フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【内戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘収束へ 戒厳令は継続

 523日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピン政府は『ほぼ制圧』と宣言した。【写真はマラウィ市内の戦闘の様子】


 完全制圧にならないのは、今だ戦闘員30人程度が人質20人と共に立て籠もり、また戦闘員の親族40人程度残っているためと、各所に仕掛けられた爆弾装置の除去に時間がかかるためと国軍側は説明している。

 9
16日、フィリピン国軍の発表によると同日朝の掃討作戦によって武装組織の最高指揮官である『イスニロン・ハビロン』と同組織と連携、共闘していたマウテ・グループの中心人物『オマル・マウテ』の殺害が確認された。

 ハビロンは中東の武装組織『イスラム国(IS)』から司令官の命を受け、東南アジア地域のISの拠点としてフィリピンを舞台に暗躍し、アメリカ政府からは危険人物として500万ドル、フィリピン政府からも1千万ペソの懸賞金が懸けられていた。

 また、オマルにはフィリピン政府から500万ペソの懸賞金が懸けられていて、兄のアブドラ・マウテは9月上旬の戦闘で死亡が確認され、オマル・グループは今回の弟の死亡により指導者を失った模様。

 長期化した戦闘では国軍と警官、市民の側に1000人以上の死亡、反政府武装組織側は850人以上の死亡が確認されている。

 また今回のマラウィ内戦では市街地が戦闘によって徹底的に破壊され、周辺住民を含めて40万人近い人々が国内難民と化し、対応が急務な状態となっている。

 このため、国際赤十字などのNGOが救援活動を行っていて、日本からはジャパンプラットフォームの資金で日本のNGOが活動を始めたものの、本格的支援には至っていない。

 今回のマラウィ市の内戦では、当初、国軍はこの戦闘は数日で終わると楽観的に見通していたが、その国軍の甘さが戦闘を長引かせた要因になっていると指摘されている。

 また、マラウィ市内に地下トンネルを作るなど武装組織側の周到な戦闘準備が行われ、しかも大量の戦闘員が活動していたことに対して、フィリピン政府側の事前の情報収集、対応の不手際がここまで事態の拡大を招いたと批判がなされている。

 これに対して同地域はイスラムの牙城で、マウテ・グループを組織したマウテ家は地元の名家であり、周辺住民は『もの言えば唇寒し』で殺されるのを恐れ、マラウィ市内での武装組織の戦闘準備活動を見て見ぬ振りをせざるを得なかったとの見方もある。

 これは、フィリピン人のイスラム教徒が重視する血縁、地縁と関係があり、戦闘員を支援、擁護する強力なネットワークがミンダナオ島にはあることを示している。

 このため、今回の戦闘に加わった戦闘員は数百人規模で、既にミンダナオ島各地に脱出していて、新たな芽がばら撒かれ、マラウエイ内戦を契機に発令中の『戒厳令』を継続する態度を大統領は変えていない。


Updated: 2017/10/18 (水) 10:38

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本大使館2020年7月31日 (金) 14:35発表を転載1 7月31日、フィリピン政府は、8月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました..   (2020-07-31)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,251 今日:31 昨日:138
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.