フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【支援】 台風『ヨランダ』被災支援金 目標の3分の1しか集まらず - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【支援】 台風『ヨランダ』被災支援金 目標の3分の1しか集まらず

 11月に中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』は今年の10大国際ニュース(読売新聞)の中でトップに選ばれるほどの、フィリピンにとっても史上最大の自然災害犠牲者、死者・行方不明者約8000人を数えた。

 被災地では復旧、復興作業が徐々に進み、国連の支援計画では79100万ドルが必要とされているが、国連加盟国の支援額は33%の25800万ドルに留まっている。

 この状況に対して、レイテ州タクロバン市を訪れた国連事務総長は加盟各国に対して今回の台風被災者への『さらなる支援、拠出』を呼びかけた。

 22
日までの支援金の各国別内訳は、1位イギリスで全体の23%に当たる6160万ドル。2位日本2530万ドル、3位アメリカ2400万ドル、4位オーストラリア2130万ドルと続いている。

 一方、フィリピン政府は2014年度政府予算が成立し、汚職の温床とされた国会上下議員向けの『優先開発補助金』を廃止するなどして、被災地復興費として1178億ペソ(約2710億円)を計上したが、充分とは言えない金額に終わった。

 今回、高潮などによって市街地が壊滅的な被害を受けたタクロバン市など都市部の海べりは従来から問題になっている『アーバン・プアー=不法占拠民』が多くを占める所でもあり、フィリピンが昔から抱える『貧困問題』と密接に関係していて、国連の机上プランによる地域の復旧、復興を単純に推進できる状態ではなく、資金、方向性など問題が山積しているのも事実。

 こういった中、政府は復興担当のトップに元警察庁長官で前上院議員のラクソンを任命。

 ラクソンは『復興資金や物資に群がりうまい汁を吸う輩を取り締まる』と、政治屋や有力者に早速釘を刺したが、これはフィリピンの汚職体質を暴露した物で、同時に商店などからの被災者の反省なき何でもありの略奪行為なども含めて世界は支援をすると同時に今後を注視する必要があるようだ。




Updated: 2013/12/23 (月) 18:01

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 戦後68年経って、侵略戦争をした日本と、韓国、中国など侵略された側の国との歴史認識の違いは大きく、特に今の安倍政権になってからの摩擦は激しい。こういった問題は事実を直視..   (2014-02-17)
 こういった会議も時には必要だが、金と時間をかけてマニラなどに集まる必要などあるのかという会議が、マニラ首都圏のホテルにて2日間に渡って開催されている。 集まったのは日..   (2014-02-13)
 上下院議員に毎年支給される巨額の『優先開発補助金』を巡って、架空のNGOを舞台にして補助金100億ペソ(約230億円)が、議員などにキックバックされた大型汚職事件に新しい局面が生..   (2014-02-09)
 フィリピンは裁判好きな国民性があって、政府の施策に対しても頻繁に訴訟が起こされ、最近では上下院議員に巨額な資金を供与し、選挙区で好きなように使える汚職の温床とされてい..   (2014-02-05)
 フィリピンの国会議員や自治体首長など公選の公職に就いている者で、世襲でない人物を探すのは困難で、これは世界的な傾向でもあり、日本も国会議員はその毒に汚染されて選良とし..   (2014-01-30)
 1月22日よりマレイシアのクアラルンプールで開かれていた、反政府武装勢力『モロ・イスラム解放戦線=MILF』とフィリピン政府との第43回和平準備会合で、25日、懸案となっていた『付..   (2014-01-27)
 フィリピン南部にあるミンダナオ島は、スペインが16世紀にフィリピンにキリスト教を伝播する以前からイスラム教が浸透していて、現在もフィリピン全土ではカトリックが80%強を占..   (2014-01-24)
 フィリピンの関税局は、国税局と入国管理局を加えて『汚職の3巣窟』と称される部局だが『汚職一掃』をスローガンにするアキノ政権にとって、この3局に巣食う汚職役人の駆除をアキ..   (2014-01-20)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地の停電復旧は大幅に遅れている。 この停電全面復旧には担当するエネルギー庁長官が..   (2014-01-13)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地では歩みは遅いものの復興事業が展開されている。こうした中、被災者用共同住宅建設..   (2014-01-09)
 11月に中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』は今年の10大国際ニュース(読売新聞)の中でトップに選ばれるほどの、フィリピンにとっても史上最大の自..   (2013-12-23)
 アラビア半島【写真】内陸部の大半を占め、世界最大の原油埋蔵量を誇る王族独裁国のサウジアラビアで違法滞在者の取り締まりが再開、強化される。 サウジアラビアにはメイドや建..   (2013-11-05)
テレビのアナログ放送方式は世界中でデジタル方式に切り替え進行中で、この巨大な利権を巡ってデジタル方式を開発している国が普及に向けてシノギを削っている。 現在、この地上デ..   (2013-11-03)
フィリピンの地方行政組織の中で一番下に位置される、バランガイの議長と議員を選ぶ投票が10月28日(月)、全国一斉に行われ即日開票されて、国内計42028バランガイのそれぞれの議長と..   (2013-10-29)
 10月15日にあった『ボホール・セブ地震』の現地視察を16日に済ませたアキノ大統領は翌17日、チャーター機でフィリピンの大統領としては初めての韓国を公式訪問した。 また、これは..   (2013-10-22)
 今年の5月に3年ごとの上下院議員、地方自治体首長、自治体議員の選挙が行われたフィリピンで、バランガイ選挙が行われる。 バランガイとはフィリピンの地方行政組織の中で一番下..   (2013-10-11)
1,,,11121314151617181920,,,31
ニュース コラム ライフ
【措置】 新型コロナウイ..+ 5690
【博奕】 感染爆発に打つ..+ 4390
【無策】 コロナ感染者数12..+ 4197
【最悪】 4月~6月のGDP経済..+ 3706
【実態】 労働者の半数近..+ 3458
【虐殺】 警察による犯行..+ 2622
【受注】 マニラ首都圏最..+ 2527
【翻弄】 コロナ感染者数..+ 2332
【悲哀】 LGBT殺害の米兵受..+ 2084
【不毛】 フィリピンと韓..+ 1982
感染者11万人を超したフィリ..+ 1154
セブの映画館は死んでしま..+ 1123
フィリピンで戦死した叔父..+ 1119
セブで戦後75年目に読む戦記..+ 962
セブで思う75年目の8月15日+ 804
【継続】 9月末でコロナ感..+ 714
セブで思う安倍首相の病気..+ 586
【世論】 大統領の支持率..+ 551
【雇用】 コロナ禍で 9月..+ 444
セブで思う猿芝居より劣る..+ 443
219月になってもフィリピンの..+ 430
22【一番】 セブ島とヴィサ..+ 347
23【醜悪】 下院議長の椅子..+ 197
24フィリピンのコロナによる..+ 153
2510月5日から再開したフィリ..+ 139
26セブで思うアメリカ大統領..+ 88
27セブで考える醜悪な東京オ..+ 68
28【二番】 インドネシアの..+ 13
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:849,169 今日:58 昨日:113
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.