フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【鉄槌】 汚職の果て イメルダ・マルコスに有罪判決 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【鉄槌】 汚職の果て イメルダ・マルコスに有罪判決

 19862月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州知事、長男は前上院議員で2016年の副大統領選に出馬し次点で落選。

 マルコス独裁時代に検事に任官した現大統領のドゥテルテは、歴代政権が拒否したマルコスの英雄墓地埋葬を許可し、マルコス家擁護の立場を取っている。

 マルコス家の復権は1986年から既に30年以上が経過し、マルコス独裁政権時代を知らない、学ばない世代が多数派となり、またSNSを通じた安直な情報を盲信する層が惑わされているためと見られている。

 しかしながら世間は忘れていても、マルコス問題というのはまだ継続されていて、119日、公職者の汚職を裁く『Sandiganbayan(公務員特別裁判所)』は、イメルダ・マルコスの汚職7件に対して、いずれも有罪の判決を下した。

 罪状はスイスの銀行などに隠した財産は国庫から略奪したなどで、7件に対して禁錮61月から11年になる計70年以上の厳しい判決であった。

 また、同裁判所はイメルダの逮捕状発行も命令し、公職に就くことも禁じた。

 これに対してイメルダ側は逮捕を免れるために控訴手続きを取り、最終的には豊富な資金力を使って最高裁まで抵抗すると見られている。

 マルコス一族の国から略奪した金額は政府調べでも50100億ドルにも上っていて、この他民間からの口利きリベートはそれ以上とも見られ、フィリピンを逃げ出しても復権できたのはこの汚い金のためと酷評されている。

 政府も手をこまねいたわけではなく、過去30年間でスイスの銀行に隠されていた6億ドルなど、計36億ドルを回収したが、これはほんの一部であり、海外に分散された隠し財産の摘発と回収は困難と見られている。

 公特栽とイメルダの係争では、1993年に軽量鉄道公社用地を巡って、汚職罪で有罪の判決が出て、1998年には最高裁でも有罪、禁錮9年~12年の実刑判決が出た。

 しかし、イメルダは強力な弁護団を駆使し、同年に再審請求して逆転無罪の判決を受けた、これに対して最高裁判事がマルコスの金で買収されたとの話が流れたが、真偽のほどはともかくフィリピンならあり得ると話題になった。

 有罪判決を受けたイメルダは現役議員として最年長の89歳だが、2019年の上院選に出馬する娘に替わって北イロコス州知事選に出馬表明していて、当選しても寿命が尽きるのではないかと揶揄されているが、本人は意気軒昂で『老醜』という批判もものともしていない。


Updated: 2018/11/10 (土) 11:19

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
 フィリピン保健省によると、9月1日現在の新型コロナ感染者数累計は200万3955人となり、200万人の大台を突破した。 感染者累計で50万人を記録したのは今年の1月17日、100万人の大台にな..   (2021-09-02)
 国の機関の会計を検査する組織として会計検査院があり、多くの国では裁判所と同様にその立場の独立性を保障されていて、最高権力者といえども口を挟むことは許されていない。 フ..   (2021-08-19)
 大会開催中に毎日のように新型コロナ感染者数の記録を塗り替えていながら東京で開かれたオリンピックで、フィリピンは女子重量挙げ55キロ級で前回リオ・デ・ジャネイロ大会で銀メ..   (2021-08-09)
 7月30日現在のフィリピン国内新型コロナ感染者は累計158万人を超え、これは7月1日141万人より17万人の増加で、感染ペースは下がっていなくて、政府は8月1日から各地に出している防疫体..   (2021-07-31)
 7月4日午前11時半頃、ミンダナオ島西岸海域スール州ホロ島にある空港でフィリピン国軍の輸送機『C-130』が着陸に失敗し、近くのヤシ林に墜落、炎上した。 同機には操縦士3人と陸軍..   (2021-07-05)
 第15代フィリピン共和国大統領ベニグノ・アキノⅢ世が、6月24日午前6時半マニラ首都圏ケソン市の病院で亡くなった。享年61であった。 死因は糖尿病による腎臓疾患で、同氏は2年以上..   (2021-06-26)
 フィリピンの新型コロナ累計感染者数は6月20日現在、135万9千人余となり、1日当たり5000~7000人前後の感染者が発生する高止まり状態となっている。 これまではマニラ首都圏と首都圏..   (2021-06-21)
 フィリピン財務省【写真】によると、政府債務が4月末で10兆9900億ペソ(約22兆円)に達し、この額は前月の3月から2%増となり債務総額としては過去最高となった。 債務額が膨らんだ..   (2021-06-05)
 フィリピンは3年に1度、全国統一選挙が行われ前回の2019年は上下院議員、州、市、町の自治体首長と各種自治体議員が選出され、任期は上院議員の6年以外は何れも3年。【写真は前回2019..   (2021-05-12)
 今年の1月17日に新型コロナ累計感染者数50万人を数えたフィリピンで、100万人を突破したことが保健省(DOH)によって確認された。 100万人を突破した日は4月26日で、その数は100万6428人..   (2021-04-29)
 4月13日現在、新型コロナ累計感染者数88万人、一日当たりの感染者が連日1万人を超えるフィリピンだが、切り札とされているワクチン接種も計画通りに進んでいないのが明らかになって..   (2021-04-13)
在フィリピン日本大使館情報より転載   ●3月29日、フィリピン政府は、4月1日からのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。 【本文】 ..   (2021-04-01)
12345678910,,,32
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:909,500 今日:32 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.