フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
電力発電供給予算1億ペソ引き上げ策定 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  電力発電供給予算1億ペソ引き上げ策定
 アルメンドラス・エネルギー長官は13日、ルソン島の発電の送電網電力供給量不足は2011年の乾季にあたる3〜5月に再発するという見解を示した。

この日首都圏のマカティ市で開催された比外国人特派員協会(FOCAP)主催の記者会見に出席したアルメンドラス長官は、来年のルソン地域の最大ピーク需要を7900メガワット(MW)と推定。今年8月に需要量がルソン島の供給可能電力7、600MWを上回ったため停電が続いた。そのため来年乾季ピーク需要が7,900MWに達すると、また300MWの供給が不足すると指摘した。

この対策について、同大臣は「電力需要増加での発電所のシステム停止を防ぐために、既に各開発会社に乾季の前に、発電所のチェックや修復を必要とするように指示している」と述べた。今年はエルニーニョ現象ため貯水量の著しい低下が起こり、複数の水力発電所で運転停止になったうえに、燃料不足及び点検、故障による火力発電所などの運転停止が相次いだ。

また、ヴィサヤ地方のセブ島など、2つの島は新しい火力発電所の稼働によって来年2~3月、ヴィサヤ発電送電網に200MWの余剰電力が発生すると説明。ヴィサヤ地域の発電送電網を相互接続し、ヴィサヤ地方からルソン地域に150~200MW の供給が可能だとした。

一方、総発電容量の5%以上を水力発電に依存しているミンダナオ地域は、「今後気候変動やエルニーニョ現象の深刻化が予想され、現状を放置すると慢性的な電力不足になるのは避けられない」と指摘した。少なくとも今後水力発電以外の発電量500MWを確保する必要があると述べた。このうち400MWに相当する火力発電所がすでに建設中で、2013年に始動する見込みだ。

アルメンドラス大臣は、発電所の建設に時間のかかる関係で「現在の電力不足に関する対策は3~4年前に開始するべきだった」とし、前政権の無責任さを非難した。「国内のすべての電力問題を解決するには、少なくとも10〜15年かかるかもしれない」と付け加えた。

 


Updated: 2010/12/24 (金) 14:36

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 昨年行われた大統領選でアキノと組んで副大統領選に出馬、泡沫候補並みだったビナイに僅差で敗れたマニュエル・ロハス前上院議員が、アキノ大統領より通信運輸長官の指名を受けた..   (2011-06-08)
 1989年9月28日72歳で逃亡先のハワイにて死去、その後郷里の北イロコス州に遺体が保存されている第10代大統領マルコスの埋葬を巡って副大統領より提言があった。 この提言はアキノ大..   (2011-06-06)
 フィリピンは原則的に離婚は法律で禁じられている。 原則的とわざわざ書いたのは外国人と結婚したフィリンピン人はアキノ(母)政権の時から可能になり、また例外として『婚姻契..   (2011-06-03)
 香港国際空港にて麻薬所持で逮捕され、裁判で1年6ヶ月の実刑判決を受け下院議員を辞職したロナルド・シンソン(ルソン島南イロコス州第1区)の後の補欠選挙が行われ、ロナルドの弟..   (2011-06-01)
 マニラ国際空港には3つのターミナルビルがあるが、最新の第3ターミナルを巡って、外資系の事業会社とフィリピ政府の間で裁判が続いていて、このほど地裁で政府に対して1億7,500万ド..   (2011-05-25)
このお粗末な国会議員は、いずれも政権党の民主党所属で、党副代表の石井一参院議員、参院議員の那谷屋正義、衆院議員の生方幸夫の3人。 石井は『東日本大震災対策本部』の副本部..   (2011-05-21)
 フィリピンの貧困が解決されないのは爆発する『人口増』に経済成長が追い付かないためと昔から指摘されていて、『人口問題無策の国』は25年間で人口が倍増する予測理論通りにフィ..   (2011-05-18)
 労働側から大幅な最低賃金引き上げを求められているアキノ政権だが、首都圏の最低賃金を扱う『地域賃金・生産性委員会=RTWPB』は一日当たり22ペソ(約45円)の支給をする方針を固め..   (2011-05-13)
 3月上旬、民間調査機関のSWSが成人1,200人を対象に『アキノ政権の業績評価』調査を行い、このほどその結果が公表された。 これによると『満足』は65%、『不満足』18%となり『純満..   (2011-05-09)
相次ぐ物価の値上がりで労働者の懐が厳しくなっている現在、5月1日のメーディー集会には左派系労組を中心に4,000人近くの参加者を集めた。 今年のスローガンは『全国一律125ペソ』の..   (2011-05-03)
 日刊邦字紙『まにら新聞』の速報によると、5月9日から弾劾裁判にかけられる予定だった行政監察院のグチェレス院長(写真は辞任を発表するグチェレス院長)が29日午前、アキノ大..   (2011-04-29)
前アロヨ政権では軍や警察で定年退官した高級官僚を、政府内の重要ポストに任命することが多く、特に駐在大使への任命が甚だしかった。 これに対して外務省内では『素人外交官に何..   (2011-04-25)
 こういった世論調査をすること事態、フィリピンは民主主義でない実態を暴露するようなものだが、民間調査機関が成人1,200人を対象に『フィリピンは民主主義が機能しているか?』の..   (2011-04-23)
 3月初旬に行われた民間世論調査によって、アキノ政権への失望感が深まっていることが分かった。 調査はSWSが成人1,200人を対象に行ったが、前回調査(2010年11月実施)より国内経済の..   (2011-04-19)
 今年になってアキノ政権の国軍上層部汚職追及は激しく、1月末の上院委員会で元参謀総長らの裏金問題を暴露したラプサ元中佐が、4月14日、汚職に関わった上層部元将官達を司法省検..   (2011-04-16)
国内の自動車用オイル価格が高騰していて、エネルギー庁の統計では年初よりℓ当たりガソリン=9.6ペソ、ディゼール=9.85ペソの値上がりとなり、都合今年になって20%以上、12回も価格..   (2011-04-13)
1,,,11121314151617181920,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:846,566 今日:22 昨日:79
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.