フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《定年》 新最高裁長官決まるが 任期は10月8日まで - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《定年》 新最高裁長官決まるが 任期は10月8日まで

 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。

 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の長官が決まった。

 新長官は『テレシタ・デ・カストロ』判事【写真】で、前長官に続いて女性の長官が任命された。

 新長官は今年の108日に70歳の誕生日を迎えるために、任期は2ヶ月に満たず、ドゥテルテ政権に批判的な前長官の解任に協力したための、ドゥテルテ政権による論功賞ではないかと取り沙汰されている。

 前長官解任劇では解職賛成8票、反対6票と票差は際どかったが、新長官は賛成側に回った。

 フィリピンの最高裁判事は時の大統領が任命する方法を取っていて、自分の政策に都合の良い判事を選ぶのはアメリカと同じで、現在の最高裁判事の構成は定年間際判事が多く、2022年までのドゥテルテ任期中に全て退官する。

 そのため、ドゥテルテに都合の良い判事ばかりで占められるようになり、その偏向性が指摘され、実際、欠員であった判事は既にドゥテルテによって任命されている。

 新長官の初仕事は国際刑事裁判所(ICC、本部はオランダのハーグ)から脱退した、ドゥテルテの措置は議会の承認を受けていないために憲法違反であるとする訴えで、この提訴は反ドゥテル派の上院議員6人が名を連ねている。

 訴状によると『条約や協定からの脱退は議会の3分の2以上の合意が必要と、憲法に規定されているため、大統領の独断、恣意的な決定は憲法違反』となっている。

 ICC
からの脱退はICCがドゥテルテの『薬物容疑者抹殺』政策が、人道に対する犯罪として告発され、ICC20182月に予備捜査を始めたところ、自身の汚点が明るみになるのを恐れて、同年3月にドゥテルテはICCから脱退を決めた。

 ただし、ICCの規定では脱退は『脱退通知を受けてから1年後に有効』となっていて、規定上はフィリピンは加盟していることになる。

 これに対してドゥテルテは『加盟批准の際に新聞などに公知していないため無効』と強弁し、『大統領は自国の主権が侵害されていると判断した場合は決定できる専権事項で問題ない』としている。

 特に後の理屈付けは、中国による南シナ海問題にへりくだるドゥテルテの対応とは真逆で、大統領権限を都合よく使い分けていると批判されている。

 新長官は決まったが、ICC脱退問題ではドゥテルテに不都合な判断は出さないであろうと見られ、司法の自壊は進行している。


Updated: 2018/08/29 (水) 11:39

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフ..   (2018-08-19)
 戒厳令を発令中のミンダナオ島全域と近隣島嶼部では先の見えない状況が続いているが、ミンダナオ島西部に浮かぶ島、バシラン州の検問所で爆発事件があり死者11人、負傷者5人を数え..   (2018-08-09)
 フィリピン南部ミンダナオ島の『内戦』は、従来イスラム教徒が多数を占める同地への中央政府の政策によるキリスト教徒の移住、開拓、それに対するイスラム教徒側の反撃、及びミン..   (2018-07-27)
民間調査会社SWSが7月に公表したドゥテルテ大統領に関する支持率調査では、就任以来最低の支持率であったことが明らかになったが、同調査会社と競う『パルス・エイシア(PAR)』社が7..   (2018-07-15)
 民間調査会社SWSが6月27日から30日にかけて、ドゥテルテ大統領【写真】に関する支持率調査が、全国の成人1200人を対象にして実施され、7月10日、その内容が公表された。 それによると..   (2018-07-12)
 日本や中国などからのODAで国内大型インフラを政府主導で進めて、景気浮揚を図るドゥテルテ政権は3年目に入っているが、外国からの投資減、ペソ安、株価下落が続き、6%台の高い経..   (2018-06-29)
   ENDO(end-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇し、再雇用を繰り返す悪しき労働形態がフィリピンにはあり、ドゥテルテ大統領はENDOを大統領令で撤廃するよ..   (2018-05-30)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【待遇】 アメリカを目指す ..
フィリピンの結婚適齢期と婚外..
【競争】 日本企業の好感度 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【報道】 一族の資産疑惑追及..
セブで激増するオートバイ
【発掘】 フィリピン北部で ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【鈍化】 2019年の成長率 世..
セブで聞く新元号
《成果》 2018年の犯罪件数は..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《弾圧》 セブ島隣の島で 軍..
セブで過ごす読書好日
《観光》 セブ・マクタン島に..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《選挙》 事前運動花盛りの中..
セブで食べるシー・フード
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
21《発車》 泥縄の日本への特定..
22セブ・マクタン島で起きた凄惨..
23《断水》 マニラ首都圏の水不..
24パラワン島/エル・ニド紀行 ..
25《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
26フィリピン選挙ラプソディー201..
27《統計》 人口爆発止まらず ..
28パラワン島/エル・ニド紀行 ..
29《富豪》 フィリピンから17人..
305月13日の選挙とマルコス一族
31《予測》 2019年経済成長率 ..
32パラワン島/エル・ニド紀行 ..
33《責任》 ワクチン接種を巡っ..
34ミンダナオ島の不安定要素
35《起工》 フィリピン最初の地..
36《頭打》 売れ行き不振続く ..
37セブから直行便で行く台湾
38【前進】 イスラム自治政府設..
39フィリピン現代史『エドサ政変..
40《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
41《強行》 農民切り捨てにつな..
42【解禁】 資金力と知名度で決..
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【解禁】 資金力と知名度..+ 3359
《起工》 フィリピン最初..+ 3137
《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 2872
《富豪》 フィリピンから17..+ 2823
《強行》 農民切り捨てに..+ 2821
《頭打》 売れ行き不振続..+ 2699
《責任》 ワクチン接種を..+ 2627
【前進】 イスラム自治政..+ 2625
《断水》 マニラ首都圏の..+ 2538
《統計》 人口爆発止まら..+ 2511
《予測》 2019年経済成長率..+ 2427
《発車》 泥縄の日本への..+ 2337
《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 2323
《弾圧》 セブ島隣の島で..+ 1984
《成果》 2018年の犯罪件数..+ 1767
《観光》 セブ・マクタン..+ 1756
《選挙》 事前運動花盛り..+ 1415
セブ・マクタン島で起きた..+ 1327
5月13日の選挙とマルコス一..+ 1298
【発掘】 フィリピン北部..+ 1273
21パラワン島/エル・ニド紀..+ 1080
22フィリピン選挙ラプソディ..+ 1065
23【報道】 一族の資産疑惑..+ 1032
24パラワン島/エル・ニド紀..+ 947
25セブでヴァレンタイン+ 925
26パラワン島/エル・ニド紀..+ 919
27フィリピンの喫煙と禁煙+ 908
28セブから直行便で行く台湾+ 857
29セブで食べるシー・フード+ 845
30パラワン島/エル・ニド紀..+ 840
31ミンダナオ島の不安定要素+ 825
32【鈍化】 2019年の成長率 ..+ 813
33フィリピン現代史『エドサ..+ 806
34【競争】 日本企業の好感..+ 780
35パラワン島/エル・ニド紀..+ 748
36セブで過ごす読書好日+ 730
37パラワン島/エル・ニド紀..+ 714
38セブで激増するオートバイ+ 641
39セブで聞く新元号+ 562
40パラワン島/エル・ニド紀..+ 549
41【待遇】 アメリカを目指..+ 514
42フィリピンの結婚適齢期と..+ 475
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:775,761 今日:29 昨日:249
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.