサンプルテストでも10台のPCOSの中、4台が投票用紙を読み取れなかったとことをもって、初導入されるシステムだからこそ、投開票を進行する教師らがPCOS作動と管理に慣れるため、十分な習得訓練が必要だと主張している。

また、PCOSが作動しない時に備えて、COMELECはより徹底した対備策を立てるべきであると主張した。一方 COMELECは、海外不在者投票を選挙日(5月10日)より1月前に実施するという。海外不在者は電子投票ではなく郵便投票制度で投票することになる。
大統領、上・下院議員候補者の公式選挙運動は9日に始まり、地方自治体選挙の場合は3月26日から5月8日まで行うことになる。
 
COMELEC、不法選挙物、一斉取り締まり
 
10日、COMELEC(選管委)は、5月10日選挙に参加する候補者全員と政党が、不法選挙運動用道具や付着物使用に対する一斉取り締まりを行った。しかしこの取り締まり期間中にも、COMELEC自身の広告放送は可能としている。
COMELECのスポークスマン、ジメネスは、取り締まり担当者らが候補者・政党の選挙運動規定遵守可否を調査すると述べた。とくに、COMELEC取り締まり担当者は、候補者と各政党で製作したポスターなどが規定を守っているのかを調査すると付け加えた。
また、彼らは、証拠を残すためにビデオレコーダーとカメラを携帯し、全国単位で取り締まる予定である。

Updated: 2010/02/16 (火) 11:05

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,635 今日:63 昨日:128
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.