フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【色気】 独裁者マルコスの娘 2019年上院選に立候補か - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【色気】 独裁者マルコスの娘 2019年上院選に立候補か

 19862月の『エドサ政変』でフィリピンを追い出されたマルコス元大統領一族の娘『アイミ―・マルコス』が2019年に行われる上院議員選に立候補する考えを示している。



 アイミ―はマルコスの長女で現在62歳、マルコス一族の地元、ルソン島最北西端の北イロコス州知事を2010年に当選、以来3期連続当選。

 公職の連続4期は禁止されているために2019年選挙には、以前と同じ手口で州選出の下院議員に横滑りすることが考えられていた。

 しかし、88歳になる母親のイメルダが同地盤で現在2期目を占め、3期目を目指していると見られ、その代わりに24人定員で、3年ごとに半数が改選される上院議員選に出馬する方向を示唆している。

 現在、アイミ―の弟『ボンボン・マルコス』は2016年に行われた副大統領選に立候補し、アキノ与党が推した『レニ・ロブレド』に破れ、次点となったが、この結果を認めず票の再点検を求めて法廷闘争中。

 副大統領選の開票では、マルコスの地元ではボンボンが数十万票を集め、ロブレドは数千票という桁違いの票差であったために、当選確実と思っていた陣営は、全国の開票が進むに連れて逆転されたことを受け入れなかった。

 ロブレドが僅差で勝利したこの結果に『不正』があったとマルコス陣営は莫大な国から掠め取った資金を注ぎ込んで追及しているが、盛り上がっているのは一族と取り巻き陣営だけで、国民は『1986年大統領選で不正選挙をやったのはお前たちの父親ではないか』と白けている。

 ボンボンは当時上院議員であったが、再選を目指さず、副大統領の道を選んだが、落選。

 そのため、次回上院選には再立候補すると見られていたが、アイミ―の出馬示唆で状況は変わりそうだが、24人しかいない上院議員の中には兄弟、姉妹で上院議員になっているのもあり、同家族で公職を占めることはフィリピンでは普通のことである。

 ただし、上院の場合、全国選挙のため、3年毎の選挙にそれぞれ身内が立候補する棲み分けをしていて、票割れを防せぎ、同名家族が同時に立候補し、同時当選というのは難しいのではとも見られている。

 しかし、フィリピンの投票様式は1議席1名を選出するのではなく、12議席全員を選べるおかしな方法を取っていて、同名家族がダブルでも知名度によっては、人気投票と変わらない現状からは同時当選可能と見る向きもある。

 マルコス一族の応援団に、2016年大統領選で当選したドゥテルテは選挙資金をマルコス家から出ているともいわれ、マルコス独裁時代に検事に任官した経歴もあってマルコスに恩義があり『副大統領はボンボンが良かった』と公言している。

 また、歴代政権が認めなかった英雄墓地へのマルコスの遺体埋葬を当選してすぐに認めた経緯もあり、独裁者マルコス一族は完全に復活したと識者は指摘している。

 【写真はマルコス一族の牙城 州都ラオアグにある北イロコス州庁舎】


Updated: 2018/03/09 (金) 09:54

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本でも安倍総理、麻生副総理と総理大臣を祖父に持つ世襲政治家の弊害が指摘されているが、このフィリピンは政治を家業とする政治屋一族が国政や地方自治体に巣食っている実態が..   (2018-03-15)
 1986年2月の『エドサ政変』でフィリピンを追い出されたマルコス元大統領一族の娘『アイミ―・マルコス』が2019年に行われる上院議員選に立候補する考えを示している。 アイミ―はマ..   (2018-03-09)
 その国の汚職度、腐敗を数値化して毎年発表している国際NGO『Transparency International』が2017年度の結果を公表した。【赤い色に近づく国ほど汚職度が高い】 それによると、180の対象国及..   (2018-02-28)
 アメリカの中央情報局(CIA)など、国内16の情報、諜報機関で構成される連合体『US Intelligence Community=IC』は2月12日、同連合体を統括する国家情報長官が報告書『世界脅威評価』を公表..   (2018-02-22)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
 当初は泡沫候補扱いながら、フィリピンに蔓延する『違法薬物撲滅』一本を選挙公約にして2016年大統領選に当選したドゥテルテ現大統領だが、具体的に実行できたのは警官などによる..   (2017-11-03)
 5月23日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピ..   (2017-10-18)
 国民から高い信頼度を誇っていたドゥテルテ大統領【写真】の信頼度が下がっていることが、民間調査機関SWSの調査によって明らかになった。 同機関は9月23日から27日までに1500人の成..   (2017-10-11)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,951 今日:6 昨日:193
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.