フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【和平】 MILFの武装解除始まる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【和平】 MILFの武装解除始まる

 今でこそフィリピンはカトリックが多数派となっているが、カトリック伝播以前はイスラムの布教が盛んで、南部ミンダナオ島からルソン島マニラまでその範囲は広がっていた。

 そのため、現在もミンダナオ島を中心にイスラムは盛んで、歴史の中で、ルソン島マニラを中心とするタガログ族中心の中央政府に対しては敵愾心が強かった。

 特に独裁者マルコス政権になって、カトリック教徒のミンダナオ島移住が進められ、父祖伝来の土地を持つ少数民族を中心とするイスラムを信仰するモスレムとの争いが増えた。

 反マルコスを旗印にするフィリピン共産党主導の新人民軍(NPA)と共に武装闘争に発展し、1970年、モロ民族解放戦線=MNLF(
Moro National Liberation Front)を結成。

 NNLF1990年、自治政府を勝ち取るが、執行部の腐敗と路線の対立によって1981年、NNLFは分裂しモロ・イスラム解放戦線=
MILFMoro Islamic Liberation Front【写真はMILFの旗が結成された。

 弱体化したNLFを尻目にMILFは支持を伸ばし武装闘争を継続。この事態を巡って歴代の政権は強硬派のエストラダ、懐柔派のアロヨとミンダナオ和平に関して扱いは転々としたが、アキノ現政権になって和平方針のブレがなくなり、2011年、日本でアキノ大統領とMILF議長との秘密会談が行われるなど和平機運、体制が高まった。

 翌2012年、政府とMILFとの間で交渉していた和平枠組みが合意。2014年、和平協定調印が行われ、2016年を目標にバンサモロ自治政府樹立までこぎつけた。

 この間、2013年にはMNLFの失脚した元議長派によるミンダナオ島サンボアンガ市街地の占拠事件が起き、10万人以上の避難民を生じる事態も発生したが、ミンダナオ和平の流れは変わっていない。

 このほど2014年の和平協定に基づいて、MILF戦闘員(12万人)の武装解除がミンダナオ島マギンダナオ州で、武装解除国際監視団(IDB)側へアキノ大統領及びMILF議長ムラドが見守る中行われ、第1145人の銃器類が引き渡された。

 この武装解除は段階的に行われ、MILF戦闘員から民間人になった者には生計支援に一時金25千ペソ(約7万円)や政府所管の健康保険証が支給され、元戦闘員の子弟には奨学金などが順次支給される。

 政府側は全4回の引き渡しで全戦闘員の武装解除を目指している。しかし和平の根幹となる新自治政府樹立の拠り所となるバンサモロ基本法案は現在も延々と国会審議中で、自治政府樹立に反対する議員の妨害、および自治政府樹立を憲法違反とする裁判が多数提訴されているために、アキノ政権が目論んでいるスケジュール通りになるか危ぶまれている状況となっている。

 アキノ大統領は任期の切れる20165月までに和平を実現して歴史に名前を残したい思惑だが、スケジュール遅延によってMILF側が不信感を持っているには間違いなく、武装解除がこのまま順調に進められるかどうか不透明となっている。


Updated: 2015/07/03 (金) 10:47

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 世界各国にある空港の評価を行っている民間の評価サイトで、2011年から3年連続でワースト・ランク1位に入っていたマニラ国際空港が、2014年には同4位となり、2015年度の評価ではワース..   (2015-10-26)
 10月16日に締め切られた正副大統領立候補受け付け中、異色なのはサンチャゴ上院議員【写真】で、サンチャゴは1992年に行われた大統領選に出馬した過去がある。 この時の得票数はア..   (2015-10-22)
 10月12日から次期選挙の立候補受け付けが開始される中、大統領選に出馬表明をしているビナイ副大統領【写真】の息子でマカティ市長(現在停職中)『ジョジョマル』に対して、公務..   (2015-10-10)
 正副大統領選の立候補受付けまで半月少々になった現在、民間調査機関による大統領候補者支持率調査が次々と発表されているが、ここにきて有力3候補の支持率の傾向が明らかになっ..   (2015-09-29)
 民間調査機関の最新の世論調査によると、次期大統領にふさわしい人物として以前から低迷していたアキノ現大統領の後継候補、ロハスの支持率が急伸している結果が出た。 この調査..   (2015-09-24)
 世論調査がポー【写真】の野心に火を付けたといっても良い今回の出馬表明だが、9月16日、全国放送の夜のニュース時間帯を狙って、出身校である国立フィリピン大学構内でポー上院議..   (2015-09-17)
         フィリピンはカトリック信者数が国民の80%を占める王国と言われているが、プロテスタントの各宗派も侮れなく、公称信者数200万人といわれる『イグレシア・二・ク..   (2015-09-01)
 任期1年を切ったアキノ大統領の掛け声『汚職なければ貧困なし』についての実態が、民間調査機関によって公表された。 この調査は2014年11月から2015年5月にかけてフィリピンの民..   (2015-08-30)
 選挙の年はGDP(国内総生産)値が選挙運動に投入される資金によって大幅に上がるフィリピンだが、2016年5月の正副大統領選挙を巡って動きが活発になって来た。【写真は大統領府..   (2015-08-04)
 ここ数代のフィリピン大統領は、次に選ばれた大統領によって在任中の汚職のため刑事罰を受ける『報復』を繰り返えされているが、アキノ現大統領に関しては、フィリピン大統領には..   (2015-07-16)
 2016年5月に行われる正副大統領選の行方にフィリピン政界の関心が移っている中、民間調査機関がアキノ大統領政権への満足度調査(成人1200人対象)の最新結果を公表した。 それによ..   (2015-07-08)
 今でこそフィリピンはカトリックが多数派となっているが、カトリック伝播以前はイスラムの布教が盛んで、南部ミンダナオ島からルソン島マニラまでその範囲は広がっていた。 その..   (2015-07-03)
 日本ではあまり報道されていないが、フィリピンと日本の間で軍事同盟締結の動きが顕著になっている。 フィリピンはかつてアジア最大のアメリカの海軍と空軍の基地が存在し、これ..   (2015-06-29)
 選挙というより『人気投票』に近い次期大統領選(2016年5月)の最新世論調査によると、野党陣営から出馬するビナイ副大統領(元マカティ市長)の支持率が激減。 それに代わって上..   (2015-06-25)
 フィリピンは世論調査の好きな国で、目下の関心ごとは2016年5月に行われる正副大統領選を含めた『統一選挙』。 統一と名付けられているように、上下院議員、地方自治体首長、自治..   (2015-03-25)
 どこの国でも最初は華々しく登場しても、政権末期に近づくと『レーム・ダック』といって、不安定な状態に陥り易い。 アメリカのオバマ大統領も既に期待した効果がないと『レーム..   (2015-03-18)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2765
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2686
《患者》 デング熱大流行..+ 2433
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2326
【停滞】 現政権下で最低..+ 1972
《平均》 セブのホテル稼..+ 1954
【強盗】 東横インのある..+ 1239
《観光》 セブ市に大規模..+ 1049
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 1007
【摘発】 コールセンター..+ 975
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 807
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 766
セブで食べる 『おにぎり..+ 720
《採決》 国連の人権理事..+ 711
《疾患》 重症筋無力症を..+ 691
《計画》 セブの経済特区..+ 677
セブで食べる寿司の味+ 676
《拡大》 マリオットが ..+ 642
セブの街中で実るコーヒー+ 607
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 593
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 490
22《選挙》 副大統領選の開..+ 487
23フィリピンで流行る3輪自動..+ 445
24セブのホームセンター+ 373
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 370
26《調査》 ビジネス環境躍..+ 353
27セブで見つけた旧い車+ 304
28セブに送られた詐欺メール..+ 289
29セブの巨大青物市場 カル..+ 280
30パラワン島紀行 2018年 そ..+ 265
31パラワン島紀行 2018年 そ..+ 260
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 233
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:804,015 今日:93 昨日:131
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.