フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【投票】 2016年副大統領選の再集計 4月2日から開始  - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【投票】 2016年副大統領選の再集計 4月2日から開始 

 20165月に行われた正副大統領選では、泡沫候補から成り上がったドゥテルテが圧倒的な票差で大統領に当選したが、副大統領選ではその票差が少なかったために次点で落選した陣営が異議を申立てていた。

 副大統領に当選したのはアキノ政権時代に、内務自治長官であった夫を飛行機事故で亡くしたロブレドで、落選したのは独裁者マルコス【写真】の息子の前上院議員。

 この時の得票はロブレド14418817票、マルコスは14155344票で、その差263473票であった。

 マルコス側は投開票に不正があったと最高裁に申し立てていて、最高裁判事らが構成するPresidential Electoral Tribunal (PET)はこの申し立てを受理し、42日から再集計を行うと決定した。

 これは独裁者マルコスを放逐した後、1987年に制定した憲法下では初めてのケースで、過去において正副大統領選の結果についての抗議は行われているが、いずれもPETで再集計までには至らなかった。

 大統領選では2004年のアロヨ対ポー、2010年の副大統領選のデ・カストロ対レガルダ、同じく2010年副大統領選のビナイ対ロハスと、毎回落選した側がクレームを付けるのがフィリピン選挙の十八番となっていて、今回のマルコスのクレームもその域を出ず、冷めた目で見られている。

 4
2日から始まる再集計は全部の選挙区を点検するのではなく、ルソン島南カマリネス州、パナイ島イロイロ州、セブ島隣りのネグロス島東ネグロス州に限定していて、その意図は不明。

 再集計は50のチームが体育館で月曜から金曜日まで8時半から4時半まで行われ、それぞれのチームにはロブレドとマルコス陣営から3人ずつの監視員が張り付くが、取材陣を締め出した形で行われる。

 フィリピンの選挙方式はマークシート式になっていて意中の候補者へ黒く塗り潰し、それを機械で読み取ってFAXのように各端末が中央に送る形式を採用している。

 この機械読み取りは従来の人が開票する方法では不正が入り込むために排除を狙って採用されたものだが、集計コンピュータへのハッキングなどが取り沙汰されていて、信頼性に欠けるとの評価もある。

 今回、マルコス側の申し立てによって再集計が初めて行われるが、騒いでいるマルコス側がフィリピンから追い出されたのはマルコスによる不正選挙がきっかけであり、マルコスはどの顔で不正選挙だといえるのかと批判も強い。

 しかし、現在無役の同人は、来年に行われる上院選挙に立候補するといわれ、名前が売れれば良いとの作戦だの酷評もあるが、ドゥテルテは副大統領にはマルコスが良いと公言していて、どこに落とし穴があるか分からない。


Updated: 2018/03/29 (木) 11:04

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月16日、フィリピンで過去27年宣教師として活動する71歳のオーストラリア人修道女が、入管当局に拘束された問題で、ドゥテルテ大統領【写真】は『拘束は自分の指示』と認めた。 ..   (2018-04-19)
 水質汚濁、環境破壊で観光地として不適切と問題になっている、フィリピンを代表するボラカイ島の閉鎖が4月4日の閣議で本決まりとなった。 閣議にはボラカイの閉鎖を提言していた..   (2018-04-05)
 2016年5月に行われた正副大統領選では、泡沫候補から成り上がったドゥテルテが圧倒的な票差で大統領に当選したが、副大統領選ではその票差が少なかったために次点で落選した陣営が..   (2018-03-29)
 日本でも安倍総理、麻生副総理と総理大臣を祖父に持つ世襲政治家の弊害が指摘されているが、このフィリピンは政治を家業とする政治屋一族が国政や地方自治体に巣食っている実態が..   (2018-03-15)
 1986年2月の『エドサ政変』でフィリピンを追い出されたマルコス元大統領一族の娘『アイミ―・マルコス』が2019年に行われる上院議員選に立候補する考えを示している。 アイミ―はマ..   (2018-03-09)
 その国の汚職度、腐敗を数値化して毎年発表している国際NGO『Transparency International』が2017年度の結果を公表した。【赤い色に近づく国ほど汚職度が高い】 それによると、180の対象国及..   (2018-02-28)
 アメリカの中央情報局(CIA)など、国内16の情報、諜報機関で構成される連合体『US Intelligence Community=IC』は2月12日、同連合体を統括する国家情報長官が報告書『世界脅威評価』を公表..   (2018-02-22)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
12345678910,,,27
ニュース コラム ライフ
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【常連】 2016年のミス・ワー..
22セブの生命力ある樹
23【病巣】 フィリピンを食い物..
24バタネス紀行 2017 その-(26..
25【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【予測】 インフレ率急上昇 ..
28セブの3月はいつも通り猛暑へ..
29【色気】 独裁者マルコスの娘..
30バタネス紀行 2017 その-(25..
31小さな旅 ボホール島篇 2017..
32【判決】 85歳のオーストラリ..
33俳優の死と墓
34バタネス紀行 2017 その-(24..
35【標的】 日系企業に対して労..
36【最多】 エイズ新規感染者 ..
37【現実】 汚職追放は掛け声だ..
38【投資】 都市部を中心に急増..
39【環境】 ボラカイもマクタン..
40【評価】 アメリカの情報機関..
41【祭典】 参加してもフィリピ..
42【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
43【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
44【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
45【時代】 劣悪なジプニーが消..
46【司法】 最高裁 戒厳令延長..
47【市場】 フィリピンの2017年..
48【労働】 企業に都合の良い ..
49【雇用】 日本で働くフィリピ..
50【景気】 前年より減速 2017..
51【管理】 海外で働くフィリピ..
52【避難】 マヨン火山に大噴火..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3419
【避難】 マヨン火山に大..+ 3041
【管理】 海外で働くフィ..+ 2525
【景気】 前年より減速 20..+ 2383
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2224
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2143
【労働】 企業に都合の良..+ 2044
【税金】 マニラ首都圏地..+ 1947
【評価】 アメリカの情報..+ 1931
【環境】 ボラカイもマク..+ 1869
【市場】 フィリピンの2017..+ 1868
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1736
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1731
【最多】 エイズ新規感染..+ 1605
【祭典】 参加してもフィ..+ 1589
セブからプーケットへ+ 1479
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1445
軍事用飛行場であったマク..+ 1384
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1373
【病巣】 フィリピンを食..+ 1366
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1332
22【投資】 都市部を中心に..+ 1324
23【標的】 日系企業に対し..+ 1288
24平成は31年で終わる+ 1157
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1113
26【予測】 インフレ率急上..+ 1095
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1019
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 972
29バタネス紀行 2017 その-..+ 912
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 906
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 869
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 855
33【便乗】 フィリピン人が..+ 820
34【予定】 マクタン・セブ..+ 820
35プーケットの古本屋+ 708
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 700
37セブは晴れ 日本は大雪+ 700
38バタネス紀行 2017 その-..+ 672
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 640
40フィリピンも参加した平昌..+ 636
41俳優の死と墓+ 605
42バタネス紀行 2017 その-..+ 604
43バタネス紀行 2017 その-..+ 596
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 584
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 571
46バタネス紀行 2017 その-..+ 563
47【投票】 2016年副大統領選..+ 534
48小さな旅 ボホール島篇 20..+ 529
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 317
50【是正】 配車サービス『..+ 169
51【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 97
52【数字】 2018年度国内総生..+ 70
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,065 今日:162 昨日:219
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.