フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《責任》 ワクチン接種を巡って 元厚生省長官など20人を起訴へ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《責任》 ワクチン接種を巡って 元厚生省長官など20人を起訴へ

 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の20164月から公立学校などを中心に進められた。
 

 加えてデング熱多発地帯の首都圏の4市でも接種が行われ、その総数は83万人以上となっている。



 ところが、製薬、ワクチン製造の世界的大企業であるフランスの『サノフィ』【写真はパリにある本社】がワクチン接種による副作用の警告をしたために、ドゥテルテ政権下の201712月に接種中断の措置が取られた。



 アキノ前政権はサノフィ社製のワクチンがデング熱には有効として、政府側と同社交渉後1ヶ月という極めて短い期間で購入が承認され、代金35億ペソ(約80億円)が支出された。



 この唐突な採用決定に対して、何らかの贈収賄があったのではないかと噂されたが実態は不明となっていた。



 そういった疑惑の中、接種を受けたことが原因による死亡と見られる事例が児童の間で発生し、その数8人を数えた。



 この件は社会問題化し、責任を問う声が高くなり、告発を受けた司法省が捜査を行い、32日に関係者20人を起訴することを発表した。



 起訴対象者は政府側で関わった当時の厚生省長官や同省の医師9人、食品医薬品局の係官2人の12人と、ワクチンを製造、供給したサノフィ社の社員など計20人となった。



 また、同ワクチン接種を推進したと見られるアキノ前大統領に対しては起訴が見送られ、エストラダ、アロヨと連続して歴代大統領が司法の場で裁かれることは今のところない模様。



 起訴内容は過失致死容疑となっていて、ワクチン接種と児童死亡の因果関係については、病院関係の調査委員会も児童3人が接種による死亡と発表している。



 この司法省の起訴に対して厚生省は『死亡児童とワクチン接種の関連性は明らかになっていない』とし、上院の調査委員会でデング熱研究者による『因果関係を立証するには困難』という証言を得ていると反発している。



 一方、サノフィ社はデング熱未罹患者への接種について『接種者が感染した場合は入院リスクを高める』と、接種の効果がないことを暗に認めながら、『接種自体が深刻な症状をもたらすことはない』と、他人事のような見解を出している。



 同社のデング熱ワクチンを採用している国は少なく、一説にはフィリピンは『サノフィ社の人体実験』をされたとの指摘もあるが、真相は不明。



 しかしながら、サノフィ社は問題が発覚、大きくなって未使用分のワクチン代金をフィリピン政府に返金する行為に出ていて、遺族など関係者から『金を返せばいい問題ではない』と痛烈な批判が浴びせられている。



 デング熱ワクチン接種が社会問題になってから、フィリピンでは他のワクチン接種に対する恐怖と不信が広がり、現在大流行中の『麻疹』もこのデング熱ワクチン問題から麻疹ワクチンを接種する人が激減していて、余波は広がっている。




Updated: 2019/03/04 (月) 12:35

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
フィリピンの喫煙と禁煙
21《強行》 農民切り捨てにつな..
22セブでヴァレンタイン
23【解禁】 資金力と知名度で決..
24フィリピンの今年は選挙年
25【麻疹】 はしか大流行 40日..
26セブで過ごす 『春節』
27【環境】 マニラ湾の汚染対策..
28【選挙】 上院候補者支持率で..
29バタネス紀行 2017 その-(66..
30【苦境】 2018年新車販売台数..
31バタネス紀行 2017 その-(65..
32【調査】 世界最長 フィリピ..
33【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
34セブで打つテニスと大坂なおみ..
35【資本】 全日空がフィリピン..
36セブのシヌログとアメリカ大統..
37【選択】 ミンダナオ島の自治..
38バタネス紀行 2017 その-(64..
39【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
40セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
41【影響】 韓国造船大手のフィ..
42バタネス紀行 2017 その-(63..
43【掃除】 セブ島北端にある町..
44《警戒》 選挙に備えて 銃器..
45【減退】 2019年のフィリピン..
46《密輸》 セブ港で摘発 日本..
47《人口》 婚外子が半数以上 ..
48《御用》 フィリピンに逃亡の..
49《人権》 日本のバナナ会社『..
50《栄冠》 手放しでは喜べない..
51【不振】 新車の売れ行き 前..
52《麻痺》 理由は何とでもつけ..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4839
《麻痺》 理由は何とでも..+ 4587
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 3970
《人口》 婚外子が半数以..+ 3928
《御用》 フィリピンに逃..+ 3327
【不振】 新車の売れ行き..+ 3307
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 2972
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2837
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2342
【影響】 韓国造船大手の..+ 2076
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2048
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2033
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 1971
セブでパスポートを更新す..+ 1963
バタネス紀行 2017 その-..+ 1941
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1895
バタネス紀行 2017 その-..+ 1871
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1662
【資本】 全日空がフィリ..+ 1622
【選挙】 上院候補者支持..+ 1465
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1442
22【調査】 世界最長 フィ..+ 1427
23【解禁】 資金力と知名度..+ 1413
24【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1384
25バタネス紀行 2017 その-..+ 1300
26【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1229
27【苦境】 2018年新車販売台..+ 1202
28パラワンからセブに帰る飛..+ 1190
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1055
30バタネス紀行 2017 その-..+ 1033
31セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1002
32《強行》 農民切り捨てに..+ 951
33バタネス紀行 2017 その-..+ 881
34セブのシヌログとアメリカ..+ 824
35《起工》 フィリピン最初..+ 761
36【前進】 イスラム自治政..+ 754
37《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 722
38セブで打つテニスと大坂な..+ 694
39バタネス紀行 2017 その-..+ 677
40《頭打》 売れ行き不振続..+ 671
41《責任》 ワクチン接種を..+ 652
42バタネス紀行 2017 その-..+ 639
43セブで過ごす 『春節』+ 562
44《予測》 2019年経済成長率..+ 558
45フィリピンの今年は選挙年+ 473
46フィリピンの喫煙と禁煙+ 400
47《富豪》 フィリピンから17..+ 371
48セブでヴァレンタイン+ 371
49《統計》 人口爆発止まら..+ 296
50セブから直行便で行く台湾+ 261
51《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 161
52《断水》 マニラ首都圏の..+ 122
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,166 今日:147 昨日:206
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.