フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【報道】 一族の資産疑惑追及に 激怒するドゥテルテ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【報道】 一族の資産疑惑追及に 激怒するドゥテルテ


 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段で、フィリピン大統領ドゥテルテも同じような轍を踏む状況が持ち上がっている。

 今回はフィリピンのジャーナリスト団体が公表した『大統領一族の資産』問題で、ドゥテルテが大統領に就任した2016年6月からの大統領を含む一族の資産が急激に増えている実態が明らかにされた。

 これによるとドゥテルテ本人の資産は就任時に2408万ペソ(約5200万円)であったが、翌年には2854万ペソ(約6174万円)に増加している。

 またドゥテルテの跡目を継いでダヴァオ市長に君臨する長女は2016年の3490万ペソ(約7550万円)から翌年には4480万ペソ(約9692万円)に増加。

 長女と同時期にダヴァオ市副市長であった長男は同じ時期に1984万ペソ(約4292万円)から2774万ペソ(約6000万円)といずれも増加している。

 この長男は副市長在任中に密輸に関与した疑惑が持ち上がり、本人は否定するものの全容が明るみになる前に辞任して身の保全を計っている。

 フィリピンには憲法と関連法律によって全ての公務員は本人、配偶者、子供を含めた資産、負債、事業収入を記載した報告書の提出が義務付けられていて、最高権力者の大統領、立法の長である両院議長、司法の最高裁判所長官も例外はない。

 このため、アキノ政権時代には資産報告書の虚偽容疑で、当時の最高裁長官が弾劾にかけられ罷免された。

 その後アキノによって史上初めての女性最高裁長官が指名されたが、ドゥテルテ政権になってこの最高裁長官は資産報告の不備を追及され、最高裁判事の決によって罷免されている。

 もっともこの場合は、はるか年下の女性判事にごぼう抜きにされて長官になったための妬みと男性優位を持つ判事を焚き付けたドゥテルテの作戦が功を奏した。

 また、最高裁判事の多数派を意のままに支配したいドゥテルテの戦略もあり、女性長官が定年の70歳まで勤め上げるとすると、ドゥテルテの施策が憲法違反として葬られる可能性が高いために先手を打ったとの指摘もある。

 実際、ドテルテ就任後に任命した最高裁判事はドゥテルテの『イエス・マン』ばかりであり、最高裁のドゥテルテ支配は仕上がっている。

 ドゥテルテは資産が増加した理由について本人と長女は別々に弁護士事務所を経営していて、その収入があるためと説明し『政治家は落選したら無収入になるから副業を持って何が悪いのだ』と開き直っている。

 しかし、報道によるとこれら弁護士としての収入は資産報告書に公表されていなくて、法律違反ではないかと指摘されている。

 また長女の弁護士事務所は事業法人には義務づけられている証券取引員会(SEC)への登録がされていない闇弁護士事務所となっていて、同事務所の顧客には関税局と関係の深いブローカーがあり、長男の密輸疑惑やダヴァオ市に蔓延った密輸米との関連が指摘され、ドゥテルテの威名を使って便宜を計っていたのではないかとの疑惑が持たれている。

 こういった一連の指摘に対してドゥテルテは身辺を調査する報道機関に対して『報復』を宣言していて、これはいまだ国民の間に80%近い支持率を誇っているためで、健康不安が囁かれる中で意気軒昂のポーズを維持し、5月13日の投票が行われる全国選挙で与党陣営を増やすために飛び回っている。

 【写真は現ダヴァオ市長の長女。同人は2022年大統領選立候補に意欲を見せ、ドゥテルテも跡目を継がせてダヴァオ王朝を築きたいが、ルソン島のタガログ族中心の陣営からは2期続けてのミンダナオ島出の大統領は阻止するとの声が高い】



 


Updated: 2019/04/25 (木) 12:11

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本大使館2020年7月31日 (金) 14:35発表を転載1 7月31日、フィリピン政府は、8月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました..   (2020-07-31)
 フィリピン国内で爆発的にコロナ感染者を発生させ医療崩壊が起きているセブ市が、6月30日に発令された政府の防疫体制区分で、国内唯一の最も防疫規制のきつい地域に指定された。以..   (2020-07-01)
 香港の民間団体が世界200ヶ国と地域の『新型コロナウィルス』に対する安全度を数値化したところ、フィリピンは総合で55位となった。 収集したデータは『医療体制』、『防疫の効率..   (2020-06-15)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:839,575 今日:68 昨日:151
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.