フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《癒着》 身内に便宜を図った 観光庁長官辞任 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《癒着》 身内に便宜を図った 観光庁長官辞任
 兄弟の経営する会社に6000万ペソ(約12500万円)を広告費として支出して、国営テレビ局の番組を制作させた疑惑が抱かれている観光庁長官が58日、辞任をした。

 この問題は会計検査院が、観光庁と同長官の親族が経営する会社との間に契約書がないことを指摘していて、長官の身内ということで何らかの便宜が図られたのではないかと見られている。

 この指摘に対して疑惑の会社は『全て合法的に契約、取り引きを行った』とし、疑惑を否定した。

 しかし、この批判の高まりを受けて6000万ペソを返還する意向を表明したが、返金すれば済む問題ではないと更に批判を浴びている。

 この問題に対して公務員の汚職、犯罪を取り締まる『行政監察院』が捜査に乗り出し、汚職の疑いで起訴される可能性も浮かび上がっていて、ドゥテルテ政権は影響を最小限にするために辞任の道を選ばせた模様。

 同政権下での現職閣僚、閣僚級の辞任は5人目で、司法、内務自治、情報通信、今回の観光庁の各長官と、副大統領が兼務した住宅都市開発調整評議会議長になる。

 辞任した観光庁長官は、ドゥテルテの地元ダヴァオ市で旅行業界団体の長を務め、ドゥテルテ当選後に論功として長官の座を得た。

 同じように『違法薬物関与者抹殺』政策を進めるために、国家警察長官にダヴァオ警察署長であった人物を任命し、これは友達、身内、あるいはイエス・マンを起用するアメリカや日本と同じで、弊害が指摘されている。

 観光庁に関してはフィリピンを代表する『ボラカイ島』の最長6ヶ月間の4月26日から閉鎖が始まり、多くの課題を残しているが、後任は未定。

 長官辞任となった観光庁だが、2018年度第1四半期(1月~3月)の間にフィリピンを訪れた外国人観光客は205万人弱を記録したと発表。これは前年比15%弱の伸びで業界は好調を維持した。

 なお、国別では韓国が1位の座を守ったが、中国からの訪問者が50%増と異常な伸びを示していて、1位の座を占めるのは時間の問題と見られている。


Updated: 2018/05/09 (水) 13:05

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 7月31日(日曜日)、第12代フィリピン大統領フィデル・ラモスが新型コロナ感染によって94歳で亡くなった。【写真は1986年のエドサ政変後にコラソン・アキノと歩くラモス】 当日はミ..   (2022-08-03)
 7月24日(日曜日)、フィリピンの数ある私立大学の中でレベルの高さ1、2を争うアテネオ・デ・マニラ大学で、同大学法学部を卒業する娘の卒業式に出席するために上京していた、バシ..   (2022-07-25)
 世界の国際空港の中で常にワースト10に入る『マニラ国際空港』を巡って、新大統領に就任したマルコスの父親の名前を冠するための動きが起きている。 同空港【写真 2本の滑走路が..   (2022-07-13)
 5月に行われたセブ州知事選で80%の得票率で再選を決めた、ガルシア知事が6月8日に出した『知事令第16号』を巡って、知事と全国自治体を管理する中央の『内務自治省』との間で火花..   (2022-06-16)
 次期大統領マルコス政権の閣僚人事はほぼ決まったが、フィリピンもアメリカと同様に当選に協力した選挙功労者に重要ポストを与える方式を見倣っていて、このほど発表された『観光..   (2022-06-04)
 5月9日(月曜日)投票の2022年度選挙で、注目の正副大統領選は事前の世論調査通りにマルコス-ドゥテルテ組が当選し、1986年以来の正副大統領が同組で選ばれることとなった。 最終..   (2022-05-25)
 5月9日(月曜日)の投票日まで一ヶ月少々となったが、正副大統領選ではマルコス-ドゥテルテ組が世論調査では終始トップに立っているが、全国の著名な私立大学や国立大学の学生自..   (2022-04-06)
 フィリピンの上院と下院で承認されていた『性交同意年齢』を引き上げる100年ぶりの改訂法案が、3月4日大統領の署名によって成立した。 性交同意年齢とは自ら性行為を判断出来ると..   (2022-03-12)
 21世紀の帝国パラノイアと称されるロシアのプーチン大統領は2月24日、かねてからウクライナ国境付近に展開していたロシア軍を一気に、ウクライナに侵攻させた。 大人とこどもの戦..   (2022-02-27)
 2016年に誕生したドゥテルテ政権は2022年6月に6年間の任期の終りを迎えるが、任期中の実績について様々な角度から評価が出ている。 中でもドゥテルテ政権の目玉は巨大インフラ建設..   (2022-02-20)
 選挙は国を問わず、選挙管理員会が定めた選挙運動期間ではなく事前運動が重要で選挙運動が解禁された時は終盤といわれているが、フィリピンではこの2月8日から選挙運動が解禁され..   (2022-02-10)
 アメリカの超党派議員24人が、フィリピンで深刻な人権侵害が行われていると、その背後にいるドゥテルテ政権の現職閣僚や警察、軍の元高官5人を名指しで非難し、国務長官や財務長官..   (2022-02-04)
 ツイッター社は5月に行われる大統領選に立候補しているマルコス候補を支持する300以上のアカウントを1月22日、同社のポリシーに違反しているとして停止措置に出た。 ツイッターや..   (2022-01-28)
 フィリピン保健省の発表によると、新型コロナ感染者数の国内感染者数は1月11日に累計3026473人となり、ついに300万人台を突破した。 過去の感染者数を見ると感染者数50万台人に達した..   (2022-01-13)
 2022年5月に任期の切れるドゥテルテ大統領は、同年5月の正副大統領選を含む3年に1度の全国選挙の副大統領選に出馬表明をし、それが憲法違反の可能性が高いと指摘されると次に12人が..   (2021-12-16)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
【露骨】 選挙の論功行賞..+ 3147
【結果】 マルコス-ドゥ..+ 2889
フィリピンの選挙ポスター..+ 2823
セブから見た4630万円ネコバ..+ 2788
【出生】 夫婦の持つ子ど..+ 2473
日本とフィリピンの図書館+ 2310
【借款】 JICA案件の新型巡..+ 1885
【迷惑】 マスク着用義務..+ 1884
【減少】 新型コロナの回..+ 1691
フィリピン2022年司法試験の..+ 1682
【有料】 セブ-マクタン..+ 1593
【借金】 ADB 『南北通勤..+ 1036
セブ総領事館で投票をする+ 906
【凶弾】 名門大学卒業式..+ 903
【太鼓】 マルコスを『ヨ..+ 866
マクタン-セブに開通した..+ 696
【災害】 ルソン島山岳部..+ 663
【賭場】 セブに出来る ..+ 639
セブから見える元首相の殺..+ 582
セブで見る カラバオ(水..+ 545
21セブで考える2022参議院選挙..+ 530
22【歴史】 ラモス元大統領..+ 500
23【問題】 貧困層への現金..+ 499
24【暴利】 金利が高額な中..+ 415
25セブで考える元大統領ラモ..+ 250
26【間近】 マリオットが ..+ 128
27【摘発】 セブ市で韓国人..+ 99
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:934,264 今日:56 昨日:80
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.