フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【国会】 成立するか『世襲制限法案』 下院委員会は通過 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【国会】 成立するか『世襲制限法案』 下院委員会は通過

 フィリピンの国会議員や自治体首長など公選の公職に就いている者で、世襲でない人物を探すのは困難で、これは世界的な傾向でもあり、日本も国会議員はその毒に汚染されて選良としての質の低下がはなはだしい。

 フィリピンの場合、アキノ(母)政権の時に制定(1987年)した現憲法内に『国は公職に就く機会均等を保証し、別に定める法律で(議員職などの)政治的世襲を禁じる』と明記されているのだが、『別に定める』という文言が曲者で、自らの首を絞めるようなことは決してしない国会議員によって、法案は一度も制定されず、今日に至っている。

 しかし、201311月、下院の関係委員会で『世襲制限法案』が可決される画期的な出来事があった。この後に下院本会議、上院と越えなければならない山はいくつもあり、法案成立を目指す一部議員からこの法案を優先議題にして、審議する要求がアキノ大統領【写真】に出された。

 同法案の骨子は規制対象として『2親等以内の親類2人以上が同時期、あるいは一部重複した期間などに公職に就いたり、立候補を禁ずる』内容となっていて、これでは議員の成り手が消えてしまうと、世襲によって特権を維持していた議員は大反対で、早くも法案は流産ではないかと審議前に見通されている。

 この世襲の蔓延は汚職の源と誰でも分かっていて、例えば1986年のエドサ政変の時にハワイに逃げた過去などすっかり忘れている、マルコス元大統領の妻イメルダは現下院議員、その娘は州知事、息子は24人しかいない上院議員と、領主気分で地元で強固に根を張っている。

 一方この法案を優先にするように求められているアキノ現大統領にしても、期間は空いているというものの世襲、その従弟や親類には上下院議員が居て、何かと話題を提供する芸能人の妹が次期上院選挙に出るのではとささやかれている始末。

 このような世襲問題だけでなく、フィリピンでは連続3回、計9年以上は下院議員、自治体首長、自治体議員を続けられない立候補制限の規定を持つが、9年続けても3年間を一度休めば3年後に立候補できるザル法。

 空けた3年間を妻や娘といった身内に取り敢えずやらせて、中には手下にやらせる者もいて、3年後に復帰する手法が蔓延。

 これで面白い例としては、セブ市長の座を巡って昨年はその手を使っていた老獪な人物が、身代りに一期やらせた候補者に負けるという寝首をかかれる珍しいこともあったが、これは例外な方。

 他にもミンダナオ島最大都市ダバオ市では、娘に1期やらせて、市長だった本人は副市長に居直り、昨年の選挙でまた市長に復活、こういった手で何十年も政治を私する輩は枚挙にいとまがない。

 こういった手法を使う候補者に対して票を入れる選挙民も愚かと批判するのは外部の眼だけで、選挙区の住民にとってはおこぼれにあずかれる盤石の政治体制であり、理想よりも現実が勝っている。

 このようにして世襲を幹にして一部の人間が長期に渡って政治を独占、風通しが悪くなって汚職を根絶できないのがフィリピン政治の問題と、長く指摘されているが、今回の法案にしても『いつものポーズ』だけとの冷めた声も強い。


Updated: 2014/01/30 (木) 07:53

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 10月16日に締め切られた正副大統領立候補受け付け中、異色なのはサンチャゴ上院議員【写真】で、サンチャゴは1992年に行われた大統領選に出馬した過去がある。 この時の得票数はア..   (2015-10-22)
 10月12日から次期選挙の立候補受け付けが開始される中、大統領選に出馬表明をしているビナイ副大統領【写真】の息子でマカティ市長(現在停職中)『ジョジョマル』に対して、公務..   (2015-10-10)
 正副大統領選の立候補受付けまで半月少々になった現在、民間調査機関による大統領候補者支持率調査が次々と発表されているが、ここにきて有力3候補の支持率の傾向が明らかになっ..   (2015-09-29)
 民間調査機関の最新の世論調査によると、次期大統領にふさわしい人物として以前から低迷していたアキノ現大統領の後継候補、ロハスの支持率が急伸している結果が出た。 この調査..   (2015-09-24)
 世論調査がポー【写真】の野心に火を付けたといっても良い今回の出馬表明だが、9月16日、全国放送の夜のニュース時間帯を狙って、出身校である国立フィリピン大学構内でポー上院議..   (2015-09-17)
         フィリピンはカトリック信者数が国民の80%を占める王国と言われているが、プロテスタントの各宗派も侮れなく、公称信者数200万人といわれる『イグレシア・二・ク..   (2015-09-01)
 任期1年を切ったアキノ大統領の掛け声『汚職なければ貧困なし』についての実態が、民間調査機関によって公表された。 この調査は2014年11月から2015年5月にかけてフィリピンの民..   (2015-08-30)
 選挙の年はGDP(国内総生産)値が選挙運動に投入される資金によって大幅に上がるフィリピンだが、2016年5月の正副大統領選挙を巡って動きが活発になって来た。【写真は大統領府..   (2015-08-04)
 ここ数代のフィリピン大統領は、次に選ばれた大統領によって在任中の汚職のため刑事罰を受ける『報復』を繰り返えされているが、アキノ現大統領に関しては、フィリピン大統領には..   (2015-07-16)
 2016年5月に行われる正副大統領選の行方にフィリピン政界の関心が移っている中、民間調査機関がアキノ大統領政権への満足度調査(成人1200人対象)の最新結果を公表した。 それによ..   (2015-07-08)
 今でこそフィリピンはカトリックが多数派となっているが、カトリック伝播以前はイスラムの布教が盛んで、南部ミンダナオ島からルソン島マニラまでその範囲は広がっていた。 その..   (2015-07-03)
 日本ではあまり報道されていないが、フィリピンと日本の間で軍事同盟締結の動きが顕著になっている。 フィリピンはかつてアジア最大のアメリカの海軍と空軍の基地が存在し、これ..   (2015-06-29)
 選挙というより『人気投票』に近い次期大統領選(2016年5月)の最新世論調査によると、野党陣営から出馬するビナイ副大統領(元マカティ市長)の支持率が激減。 それに代わって上..   (2015-06-25)
 フィリピンは世論調査の好きな国で、目下の関心ごとは2016年5月に行われる正副大統領選を含めた『統一選挙』。 統一と名付けられているように、上下院議員、地方自治体首長、自治..   (2015-03-25)
 どこの国でも最初は華々しく登場しても、政権末期に近づくと『レーム・ダック』といって、不安定な状態に陥り易い。 アメリカのオバマ大統領も既に期待した効果がないと『レーム..   (2015-03-18)
 1月25日、ミンダナオ島マギンダナオ州ママサパノ町で、フィリピン警察特殊部隊(SAF)隊員44人が戦死した事件を巡って事実解明が進んでいる。 この事件は2016年6月までに新自治政府..   (2015-02-25)
1,,,11121314151617181920,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:836,554 今日:96 昨日:141
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.