フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《責任》 ワクチン接種を巡って 元厚生省長官など20人を起訴へ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《責任》 ワクチン接種を巡って 元厚生省長官など20人を起訴へ

 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の20164月から公立学校などを中心に進められた。
 

 加えてデング熱多発地帯の首都圏の4市でも接種が行われ、その総数は83万人以上となっている。



 ところが、製薬、ワクチン製造の世界的大企業であるフランスの『サノフィ』【写真はパリにある本社】がワクチン接種による副作用の警告をしたために、ドゥテルテ政権下の201712月に接種中断の措置が取られた。



 アキノ前政権はサノフィ社製のワクチンがデング熱には有効として、政府側と同社交渉後1ヶ月という極めて短い期間で購入が承認され、代金35億ペソ(約80億円)が支出された。



 この唐突な採用決定に対して、何らかの贈収賄があったのではないかと噂されたが実態は不明となっていた。



 そういった疑惑の中、接種を受けたことが原因による死亡と見られる事例が児童の間で発生し、その数8人を数えた。



 この件は社会問題化し、責任を問う声が高くなり、告発を受けた司法省が捜査を行い、32日に関係者20人を起訴することを発表した。



 起訴対象者は政府側で関わった当時の厚生省長官や同省の医師9人、食品医薬品局の係官2人の12人と、ワクチンを製造、供給したサノフィ社の社員など計20人となった。



 また、同ワクチン接種を推進したと見られるアキノ前大統領に対しては起訴が見送られ、エストラダ、アロヨと連続して歴代大統領が司法の場で裁かれることは今のところない模様。



 起訴内容は過失致死容疑となっていて、ワクチン接種と児童死亡の因果関係については、病院関係の調査委員会も児童3人が接種による死亡と発表している。



 この司法省の起訴に対して厚生省は『死亡児童とワクチン接種の関連性は明らかになっていない』とし、上院の調査委員会でデング熱研究者による『因果関係を立証するには困難』という証言を得ていると反発している。



 一方、サノフィ社はデング熱未罹患者への接種について『接種者が感染した場合は入院リスクを高める』と、接種の効果がないことを暗に認めながら、『接種自体が深刻な症状をもたらすことはない』と、他人事のような見解を出している。



 同社のデング熱ワクチンを採用している国は少なく、一説にはフィリピンは『サノフィ社の人体実験』をされたとの指摘もあるが、真相は不明。



 しかしながら、サノフィ社は問題が発覚、大きくなって未使用分のワクチン代金をフィリピン政府に返金する行為に出ていて、遺族など関係者から『金を返せばいい問題ではない』と痛烈な批判が浴びせられている。



 デング熱ワクチン接種が社会問題になってから、フィリピンでは他のワクチン接種に対する恐怖と不信が広がり、現在大流行中の『麻疹』もこのデング熱ワクチン問題から麻疹ワクチンを接種する人が激減していて、余波は広がっている。




Updated: 2019/03/04 (月) 12:35

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
 CNNが伝えることによると、ロシアを訪問したドゥテルテ大統領は、10月5日首都モスクワで在留フィリピン人向けの会合において演説を行い、自身が『重症筋無力症』に罹患していること..   (2019-10-08)
 国連はいくつもの常設理事会を持つが、国際社会の人権状況を改善しつつ、深刻かつ組織的な人権侵害などに対して早急に対処するために国連人権理事会がある。 同理事会の英名は(..   (2019-09-25)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:830,280 今日:37 昨日:182
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.